ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

総会の報告

NPO法人 ゆめ風基金 2013年度総会の報告

2014年3月29日

「支えあう世界をめざして」

3月29日、大阪市内で15ネット30人、個人会員12人名の出席を得て(運営会員総数63、委任状17)第13回定時総会を開催し、活動報告と決算報告について承認をいただきました。ゆめ風ネットを担ってくださる障害者団体の防災活動報告や意見が相次ぎ充実した総会でした。東北を中心に引き続き救援活動を続けるともに、次の災害に備える防災活動に当事者の視点でしっかり取り組んでいくことを確認しました。それぞれの活動報告は次のとおりです。

被災障害者救援

東日本大震災から3年が経ちましたが、なかなか復興の兆しが見えません。ゆめ風基金では 東北関東大震災障害者救援本部、(加盟8障害者ネットワーク、全国自立生活センター協議会内)と連携して、岩手、宮城、福島の7被災地障害者センターをはじめとする救援活動のサポートに取り組んできました。その内容は年間1億円にのぼる活動費を震災後4年間支えること、活動について情報提供や相談支援を行うことなどです。持続可能な活動をめざし各センターとも制度利用を模索、センター宮古は生活介護事業所、センター大船渡はB型就労継続支援事業所、センター南三陸は、今年中に放課後児童デイ事業(現在は日中一時支援事業)およびヘルパー派遣事業所として出発します。連携拠点であるセンター釜石は、昨秋、日中一時支援事業所としてスタートしました。

福島第1原発は今もなお大きな被害を出し続けています。居住地の放射能汚染も憂慮され、福島にとどまって支援活動を続けるセンター福島や障害者事業所を支えるとともに、障害児者の県外保養や避難についても支援していく必要があります。今年、福島県田村市の障害者NPOゆうとぴあが始める障害児者避難サポート支援を決定しました(1年でのべ120人の障害児者、家族、支援者の保養避難支援事業)。

2013年の救援金総額は被災地障害者センター活動費を含め71,427,520円。そのうち26,427,520円は障害者地域活動拠点13か所(15件)にお届けしまたものです。内訳は新設2(大船渡市)、トイレ工事1(住田町)、車両1(相馬市),フェンス1(相馬市)、修理1(会津若松市)、ストーブ1(会津若松市)、被災者交流活動1(山田町)、痰吸引看護師派遣1(南相馬市)、調査2(郡山市、宮古市)、夏季キャンプ1(会津若松市)、放射能測定器1(田村市)、当事者交流1(南相馬市)、ミシン1(気仙沼市)です。

そのほか、7月に起きた台風23号で被害を受けた萩市内のNPO事業所「のんきな農場」に50万円をお届けし、11月に発生した台風で大きな被害を受けたフィリピンレイテ島についてはDPI日本会議と協働で被災障害者調査を行いました(今年三月に第一次支援として80万円をお届けしました)。

障害者防災活動支援防災提言集などの書籍販売、講演、地域防災活動、中学生プロジェクト、助成金

三月に東日本大震災版障害者防災提言集を二千部発行し859冊販売しました。そのほか旧提言集改訂版385冊、事例集を609冊、DVD「逃げ遅れる人々」183本、ゆめ風応援歌CDも187枚を販売しました。講演は行政機関、社協、自立支援協議会,NPOなど24か所で行いました。大阪市内の住民組織と協働で避難体験プログラムを実施しました。地域防災を考える上で中学生の参加を促そうと2006年から開始した「いのちと防災を考える中学生の底力ゆめ風プロジェクト」を引き続き2つの中学校で実施しました。参加した中学生は七年間で3500人を超えています。障害者市民防災活動助成については、浜松市の障害児の一泊避難体験と神戸市の障害当事者による防災学習に支援しました。

被災障害者支援を広く訴える活動

「ゆめごよみ風だより」を季刊発行し支援者、関係者、団体に被災地発、障害者発の情報を届けました。東日本大震災以降、支援者は5000人以上増え発行部数は1万7千部となりました。災害と障害者をテーマにした催しを障害者団体や市民グループと共に行いました。3月校区社会福祉協議会と「逃げ遅れる人々」上映会、神戸市民グループと六文銭コンサート、ネット新潟と小室等こむろゆいさんコンサート、10月日本障害者歯科学会シンポジウム、11月東北〜関西ポジティブ生活文化交流祭、被災地報告会、12月カタログハウスの学校と「ゆめ風であいましょう」。

近畿ろうきん提携融資制度「ゆめのたね」

二つのNPO法人(大阪府)に総額七百万円の融資を実施。これまでの融資総額は36団体におよそ一億3千万円にのぼります。

このような活動が可能となりますのは、みなさまが支えてくださるからこそと、一同心より感謝申し上げております。

さらにみなさまから信頼をいただけますよう、これからも、誠実に被災障害者救援、防災、情報発信などの活動をいたします。

災害は避けられませんが、被害を少なくする備えはできます。私たちは各地で障害者防災のまちづくりを呼びかけています。どうぞお気軽に声をかけてください。

今ほど「つながること、出会うこと、支えあうこと」が必要な時代はないと思います。ゆめ風は出会いを求め、つながりを大切に、支えあう世界を希求していきます。

どうか末永くおつきあいください。

ゆめ風基金事務局長 橘高千秋

©ゆめ風基金