ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

総会の報告

NPO法人 ゆめ風基金 2010年度総会の報告

2011年3月26日

2011年3月26日 大阪市ココプラザで第10回提示総会が開かれ、38人が出席、2010年度活動報告と決算報告、2011年度度活動計画と予算について承認をいただきました。報告は次のとおりです。

事業期間 2010年1月1日〜2010年12月31日

被災障害者救援事業

ハイチ地震が起こり、ネットワークと連携して情報収集し、検討を重ね、総額100万円の被災障害者救援金を被災地に届けることができました。

障害者防災活動支援事業

引き続き障害者市民防災提言集を広めたほか、具体的な障害当事者による防災活動事例を集めた「障害者防災ブックレット」を発行しました(2010年3月刊行)。

2月に大阪市城東区と共催で障害者防災講演会を実施しました。

大阪市城東区から「緊急雇用創出基金事業 福祉避難所計画策定のための調査業務」を終了しました。

11月に防災シンポジウムを開催しました。

そのほか、自治体や社会福祉協議会の担当者、自治会の方々と、障害者防災について、情報や意見の交換を行いました。

障害者市民防災活動の促進とネットワークのための助成金制度については、1団体から申請を受けましたが該当なく助成に至りませんでした。

さらに、地域防災を考える上で、中学生の参加を促したいと、「いのちと防災を考える中学生の底力ゆめ風プロジェクト」(2006年から開始)を大阪市内の中学校と府下の中学校で実施しました。

被災障害者支援を広く訴える事業

大阪と東京で「ゆめ風であいましょう」を開催し、およそ400人の参加者に「共に支え合おう」というメッセージを発信することができました。

また、広く情報を伝える媒体として、ニューズレター「ゆめごよみ風だより」を1万1千部を季刊発行し、支援者や市民に届けました。

情報の収集、関係諸機関との協力及び連絡調整事業

被災障害者救援、防災の使命を果たすため、情報の収集に力を尽くしまた、様々な機関、非営利団体との連絡調整をはかりました。

救援と情報発信の窓口として【ゆめ風ネット】の設置を全国各地の障害者市民団体にお願いし、ネットワークを広げ災害に備えました。現在、全国51箇所に【ゆめ風ネット】を設けています。

その他目的を達するために必要な事業

引き続き小規模の障害者団体に対する低利の融資制度を近畿ろうきんと提携して実施しました。金融機関からの融資が受けにくい障害者団体にとって使いやすいよう様々な点でハードルを低くし事業の拡大に貢献しました。

今後、ゆめ風基金の使命がますます増大する状況の中、さらにネットワークを広げ、会員と事業収入の確保に努め、被災障害者市民の救援や防災活動に引き続き取り組んでいきたいと考えています。

東日本大震災について

3月11日に起きた東日本大震災の対応を中心に、論議が行われ、ゆめ風基金の総力を出して、障害者救援活動にとりくむことが全員一致で確認されました。

東日本大震災は、巨大な津波が500キロに及ぶ沿岸部を襲うとともに、さらには、原発事故による深刻な被害がもたらされ、亡くなった方1万6千人、行方不明の方3千人、全壊建物13万戸という戦後最大の災害となりました。

避難所の構造的問題や避難体制が脆弱なため、避難できず自宅にとどまる障害者の孤立状態が長く続きました。ガソリン不足によってヘルパーや看護師の訪問がとだえ、医薬品、水・食料、介護用品の不足状態が続きました。病院、消防署、警察、自衛隊の救援もままならず、ほぼ無支援の中で、障害者は救援の手を待ち続ける状態が続きました。

そのような中、ゆめ風ネットワークである仙台のCILたすけっとや、福島のCILは素早い動きを見せました。孤立し、生命の危機に瀕する障害者に救援物資を届け、介助者を派遣し、障害者避難所を開設させるなど、日頃のノウハウを駆使して救援活動を行いました。

全国の障害者ネットワークによる素早い救援の動きもありました。

ゆめ風基金では、発災直後から、ネットワークを中心に情報を集め、安否確認を行いました。翌12日には大阪市内に障害者団体が集まり救援本部大阪会議を立ち上げ、協力して被災障害者情報を集め、安否確認を行うこと、人、金、情報を結集することを確認しました。

2日後の14日には東京のDPI、JILが呼びかけて全国救援本部を立ち上げることとなり、大阪から障大連の細井とゆめ風基金の八幡が参加し、力を合わせて救援活動に取り組むことが決まり、救援本部代表に中西正司、副代表に牧口一二が就任しました。

ゆめ風基金は3月17日から八幡理事を被災地に派遣し、ゆめ風ネットワークである現地の障害者団体にお願いして、被災地障害者センター宮城、福島、岩手、そして新潟後方支援センターの立ち上げを準備し、現地救援体制を整えました。

3県の被災地障害者センターでは、もともとの活動団体であるCILたすけっと、あいえる郡山、CIL盛岡の障害者、支援者を核として、全国から集まったボランティアをコーディネートし、安否確認、物資輸送、相談や介助の支援、避難所訪問調査、聞き取りなどの救援活動を行っています。

ゆめ風基金は、これからも全国の障害者支援ネットワークと手をつなぎ、懸命に救援活動を続けていきます。どうかご支援ください。

ゆめ風基金事務局長 橘高千秋

©ゆめ風基金