ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

総会の報告

NPO法人 ゆめ風基金 2006年度総会の報告

2007年3月17日

3月17日大阪市内で19名の出席のもと第6回定時総会を開催いたしました(総会員数47、委任状24で総会成立)。

はじめに2006年度活動報告と2006年度決算報告について事務局から説明の後、監事から監査報告があり承認されました。2007年度活動方針と予算についても承認をいただきました。

被災障害者救援事業

2006年は大きな災害がなく国内の支援はありませんでした。2005年に起きたパキスタン地震で救援活動を続ける現地障害者団体に豊岡イベントの収益の1/2を届けました。

障害者防災活動支援事業

障害者市民の立場から防災提言を発信しようと、障害者市民防災提言集の編集を05年8月からスタートさせ、06年9月に2000部発行しました。ヤマト財団から助成を受けたこともあり、普及を目的に原価ぎりぎりの500円という低価格で販売しました。9月に、大阪府、市、兵庫県、神戸市、各記者クラブ、報道関係者に届けたほか、中央防災会議要援護者支援検討会議にも提出しました。新聞報道のほか、障害者団体、災害NGOをはじめ各方面のご協力のおかげで大きな反響をいただきました。3ヶ月で初版2千部がなくなり、12月に2千部増刷しました。提言集が浸透するにつれて、各地の障害者団体、社協から講演の要請があり、これまで全国10ヶ所で講演をしました。

11月には、防災専門家、自治体担当者、障害者市民による防災シンポジウムを開催しました。

また、障害者市民防災活動の促進とネットワークのために助成金制度を設けました。2件申請を受けましたが、06年度は交付には至りませんでした。

さらに障害者市民の地域防災を考える上で、中学生の参加を積極的に呼びかけたいと、地域の中学校や日赤、社協関係者、建築NPOと共に「中学生プロジェクト」(いのちと防災を考える「中学生の底力」ゆめ風プロジェクト)を実施しました。広報ツールとして映画「もっこす元気な愛」神吉プロデューサーの協力でビデオ映画を製作しました。

被災障害者支援を広く訴える事業

3月に、2004年に台風被害を受けた豊岡市内において「ゆめ風であいましょうイン但馬 歌う力笑う力生きぬく力」を開催し、450人を超える参加者がありました。

永六輔さんのトーク、小室等さんの歌のほか、障害者作業所代表による対談もまじえ、大好評でした。

9月には、発足以来大きな支援をいただいているカタログハウスの学校と共催で「ゆめ風であいましょうイン東京 歌う力笑う力生きぬく力」を開催しました。永六輔さん、小室等さん、李政美さん、筑紫哲也さん、朴慶南さん、ピーコさんが参加してくださり好評をいただきました。

ニューズレターゆめごよみ1万1千部を季刊発行し、会員や市民に届けました。

「ゆめ風基金応援歌」は呼びかけ人の永六輔さん、谷川俊太郎さんが作詞、小室等さんが作曲されたもので、支えあい、共に生きようとする絆の中で立ち上がる勇気を歌う2つの歌は、発売1年を越えてもじわじわと広がり、各地で歌われています。既におよそ1万8千枚が世に出てます。

救援と情報発信の窓口として【ゆめ風ネット】の設置を全国各地の障害者市民団体にお願いし、ネットワークを広げ災害に備えました。新たに茨城の1団体が参加してくださり、全国46箇所に【ゆめ風ネット】が設けられました。

その他目的を達成するために必要な活動

融資制度ゆめのたね・・小規模の障害者団体に対する低利の融資資制度を近畿ろうきんと提携して設けました。金融機関からの融資が受けられない障害者団体にとって使いやすいよう様々な点でハードルを低くしています。2006年は2団体に計1000万円の融資を実施し、事業の拡大に貢献しました。融資制度発足を記念してシンポジウム「お金の流れが社会を変える」を開催し、反響を呼びました。

震災から12年が経過する中で、会費収入は激減し、財政的には大変厳しく、理事会で検討を重ねました。

ゆめ風基金の使命がますます増大する状況の中、提言集とCDという固有の強力ツールを使い、さらにネットワークを広げ、会員と事業収入の確保に努めていきたいと思います。

【ゆめ風基金】は生命と人権を最優先する社会に向けて、これからも着実に歩んでまいりますので、みなさまのご支援ご協力を心からお願い申し上げます

ゆめ風基金 事務局長 橘高千秋

©ゆめ風基金