©ゆめ風基金

ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702 / FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力おねがいします

障害者救援金 送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

阪神淡路大震災を機に自然災害の被災障害者を支援しつづけている団体。全国の障害者運動と永六輔さん、小室等さんをはじめ各界の方々が呼びかけ人として参加している。

▲ゆめ風基金サイト+ブログ内を検索できます

ゆめ風基金とは

NPO(特定非営利活動団体)法人【ゆめ風基金】
16年間に寄せられた基金のすべてを東北関東に届けることから…

被災地の障害者の心意気に後押しされて始まった!

阪神淡路大震災での障害者たちは、ことごとく後回しにされた立場だったのですが、被災地の彼らは普段の助け合いネットワークを活用し、いち早く炊き出しを実施、寒さに震える地域の人々に「日頃の恩返し」と豚汁を配ったのでした。この心意気に後押しされて、それでは緊急時に普段から備えておこうと、「ゆめ風基金」運動が発足しました。

16年間に地震・噴火・豪雨・台風・・・さまざまな自然災害が起こり、「ゆめ風基金」からは海外も含めて計43,000,000円を被災地の障害者・児に届けてきました。また、活動を展開する中で、「もし、阪神淡路規模の大震災が起これば、それまでの蓄えている基金をそっくりそのまま被災地の障害者に活用してもらいます」と伝えてきました。

こんなに早く、基金のすべてが活用されるとは……

だけど今回の東北関東大震災は、マグ二チュード9.0と強烈で、しかも広範囲にわたって津波が襲い、そのうえ福島第一原発では建屋が次々と破壊し、放射能被害については国内より海外で危ぶまれているしまつ。阪神淡路をはるかに超える規模になってしまいました。

  • 岩手県釜石市:地震と津波でがれきとなったまちに、港の船が陸地にまで流される。
  • 宮城県仙台市:震災当日の仙台市長町小学校避難所。車いすを利用する障害者の居場所はない。
  • 福島県南相馬市:訪れた障害者の視線の向こうに広がる、津波で跡形もなくなった海岸部。

心のどこかで準備していましたが、こんなに早く基金のすべてを投入しなければならないとは思ってもいませんでした。でも、「ゆめ風基金」運動はこんな日のために活動してきたのだとも思いました。

いままでの基金2億円をそっくり、いち早く東北・関東の被災した障害者・児の手許に届け、活用され始めました。

どっこい、いろんな障害者が同じ街で生きているよ

だけど、まだまだ足りません。そこで私たち障害者市民と共に生きる市民は、東京に障害者救援本部を設置し、阪神淡路大震災の時に救援本部を立ち上げたメンバーがその体験を活かしながら、被災地の障害者たちとスクラムを組みました。

また、全国各地に点在する「ゆめ風ネットワーク」(2011.3/17現在51か所)とも連絡を取りつつ、息の長い活動に挑み始めています。ただ、途中で息切れしないよう自分たちのペースでやろうと語り合っています。

まずは被災地の状況がもう少し分かるまで、それぞれの地の賑やかな所で「どっこい、いろんな障害者も同じ街で暮らしているよ」と示すためにも、各地で障害者が陣頭に立って街頭募金を始めています。

カラッポからの再出発……よろしくご支援ください

そんなわけで心をこめてご支援のお願いです。

一般の募金と違って「障害者にだけ使うの?」と思われるかもしれませんが、顔の見える本当に困っている障害者に届けたいので、どうかお許しください。

2011年3月31日 代表理事 牧口一二