ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.152001年5月30日発行

NPOの法人格へ。
さらなる【ゆめ・風ネット】の
充実に向けて…

事務局長 牧口一二

連日の猛暑つづきだった夏が終わり、水不足の心配が出はじめて…と、突然の集中豪雨、名古屋市西区、西枇杷島町などに甚大な水害をもたらしました。【ゆめ・風基金】では、最も被害の大きな障害者作業所「友の家」に救援金をお届けしました(東海集中豪雨で障害者作業所に大きな被害をご覧ください)。【ゆめ・風基金】運動をはじめてから、災害に敏感になったようで、その土地の障害者は…と、小さなコラムにも情報を求めるようになりました。この5年間にも海外を含めると地震、水害、噴火と、さまざまな自然災害が起こっています。でも、そんな時こそふだんの自然の営みを見つめ直したいとも思います。

これまでの5年間は阪神大震災のあと、ただただ夢中で基金づくりをしてきたのですが、9千人ほどのご支援のおかげで基金が1億8千万円にもなると、金融機関の口座が個人名義というのに困惑していました。そこで9月15日に、全国に点在する【ゆめ・風ネット】のメンバーに集まってもらい、初めての総会を開きました。参加者からは「いざという時【ゆめ・風】があるから心強い」「もっと全国にネットを広げて災害の時にすぐ障害者の情報がキャッチできるようにしておこう」「有珠山の噴火でネットとしてはじめて動いて顔の見える関係ができた」「信頼関係を分かち合いたい」など貴重な意見が出されました。

現在、ネットは18団体ですが15団体から出席が得られ、それに事務局のメンバーが加わって、【ゆめ・風基金】のNPO法人化に向けて動き出したわけです。法人格を取得すると、定款によりさまざまな制約が伴います。会員とは?総会の成立に関する会員定数?最高議決機関は?予算は?などなど。【ゆめ・風基金】の「いざ!というとき、すぐに必要なお金をしっかり届ける」という趣旨になじまない点もあります。しかし、まずは「公金」であることを形の上で表明し、さまざまな制約もむしろ積極的にうけとめ、私的に流されないための戒めといたします。

この基金はもちろん「みんなのもの」で、あえて言わせていただくなら「全国の障害者のお金」です。でも、「公金」と言われるものの平等の原則とは、ひと味もふた味も違った使い方をしたいと思っています。この、【ゆめ・風基金】運動を呼びかけた当初の精神は、法人格を取得したあとも貫いていきます。

そのためには【ゆめ・風ネット】の充実が不可欠で、まず少なくても都道府県に1ヵ所、そして市町村と広げていきたいと思っています。「ほんとうに必要な障害者(団体)」の情報を一刻も早く知るために。どうか、地元の障害者のようすを把握されている団体は【ゆめ・風ネット・○○○】として名乗り出ていただきますように。日ごろは地元の障害者の社会進出運動で手いっぱいでしょうから余分な負担はおかけしません。いざ!大災害が起こったときに、その情報提供と人的資金的なコーディネートをお願いするだけです(そんな緊急時は、どのみち動かなければならないでしょうし、ネットのつながりが心強いはずでしょうから)。

本来の会員は基金を提供してくださっている方々です。しかし、会員が9千名にもなった現在、NPO法人の総会を成立させるのは不可能になりました。そんなわけで、【ゆめ・風基金】の法人は各ネットの代表者と事務局の数名が正会員として当たることにし、年に1回の総会を開くことにしました。そこで、本来の会員の方々を手続きの上で賛助会員とさせていただきますが、そのご意志をもっとも尊重したいと考えておりますので、どうか機会あるごとにご意見をお寄せいただきますようお願いいたします。とくに【ゆめ・風基金】は10ヵ年計画でスタートしましたので、あと4年半で一つの区切りを迎えます。その後、どのような形で災害時に備えていくべきなのか、ぜひご意見をお聞かせくださいますように。

10月13日、名古屋市役所で牧口事務局長より「友の家」メンバーに目録をお渡ししました。

「友の家」室内。冷蔵庫は泥水に浮いていた。たたみや床はめくりあがり使えるものは何もない。9/13撮影

©ゆめ風基金