ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.162001年4月24日発行

小さな被害でも、
ご報告いただきますように

事務局長 牧口一二

こんにちは!予想外に寒い日が多かった冬がすぎ、大阪・造幣局のおそ咲きの「桜の通りぬけ」行事も終わったところですが、みなさまにはいかがお過ごしでしょうか?振込用紙に書いてくださっている「各地からの風だより」を拝読していて、そこに託された想いを感じて身の引き締まる思いです。

今号を手にされて<あれっ?>と思われたことでしょう。いままでは冒頭に「ただいまの基金」を大きく表示してきました。これは、どんどん伸びる支援金(支援者の広がり)を共によろこびたい思いと、【ゆめ・風基金】がガラス張りであることの表現でした。けれども、機会あるごとに【ゆめ・風基金】の呼びかけと経過報告をいろんなところでしていることから、ある情報誌の読者から借金のお申し出がありました。障害者ではなく災害とも関係なかったので、ていねいにお断りしましたが大きな金額の表示は配慮が必要と痛感しました。そこで今後は会計報告の欄に表示いたします。

さて、ことし1月19日にNPO法人としての登記をすませました。そして法人として初めての第1回理事会を2月9日に行い、「どのような災害に、どの程度の支援金を届けるのか」を明文化しておこうと話し合いました。そして次のような文章にしましたのでご報告させていただきます。

  • 災害で被災し、生活が困難になっている障害者個人や団体に救援金や復興支援金を贈ります。また、被災した障害者の救援活動や復興支援活動を行うNGO・NPOに活動支援金を贈ります。
  • 被災した障害者団体の活動が一日でも早く復興できるよう、無利子で資金を貸し付けます。ただ、貸し付けできる総額は預金残高(そのときの基金額)の10%以内にします(いざ、のときに基金が手元にないと本末転倒になるので)。
  • その他の上記に準ずる事例で、理事会が話し合われ「緊急に支援が必要」と判断された場合は、【ゆめ・風基金】本来の活動に支障が生じない範囲で救援金や復興支援金を贈ることがあります。また、資金の貸し付けも考慮します。

ここでいう「災害」とは、災害救助法が適用される自然災害はもちろんですが、法の適用外であっても事務局や各地に広がりつつある【ゆめ・風ネット】の判断、そして会員のみなさんが被災した障害者の状況をキャッチされて「これは支援すべき」と思われた災害を指します。ゆえに、自然災害によらない火災、人災による土砂崩れ、老朽化、風評被害なども考慮の対象にしたいと考えています。

とにかく緊急時には、ぜひともお近くの障害者がおかれた状況をお知らせいただきますように。それを受けて事務局では情報収集と調査を行い、理事会で話し合われ、支援が必要と判断された場合は、被害状況に応じて救援金や復興支援金、そして活動支援金が拠出されますので、どうぞご活用いただきますように。

つい最近では、広島と静岡で震度6前後の激しい地震が起こりました。広島・尾道のネットではすぐに障害者の安否確認が行われ、その日のうちに「いまのところ大丈夫」との連絡が事務局に入りました。静岡・菊川のネットにはあくる日、事務局から電話を入れると「いまのところ大した被害は出ていません」とのこと、「これから被害がわかった場合、どんな小さな被害でも一応は報告してください」とお願いしつつ、ひと安心したことでした。

鳥取の会員の方から、ことしの年賀状で、昨年の鳥取地震における障害者作業所の被害状況を教えていただきました。さっそく連絡を取り、お見舞いかたがた復興支援金を届けることができました。ご連絡ありがとうございました。

海外のインド西部には、神戸のNGO被災地恊動センターに調査をお願いしています。現在の情報では、確かに障害者に役立つと理事会で認められるところがあり、復興支援金を届ける準備をしています。

それでは次号でまたご報告いたします。

©ゆめ風基金