ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

総会の報告

NPO法人 ゆめ風基金 2005年度総会の報告

2006年3月21日

3月21日兵庫県豊岡市内で20会員の出席のもと第5回総会を開催いたしました(総会員数47、委任状24で総会成立)。

はじめに
2005年度活動報告と
2005年度決算報告について事務局から説明の後、監事から監査報告があり承認されました。
2006年度活動方針と予算についても承認をいただきました。
役員改選については、任期満了に伴うもので、全会一致で役員は再選されました。

【ゆめ風基金】2005年の活動10年の集いを多彩にとりくみました。

発足10年の集いを発祥の地、大阪・中之島で行い、千人の参加者の前で呼びかけ人代表の交代と活動の継続、ゆめ風応援歌CD、障害者防災アイデアを発表しました。

4災害8団体に611万4千円の救援

被災障害者救援事業については、新潟地震で半壊した障害者作業所NPOワークセンター安心の改修費用250万円。

自立生活センター新潟の被災障害者サポート事業支援60万円。

3月20日に起きた福岡沖地震で壁が崩れ落ちた重複障害者作業所いろえんぴつと、備品損壊のとわえもあ作業所に合わせて81万4千円の救援金。

9月初めに起きた台風14号で大きな被害を受けた宮崎県の障害者の生きる場、働く場、すくすく工房、たんぽぽ作業所、サポートセンターそしあるに計200万円の救援金。

10月に起きたパキスタン大地震、ライフ自立生活センターに20万円の救援金を届けました。

当事者サイドで防災・減災のとりくみ…250人の障害者の声を反映した提言集

障害者防災活動については、障害者市民防災アイデアコンテストを実施し、10年の集いで入選作品を発表しました。さらに障害者の立場から防災提言を国や自治体に届けようと、障害者市民防災提言集の編集にとりかかりました。

障害者の声を反映させようと全国に呼びかけてアンケート調査を行い、250人の障害者から声が届きました。7月に起きた北陸豪雨で、初めて避難準備情報が発令されましたが、避難した障害者、高齢者は殆どいませんでした。避難行動がとりにくく、避難所で生活できないとわかっていたからで、そうした状況の改善を求め、多くの障害者団体や災害NGOと共に避難所の改善を求める緊急声明を行いました。

賛同した団体、個人は120を超え、8月に国の中央防災会議に届けました。中央防災会議ではちょうど「要援護者」の避難行動や避難所について論議している最中で、各委員に障害者の声を届けられたことは大きな意義があったと思います。

また、中学生と共に、障害者の防災や救援を考える取り組みを、日赤、社協、ボランティアセンター、建築士NPOと共同で行いました。

ゆめ風救援ネットワークの広がり

広く訴える事業として、ニューズレター1万1千部を季刊発行して支援者や市民に届けました。さらに、ネット香川と共に障害者防災展、小室等さんコンサート、映画「もっこす元気な愛」の上映会などを開催し「共に生きる社会」への理解を深め、広く支援を呼びかけました。

救援と情報発信の窓口として【ゆめ風ネット】の設置を全国各地の障害者市民団体にお願いし、災害に備えました。05年は3か所増え、45ネットになりました。また、他のNPOや障害者団体、市民団体との協力、連絡調整に努めました。

ゆめ風基金の輪を広げていきます

年間の収支については前号でお伝えしています通り、収入はCD販売によって昨年より増えたものの、災害が多発し救援金支出が増大したこと、10年事業として多くの取り組みを行ったこと、防災提言集編集、アンケート調査活動のためスタッフを1名増員したことなどから支出が増大し、特別会計(基金)から一般会計に繰り入れる結果となり、基金は減少しました(前期より83万円減)。一般会計支出のために基金が減ることの是非は理事会でも議論し、総会でも諮りました。総会では、災害に備え、障害者の被害を少なくする防災の取り組みは不可欠の課題であると、防災活動支援継続の了承をいただきましたが、いざというときの救援基金であることを常に大前提に考えていくことを確認しました。新たな支援者を増やすこと、応援歌CD販売などの事業を広げていくことに一層努力し、一般会計の収入をはかりたいと思います。

【ゆめ風基金】2006年の活動

引き続き被災障害者救援・復興支援活動と障害者防災活動支援を行います。

【ゆめ風基金】を広げる活動について、ニューズレターなど印刷物を発行して情報の共有や公開に努めます。イベントの開催についても、各地の障害者団体と協働で取り組み、支援者の拡大に努めます。ゆめ風応援歌CD販売を通じて、ゆめ風の輪を広げます。いざというときに備え、全国の障害者団体に参加を呼びかけて、さらに「ゆめ風ネットワーキング」を推進します。災害時の障害者の救援活動や、防災対策について提言をまとめたブックレットを発行します。夏と秋に障害者団体の運営と防災を考えるシンポジウムを開催します。さらに障害者防災活動支援として助成制度を設けます。障害者市民活動を対象とした低利の融資制度をスタートさせます。

【ゆめ風基金】は災害に強く共に生きる社会づくりに向けて、これからも着実に歩んでまいりますので、みなさまのご支援ご協力を心からお願い申し上げます。

特定非営利活動法人ゆめ風基金 事務局長 橘高千秋

©ゆめ風基金