ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

臨時号2011年3月24日発行

東北関東大震災
いままでプールできた基金のすべてを
活用してもらおう!

代表理事 牧口一二

まさか、こんな思いをする日がこんなに早くやってくるとは想像だにしませんでした。でも、「ゆめ風基金」はこんな日のために活動をしてきたのだとも思います。

そして、この思いは16年にわたりコツコツと「ゆめ風基金」を支え続けてくださった1万人を超える支援者の人々の共通の思いではないか、と推察しています。とにかく、お寄せていただきお預かりしている基金のすべてを、今回の大地震・津波で被害に遭われて本当に困っておられる東北・関東の障害者(児)に、手渡すごとく確実に届け、心から喜んで活用してもらえるよう、「ゆめ風」スタッフは全力を傾けます。

なんだ?こりゃ! とても現実の映像とは思えません。テレビから連日、民放はコマーシャル抜きで届けてくる東北から関東にかけての状況は、つい3日前には人々のそれぞれの暮らしぶりがそこにあったのです。

いま、そこに人が息づく気配がありません。まるで宇宙のどこかの、人の住まない星の地表を眺めているようです。いや、そうでは なく、息づく人の気配はありませんが、地震と津波にかき乱され山のように積まれた数々のガレキからは、ほんのさっきまで、さまざまな人たちが思いを繋ぎ合い寄り添っていた暮らしが読み取れます。それだから、よけいに胸が締めつけられます。

そんな中で、“ふつうの”暮らしを何とかしたいと励まし合って生きていたボクたち仲間の障害者・児は、どうしているのだろう。盲ろう(見えず聞こえない)の仲間たちは隣人とともに逃げられただろうか。人工呼吸器と周りの人を友にしながら生きぬく仲間たちはライフラインが断たれた街で大丈夫だろうか。慣れない環境になじみにくい子どもたちはどうしているだろうか。

これらの仲間など被災して困っている障害者が、周りの人々とともに生き延びていますように。そしてマグニチュード9.0をそれぞれの立場で感じた者同士として支え合い共に生きることを誓います。

©ゆめ風基金