ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

総会の報告

NPO法人 ゆめ風基金 2008年度総会の報告

2009年3月22日

3月22日尾道市内で30名の出席のもと第8回定時総会を開催し、2008年度活動報告と決算報告、監査報告について承認いただき、2009年度活動計画と予算についても了承されました。

以下、ご報告いたします。

2008年度活動のご報告

  1. 被災障害者救援事業

    今年は5月にミャンマーサイクロン災害、中国四川大地震6月に岩手宮城内陸地震と大きな災害が国内外で次々と起こり、ゆめ風ネットワークや障害者NGOと連絡をとりあい、情報収集し、検討を重ね、総額204万円の被災障害者救援金を被災地に直接届けることができました。

  2. 障害者防災活動支援事業

    障害者市民防災提言集発行から3年経ちましたが、728冊を販売し、販売累計は4499冊となりました。全国18地域の障害者団体、社協などで講演しました。

    1月に、城東区と共催で障害者市民防災シンポジウムを開催し、2月に、宮崎県育成会と合同で当事者主体の避難体験を実施しました。

    そのほか、自治体や社会福祉協議会の担当者、自治会の方々と、障害者防災について、情報や意見の交換を行いました。

    障害者市民防災活動の促進とネットワークのための助成金制度については、4か所の障害者防災活動に対して総額99万円の助成を行いました*。

    さらに、地域防災を考える上で、中学生の参加を促したいと2006年から開始した「いのちと防災を考える中学生の底力ゆめ風プロジェクト」を大阪市内の2つの中学校で実施しました。

  3. 被災障害者支援を広く訴える事業

    埼玉、兵庫、東京、福岡と4か所で「ゆめ風であいましょう」を開催し、のべ1000人を超える参加者と「共に支え合おう」というメッセージを共有しました。

    また、広く情報を伝える媒体として、ニューズレター「ゆめごよみ風だより」1万1千部を季刊発行し、支援者や市民に届けました。

    救援と情報発信の窓口として【ゆめ風ネット】の設置を全国各地の障害者市民団体にお願いし、ネットワークを広げ災害に備えました。現在、全国50か所に【ゆめ風ネット】を設けています。

  4. そのほか目的を達するために必要な事業として、引き続き小規模の障害者団体に対する低利の融資制度を近畿ろうきんと提携して実施しました。金融機関からの融資が受けにくい障害者団体にとって使いやすいよう様々な点でハードルを低くしました。今年度は5団体に計1420万円の融資となり、開始した2006年度からの融資総額は13団体に3890万円となりました。

2009年度活動の予定

今後、ゆめ風基金の使命がますます増大する状況の中、さらにネットワークを広げ、会員と事業収入の確保に努め、障害者市民の救援や防災活動にさらに取り組んでいきたいと考えています。

引き続き、障害者救援、障害者防災、広報活動などの活動をいたします。

災害時、救援活動がスムーズに行なわれ、被害を少なくするために、ゆめ風ネットワークをさらに充実させていきます。

防災活動では、提言集の普及に努めるほか、新ブックレットの発行や講演活動、避難体験支援、障害者市民防災活動のための助成を行います。

中学生プロジェクトについても引き続き実施します。

各地の【ゆめ風ネット】と共催で呼びかけ人のご協力をいただいて催しを開催します。

草の根障害者団体を対象とした低利融資制度「ゆめのたね」を継続実施します。

新しいリーフレット、展示用パネル、広報ポスターの制作にとりくみ、ウエブサイトをさらに充実し、広報に役立てていきます。

さらに支援の輪を広げるために認定法人格取得をめざします。本年はゆめ風基金のアピール力の強化に重点を置きたいと考えています。ぜひお力添えをお願いします。

【ゆめ風基金】は命と人権を最優先する運動の一端を担い続けます。

みなさまのご支援ご協力を心からお願い申し上げます。

©ゆめ風基金