熊本地震障害者救援活動の記録 冊子もうすぐ完成!お申し込みください。

昨年4月の熊本地震から1年あまり。
被災地では、益城町に新たな活動拠点を設けた被災地障害者センターが介助、相談支援、片付け、傾聴、付き添いなどの支援活動を行なっています。

関西からのべ400人のボランティアを派遣した障害者救援本部は、1年間の活動報告集を世に問おうと、編集の追い上げにかかっています。
報告集を紹介する記事が朝日新聞に掲載されました。
6月末には完成しますので、ご希望の方は、メール(yumekazekikin@gmail.com)でお申し込みください。
報告集代金は300円(税込)、送料80円、でお届けいたします。お支払いは、先にお送りする冊子に同封の「青い振込み用紙」にて、郵便局でお願いします。
すみませんが、振込み手数料(窓口120円、ATM80円)は、ご負担をお願いいたします(郵便貯金口座、振り替え口座をお持ちの方は、無料の口座間振り替えができます)。<申し込み先> yumekazekikin@gmail.com  お名前、冊数、お届け先住所をご明記の上、メール送信ください。
5月24日「朝日新聞大阪版」

 

 

 


1 Star (1 votes, average: 1.00 out of 1)
Loading...

豊能障害者労働センター  みんなでつくる みんなのバザー

「つながっとこ。日頃から♡」

5月13日土曜日は、毎年恒例となっている「豊能障害者労働センター」春のバザー!
行ってきましたよ♪

ここをご存じでないかたに少し説明を・・・。

豊能障害者労働センターは、今も、『障害者をとりまく状況は、制度が整ったように見えるだけではないか?』という疑問を信念に持ち続け活動している。

多くの障害者は「労働者」ではなく「利用者」として福祉サービスを受ける対象という位置づけにとどまっている。

現状、「就労支援」や「職業訓練」を経て一般就労する障害者はほんの一握りである。
福祉の制度内にとどまらず、地域で自立して生活していけるだけのお金を稼ぐことを障害者と健常者と共に33年間模索し続けている。

この団体が、自分たちが住む地域で、いろいろな団体と一緒に、年に一度バザーとステージイベントを催している。それが「春のバザー」

5月13日土曜日。
あーあ。連休中続いた晴天も、この日は朝からどしゃぶりだった。
加えて、会場の近所に住む介護者が、バザーイベントの決行を確かめに行くほどの横なぐりの風。

だかしかし・・・彼女が迎えに来た午後、雨はやみ風も暑さしのぎに吹いていた。すごっ!

行くぜー。
会場には顔見知りがいっぱい!
一年に一度、七夕のような出会いをはたす。
それぞれの事業所は、日々の取り組みに精いっぱいだ。
互いに気にしながら再会を果たせない方々の顔を見るのはうれしい。
連絡先が変わっていないか確認して、また近々ゆっくりねーと言いながら、やっぱり会うのは来年の五月になるんかなー。

それまで、自分の場所で、がんばりすぎずに、ふんばろな。     by ちなつ

1 Star (いいね)
Loading...

ゆめ風ネットひろしまの皆さんが募金活動されました!

大型連休も終わり、今日から仕事というかたも多いのではないでしょうか。
連休中も仕事だった皆様、お疲れさまでした!

さて、久しぶりにゆめ風事務所でメールを開くと、ゆめ風ネットひろしまの「障害者生活支援センター・てごーす」さんから『熊本救援募金やりました!』 とのメールが。

「together広島」さんと一緒に、アルパーク連絡通路(広島市西区)というところで行ったそうです!(早速、集まったお金はゆめ風に送ってくださっています)

※添付写真は、街頭募金の様子です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりとお預かりしました。
気持ちとともに被災地へお届けします。

 

(な)

 

1 Star (いいね)
Loading...

千夏のちょっと行ってきましたー事業所研修会編ー

[千夏のちょっと行ってきました]
先日、「事業所研修会」に招いていただきました。

★吹田市の実態
「避難行動要支援者名簿」のため、確か記録を提出した覚えがある。
きっと名簿らしきものができ、避難を助けていただける地域の方・あるいは事業所も決め、連絡してくれるのかなーと思っていた。あれから、かなりの月日が経つが、行政から何も言ってこない。

調べてみると、障がい者の支援計画の立て方は明記している。が、避難を助けてくれるかた(たとえば近くの民生員とかヘルパー事業所のサービス責任者、吹田市の職員)は書かれていない。
あれはアンケートみたいなもんや。  けど。」と事業所研修会に招いてくれた事業所「ありす」の所長は言う。
「でも、事業所が行政にどうなってますか?なんて聞いたら、それならおたくたちがしてくださいとなりますもんね」
「よくご存知で。名簿も国のお達しで仕方なく作った。結局触らぬ名簿にたたりなし、という感じで、そこからは誰も何も言わない」
「うわー・・・いかにもいかにも」と私は妙に納得してしまう。
「行政は障がい者の支援計画の立て方も明記しているんだから、その後の避難生活の支援もどうぞどうぞという感じや」

