©ゆめ風基金

ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702 / FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力おねがいします

障害者救援金 送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

阪神淡路大震災を機に自然災害の被災障害者を支援しつづけている団体。全国の障害者運動と永六輔さん、小室等さんをはじめ各界の方々が呼びかけ人として参加している。

▲ゆめ風基金サイト+ブログ内を検索できます

総会の報告

NPO法人 ゆめ風基金 2014年度総会の報告

2015年3月28日

「しっかりとつながっていきましょう」

3月28日、仙台市内で13ネット30人、個人会員9人、オブザーバー7人の出席を得て定時総会を開催し、2014年度の活動報告と決算報告について承認をいただきました。ゆめ風ネットを担ってくださる障害者団体、仙台、石巻、南三陸、いわき被災障害者からの報告や意見が相次ぎ熱気に満ちた総会でした。

一人の被災障害者は「津波で家をなくし0からの出発だったが、かけつけてくれた多くの人の出会いで立ち上がることができた。被災地障害者センターの活動を続ける中で、地域の障害者、支援者とつながることができた。障害者が暮らせる地域になるように活動を続けていきたい」と話されました。いわき自立生活センターの方からは「希望が見えない中で、虐待ケースが増えている気がする。障害者の緊急避難所を確保したい」と報告があり、今も「被災中」であり緊急支援が必要であることが伝わりました。国は来年で集中復興期間終了としますが、すべての被災者の生活が再建されるまで延長する必要があるといえます。

ゆめ風基金は、今後も東北を中心に引き続き救援活動を続けるともに、次の災害に備える防災活動に当事者の視点でしっかり取り組んでいくことを確認しました。それぞれの活動報告は次のとおりです。

被災障害者救援

ゆめ風基金では東北関東大震災障害者救援本部、(加盟8障害者ネットワーク)と連携して、岩手、宮城、福島の7被災地障害者センターをはじめとする救援活動のサポートに取り組んできました。各センターとも制度利用を模索、センター宮古は生活介護、大船渡はB型就労継続支援、南三陸は放課後児童デイ、日中一時支援。連携拠点であるセンター釜石は、日中一時支援事業所として活動中です。石巻、福島は相談支援と、交流活動を続けています。

2014年の救援金総額は15,179,080円で、内訳は福島の障害者避難支援(田村市)、原発事故で避難した障害者作業所の新設(二本松市)、コピー機(南相馬市)、放課後デイ送迎用車両(陸前高田市)、当事者派遣事業(南相馬市)、災害時移動送迎支援活動基金です。

障害者防災活動

障害者と中学生の避難体験「中学生プロジェクト」、小学校での避難所運営ゲーム、防災助成金7団体に64万円の助成、防災提言集などの書籍販売、講演、ワークショップ、BCP(事業継続)研究などを実施しました。

被災障害者支援を広く訴える活動

ゆめごよみ季刊発行のほか、災害と障害者をテーマにした催しを障害者団体や市民グループと共に行いました。小室等さん、道上洋三さん、清水哲さんをお招きし、近畿ろうきんサポートV報告会を行いました。

近畿ろうきん提携融資制度「ゆめのたね」

4つのNPO法人に総額1,350万円の融資を実施。これまでの融資総額は39団体、1億3,690万円にのぼります。

以上のような活動が可能となりますのは、みなさまが支えてくださるからこそと、心より感謝申しあげます。これからも誠実に被災障害者救援、防災、情報発信などの活動を続けてまいります。8月のゆめ風基金20年の集い会場では、コンサートのほか「20年の歩み」パネル展もいたします。ぜひおこしください。

ゆめ風基金事務局長 橘高千秋