ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.172001年10月3日発行

人為災害「テロ」はいけません。
戦争はもっといけません。

事務局長 牧口一二

いやぁ〜、もうびっくりです。自然災害ではなく最大級の人為災害が起こってしまいました。一瞬<ナンダ、こりゃ?>と、わが目を疑いました。世界貿易センタービルに二機目が激突し、黒煙が立ち上ぼる前方のビル影から火炎が吹き出たときのことです。日本では午後10時のニュースが始まった直後で、きっと大勢の方々がこの映像に驚かされたことでしょう。それから次々と驚くことが現われて…

阪神・淡路大震災に匹敵する犠牲者が出るだろうと推測されています。まずは、とつぜん何が何だか分からないまま命を奪われた大勢の市民の、ご冥福をお祈りするしかありません。

二番目に驚いたのは、まさかあの超高層ビルが粉々に崩れ落ちるとは?きっと一階か二階に時限爆弾が仕掛けられた!<なんと計画的な>、当初はそう思ってゾォ〜としました。そうじゃなく、鉄柱が高熱に耐え切れなかったようだ、地盤が周りのビルも巻き込んだらしい、との記事や解説で、こちらだとしても現代文明の象徴が…またまたゾォ〜。ADA(アメリカ障害者差別禁止法)をもつ国のこと、あの二本のビルや巻きぞえで崩壊したビルでは多くの障害者も働いていたはず。エレベーターが止まったあと、どんな方法で逃げ出せたでしょうか。一週間ほど経って、盲導犬を伴った女性が奇跡的に助け出された、との報に接しました。まさかビル全体が崩れるとは思いもせず逃げ遅れた人々が大勢いたでしょうし、救援や消火に駆けつけた人々も犠牲になったと思うと胸がつまります。

三つ目の驚きは、ブッシュ大統領が「強いアメリカ」を強調し、直ちに「報復」を声明したこと。それに大勢のアメリカ人が同調していること(上院下院も決議)。報復が報復を呼ぶ泥沼の長期戦争、そんなことになれば双方の(世界中の)膨大な一般市民が犠牲になるのは明らかです。どうも「強者の理論」がまかり通っているように思えてなりません。きっとアメリカにも報復(戦争)反対の人たちが多くいるはずなのに、そのニュースはあまり聞こえてきません。アメリカンミュージカル『ウエストサイド・ストーリー』の「クール、クール」と踊るシーンが思い出されます。物語では結局、死者を出してしまいましたが。

それにも増して驚いたのは(四つ目)、小泉首相がいち早く(誰にも相談した気配もなく、国会で審議もせず)、「アメリカを支持し、できる限りの支援を惜しまない」と表明したこと。「テロを肯定する者はいないはず」と言いますが、それがどうして「報復(戦争)して当然」に直結するんでしょうか。まして平和憲法をもつ日本、その精神を世界にアピールするときです。現憲法では「なにもできない」のではなく、「だからこそできる」ことを多くの市民で模索すべきです。それが主権在民、民主主義というものです。ぼくにはいますぐに特効薬が思い浮かびませんが、まずは「絶対に戦争に向ってはならない」という気運が生まれることです。その方向で市民が悩みぬく空気がひろがれば、必ずや世界中の市民から叡智が寄せられます。時間を要するでしょうが戦争に走っても長期戦が予想されていますから、じっくり智恵を集めても遅くはないと思います。【ゆめ・風基金】は自然災害が対象。でも、かけがえのない「いのち」を災害から守る思いで、つい書いてしまいました。

インド西部地震の支援もこちらの希望に添うかたちで行うことができ、当初から懸案だった阪神・淡路大震災被災障害者支援事業もようやく方向が出たところです。次々ページの事業計画をお読みいただきますように。

いつものことながら、最後のページにあります「各地からの風だより」には励まされ続けています。10カ年計画の【ゆめ・風基金】もあと3年少し、そろそろ10年後のご意見(ゆめ)もお寄せください。

©ゆめ風基金