ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.142000年9月18日発行

【ゆめ・風基金】運動が5周年を迎えます。
ネットも機能をはじめました。

事務局長 牧口一二

今も北海道の有珠山では不気味な噴煙が立ち上っています。避難されている地元のみなさんは落ち着かない日々を過ごされていることでしょう。大自然が相手とはいえ、避難生活が長引けば精神的な疲れはもとよりそれぞれの商いもできず、これからが大変なときをむかえると思えます。とくに有珠山の周辺、伊達市、壮瞥町、虻田町には多くの知的障害者たちがグループホームや施設で暮らしていると聞いています。一日でも早く有珠山が大過なく落ち着いてくれることを願わずにはおれません。

じつは噴火の兆しであった連続地震が起きた数日前、ぼくは、ほど近い町の知的障害者たちが暮らす「ニセコ生活の家」を尋ねていたのです。6家族が丸ごと移住し、昼は共同生活の場、夜はそれぞれの自宅へ、そんな暮らしをしていました。羊蹄山の麓で、さらさら雪と支笏湖と白樺林の美しいところです。そのすぐ後の地震と噴火だったので、自然の優雅さと厳しさ激しさを痛烈に感じてしまいました。

ネットでは、初めての支援活動が開始されました。【ゆめ・風ネット・さっぽろ】を担ってもらっている札幌の草の実会に現地調査をお願いし、メンバーの手塚さんが4月12・13日の二日間、現地に入って被災障害者の状況を調べて、17日ていねいな報告をしてくださいました。いつ噴火が収まるか分からない状況なので、とりあえず「お元気で、全国に応援の仲間がいます」を伝えたくて、手塚さんの報告をもとにお見舞金を届けたところです(詳しくは、あとのページにて)。

ネットといえば、【ゆめ・風ネット・しまね】では長いあいだの夢が叶い、永六輔さんに来ていただいての集会ができました。また福岡の柳川では、地元の外出支援グループとの共催で、筑紫哲也さんに来ていただいての催しができました。

まもなく、【ゆめ・風・10億円基金】運動を発足させてから丸5年になります。この間に、ほんとうに多くの方々からご支援をいただきました。その中には思いがけない人々や考えもしなかった企業や組織そして学校から絶大なお力添えがあり、人と人との絆の確かさと不思議さを実感させていただき、事務局を預かる私どもは生きる元気をいっぱいもらいました。おかげさまで会員は8500名を超え、基金総額は巻頭でご報告したとおりです。

5周年を記念して、6月18日には恒例になりつつある神戸の「武庫の郷」で障害者グループの出店と永六輔さん+マルセ太郎さんの講演を。そして7月9日には昨年末に訪れた台湾から被災障害者をお招きして、阪神間の被災障害者と神戸にてシンポジウムを開きます。どうぞ、これらの催しにもできればご参加くださいますように。そして阪神・淡路大震災での教訓を思い出していただければと思います。

ぼつぼつ、あと5年後のことを考えはじめなければならないと思っています。とにかく10カ年計画でスタートしましたから、ひとつの区切りはつけなければならないのですが、なにしろ大自然が相手ですから終わりがありません。このような基金運動は、いつまでも必要だと考えるのですが、いかがでしょうか。いざ、というときの支援マニュアルを作っておくべき、との声も出ています。みなさんからのご意見をお待ちします。

どうか、【ゆめ・風・10億円基金】運動をよりよく育ててくださいますように。

©ゆめ風基金