ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

総会の報告

NPO法人 ゆめ風基金 2007年度総会の報告

2008年3月23日

3月23日大阪市内で19名の出席のもと第7回定時総会を開催いたしました。

はじめに2007年度活動報告と決算報告について事務局から説明の後、承認されました。つづいて2008年度活動方針と予算についても承認をいただきました。以下、ご報告いたします。

被災障害者救援事業

今年は3月に能登地震、7月に中越沖地震と大きな地震が2度もありました。能登地震ではすぐにネット富山のCIL(障害者自立生活センター)富山、ネット石川のCILいしかわと連絡をとり、障害者被災状況調査を要請し、県や社協に障害者被災状況を問い合わせました。ゆめネットのスタッフが現地に赴き、避難所などをまわりました。その結果4作業所と1人の障害者が全半壊などの被害を受けていることがわかり、1ヶ月後に総額50万円の救援金をお届けしました。地震の翌日には災害対策本部あてに「障害者市民救援に関する緊急要望」を提出しました。

中越沖地震においても、ネット新潟のCIL新潟、現地の社協や障害福祉課、障害者団体と連絡をとり、被災障害者情報の把握につとめ、ゆめ風スタッフによる現地調査を実施しました。その結果6作業所、グループホームと4人の障害者が全半壊などの被害を受けていることがわかり、1ヶ月後に195万円の救援金をお届けしました。

障害者防災活動支援事業

引き続き障害者市民防災提言を広げる努力をしました。昨年だけで1400冊、2006年発行以来4700冊の提言集がゆめ風のメッセージを各地に届けています。提言集が浸透するにつれて、各地の障害者団体、社協などから講演の要請があり、17地域で障害者防災について講演しました。また9月にネット宮崎のYAH!DOみやざきと、10月には、4年前の中越地震被災地である魚沼で障害者ネットワークと共催で障害者防災シンポジウムを開催しました。12月には宮崎市内で避難所体験プログラムも実施し、大きな成果を得ました。

「障害者市民防災活動の促進とネットワークのための助成金制度」については、10件申請を受け、3件について総額975000円を交付しました

2年目に入った「いのちと防災を考える中学生の底力ゆめ風プロジェクト」については、日赤、社協関係者、建築NPOと共に大阪市内の2校で実施し、新聞でも大きく報道され、反響を呼びました。

被災障害者支援を広く訴える事業

3月に箕面市内で小室等さん、こむろゆいさん、加納浩美さんにおいでいただき「ゆめ風であいましょうイン箕面」を開催し、200人を超える参加者がありました。11月には、発足以来大きな支援をいただくカタログハウスの学校と共催で「ゆめ風であいましょうイン東京」を開催しました。中山千夏さんの講演、永六輔さん、オオタスセリさんのトーク、小室等さん、こむろゆいゆいさんのライブで、大好評でした。12月には、大阪守口市内で、15年前から障害者交流活動を続ける「ふれあい協会」と共催で永六輔さんの講演会と地元吹奏楽団コンサートを行い、1000人を超える市民の参加を得て支援の輪が広がりました。

ニューズレターゆめごよみ1万1千部を季刊発行し、支援者(会員)や市民に届けました。

永六輔さん、谷川俊太郎さんが作詞、小室等さんが作曲された「ゆめ風基金応援歌」は、これまでに1万8千枚が旅立ち、各地で歌われ、ゆめ風のメッセージを伝えています。

小規模の障害者団体に対する低利の融資制度ゆめのたねについては、6団体に総額1470万円の融資を実施し、事業の拡大に貢献しています。制度発足の2006年からの貸付高は2470万円にのぼります※※

長い間の懸案であった12年間のご入金の記録をお一人お一人に心からの感謝をこめてお届けすることができました。

今年度も引き続き、障害者救援、障害者防災、広報活動などの活動をいたします。

災害時、救援活動がスムーズに行なわれ、被害を少なくするために、ゆめ風ネットワークをさらに充実させていきます。

防災活動では、提言集の普及に努めるほか、ブックレットの発行や講演活動、避難体験支援、障害者市民防災活動のための助成を行います。

中学生プロジェクトについては大阪市内の中学校で4校実施します。

各地のゆめネットと共催で呼びかけ人のご協力をいただいて催しを開催します。

小規模障害者団体を対象とした低利融資制度「ゆめのたね」を継続実施します。

新しいリーフレット、展示用パネル、広報ポスターの制作にとりくみます。

【ゆめ風基金】はいのちと人権を最優先する運動の一端を担い続けます。

みなさまのご支援ご協力を心からお願い申し上げます。

特定非営利活動法人ゆめ風基金 事務局長 橘高千秋

©ゆめ風基金