ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

総会の報告

NPO法人 ゆめ風基金 2011年度総会の報告

2012年3月25日

「ゆめ風基金は全国のみなさんと連帯して被災障害者の復活を応援します」

震災から2年目に入りました。被災地はの人々のくらしはどのように再生されるのでしょうか。

岩手、宮城、福島の8箇所の被災地障害者センターでは、11人の地元の方を雇用し、県外ボランティアと共に毎日、送迎、介助、見守り、相談、ニーズほりおこし、避難支援など多岐にわたる救援活動を続けています。仮設住宅から病院や作業所、買い物などへの送迎ニーズが高く、活動の大きな部分を占めています。切実なニーズですが、公的支援は一切ありません。

4月12日、救援本部世話人会議(障害者8ネットワークが参加、事務局/全国自立生活センター協議会、DPI、ゆめ風基金)が開かれ、宮古、大船渡、釜石、登米、石巻、仙台、郡山の障害者センターから当事者が参加し、活動報告と今後の方針について話し合いました。救援本部では被災地の声をもとに、被災地障害者センターを支える3年間資金計画を立てました。2012年度の支出予算は1億2506万円(3年で約3億円)。内訳は7被災地障害者センター活動費、3障害者団体への送迎委託費、当事者派遣活動費、事務所改造、移送サービス車両費などで、収入確保はゆめ風基金、JIL、DPIが担います。

今後の方針として、救援活動をできるだけ障害者福祉制度につないでいくこと、そのための相談員や活動ボランティアの派遣をはじめ、全国の障害者ネットワークと連帯して被災地の障害者復活を支えていくことが確認されました。画期的な障害者デモ「みちのくトライ」を実施します。作業所、グループホームなど障害者の生きる場、働く場の再建、新設支援はゆめ風基金が中心に担います。

3月25日に山西記念福祉会館において開催されたゆめ風基金定時総会では、被災地も含め全国から14ネットが参加し活動報告、決算報告が満場一致で承認されました。2012年度方針として東北の復興に力を傾けると共に、障害者防災活動に引き続き取り組むことが確認されました。

16年前の阪神淡路大震災によって生まれたゆめ風基金。東日本大震災では本当に生きたお金として活用されました。これまで支え続けてくださいましたみなさまに心から感謝申上げます。1年前のある夜、久しぶりにゆめ風応援歌「夢と風」「伝えてください」を聴きました。永六輔さん、小室等さん、谷川俊太郎さんの魂に触れたような気がして「この日のためにこの歌がある」と思いました。「この日の・・」と思うときはいつも胸がいっぱいになります。

ゆめ風基金事務局長 橘高千秋

©ゆめ風基金