ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

総会の報告

NPO法人 ゆめ風基金 2012年度総会の報告

2013年3月23日

「今こそ希求しよう 命と人権を守り抜く社会を!」

3月23日に新潟市内で定時総会を開きました。全国から11ネットワークと、個人会員、役員、オブザーバー総勢30人が参加し、活動報告、決算報告が承認されました。

2013年度方針として東北の復興に力を傾けると共に、災害に備えて障害者の防災活動とネットワークづくりを更に強力にすすめていくことが確認されました。

東北の被災地では、宮古、大船渡、釜石(AJU運営)、石巻、南三陸、仙台、郡山の7箇所の被災地障害者センターで、障害当事者8人を含む22人の地元の方を雇用し、日々、送迎支援、介助、見守り、相談、ニーズほりおこし、避難支援、交流など多岐にわたる支援活動を続けています。病院や作業所、買い物などへの送迎ニーズが高く、活動の大きな部分を占めています。切実なニーズですが、公的支援は一切ありません。

各センターともに支援活動を障害者福祉制度につないでいくこと、そのための事業所設立や地域障害者の参画が課題です。センター宮古はNPO法人「結人(ゆいっと)」として、センター大船渡はNPO法人センター123として、センター南三陸はNPO法人「奏海の杜(かなみもり)」として、更に地域に密着した活動にとりくみます。センター釜石、石巻も法人格取得を目指します。センター福島では、介護者や医療従事者の離職もあいまって先の見えない困難な状況が続く中、懸命に事業所サポートや相談支援、避難支援を行っています。福島の人々を支えることはますます重要課題となります。

復興住宅の建設が大幅に遅れ仮設生活長期化は必至で、送迎や訪問、傾聴など被災者に寄り添った支援活動の必要性は続きます。作業所、グループホームなど障害者の生きる場、働く場の再建、新設支援も、ニーズの顕在化に伴い更に必要になってくることが予想されます。

支援活動継続のためには、ゆめ風の輪をさらに広げていくことが求められます。

3月に新防災提言集を発行し、現在広報に努めているところです。新聞報道で多くのご注文をいただき手応えを感じています。購読者から支援者に連なっていただけるよう情報発信に努めていきたいと考えています。

昨秋には初の障害当事者職員を2名雇用することができ、ゆめ風の支援活動、防災活動に厚みが増すことを期したいと思います。

これからも災害は起こります。いつ災害が起ころうとも、できるだけ被害を少なくする備えは絶対に必要です。せっかく助かった命が、凍死、衰弱で避難所でなくなるなど、あってはならないこと。自然災害で助かった命を守り抜くことができない社会ではないはず。生きのびる避難所づくり、障害者、高齢者が逃げ遅れない地域づくり、被災者復興につながる税金の使い方、一人ひとりの命と人権を守り抜く社会を今こそ希求しなければ、同じことが繰り返されます。共に進んでいこうではありませんか。

ゆめ風基金事務局長 橘高千秋

©ゆめ風基金