みんな逃げ腰じゃ何も進まない。だからか・・・
被災障害者支援団体に勤めている私が言うのもなんだけど

★備えは人間関係
でも、だからこそ日頃から障害者・健常者が学びあうことが大事。
「なんやー。今日は福本さんが講師なのに、僕ばっかりしゃべってるし」
「す、すみません。で、吹田市の状況は、あまり進んでいないことがわかった上で、日頃の人との関わりが大切なんだと。みなさん、お仕事をしていて、それぞれ気をつけていることがあると思います。教えてくださいな」とお願いする。
「まあ、受け身の講演よりはずっといい!障害を持つ方からの率直な問いを考える時間は貴重や」と所長は終始にこやかだ。

「距離感ですかねー。千夏さんとは年も近いしお付き合いも長い。仲良くしていただいて嬉しいです。でも、家族ではないし、うちのスタッフではないし、押しつけや失礼はないかと、時々自分なりに心の点検をしてます」と所長のパートナーがそっと心の内を語る。
「うっ。そういうことを感じさせないのが、プロだー。私もご無理は言っていないかどうかと時々考えてますけど・・・。制度とはいえ人間同士ですものね。どちらが無理すれば続かなくなります。ご近所ですし、いい関係を続けたい。それに人間少し長くやっていると、つながりって築くは長く、崩れるは一瞬だという経験も互いにありますしね」と私。
「なんだか・・・昼下がりの実がある井戸端会議っていう感じがいいっすわー」と若い職員達も・・・。

災害が起きれば、障害者もヘルパーさんも雇用主さんも、みな被災者になる。
お互い様、みんなで一緒に生き延びましょうといえる関係は日々の積み重ねで可能になりえるもの。

まず、今日の貴重な互いの時間、おおきにです。
でも、名簿は?最低限の行政のシステムは?
さてと・・・

文 ふくもとちなつ

1 Star (いいね)
Loading...

感謝状をいただきました♪

 

2016年2月3日に、福島県のなこそ授産所・グループホーム建設資金として500万円をお送りしました。
今年の4月1日に開所し、利用者さんの暮らしの場として運用されています。(写真下・全景)
今回、そのなこそ授産所さんから感謝状を頂きました。

近畿ろうきんさんが東日本大震災の復興支援として「サポートV」という定期預金を発売(現在は販売終了しています)、毎年3月の預金残高の0.10%から0.30%を10年にわたって寄付してくださっています。その寄附は、「あしなが育英会」(震災遺児支援)と「ゆめ風基金」(被災障害者支援)が必要なところへお届けしています。

東北には、まだまだ障害者の拠点が少ないです。復興への道のりも、遠く感じます。
どこに住んでいても、自分らしい「暮らし」をおくるために、これからも被災地支援に、ご協力をよろしくお願いいたします。

(な)

 

 

1 Star (いいね)
Loading...

【拡散希望】小室等さん、こむろゆいさんライブのお知らせ♪

ゆめ風基金の代表呼びかけ人・小室等さんのライブが大阪府大東市で開かれます!

「憲法週間記念のつどい 小室等・こむろゆい~いま生きているということ
トーク&コンサート」

日時:2017年5月12日(金)午後7時開演(午後6時30分開場予定)
場所:サーティホール 大ホール(JR学研都市線住道駅から500メートル)
定員:1200人
要約筆記・手話通訳あり
オープニング寄席は、笑福亭鶴笑(しょうふくてい かくしょう)さん!!
なんと無料ですが、入場整理券が必要です!
お問い合わせは、大東市人権室へお願いします。
電話 072-870-0441
FAX 072-872-2268
チラシは⇓

20170512大東コンサート

大東市のいろんなところで入場整理券を配布しているようです。
いろんなイベントにお越しいただいているのですが、事務局は、裏方でバタバタ・・・
この日は、じっくり、ゆっくり音楽と語りを堪能しようと思います。
会場でお会いできますように・・・

 

 

 

1 Star (いいね)
Loading...

坂田明さんライブ~名古屋方面のかた、是非!

名古屋方面の皆様!

坂田明さんのライブが、今日、19日、ドルチェ・アートホールNagoyaで開かれます!

2017 サカマジチラシ 「坂田明とまじめな仲間たち2017年ツアー!!」

場所:ドルチェ楽器名古屋店(名古屋市中区栄2-2-35)

入場料:一般前売り 3000円 / 一般当日3500円

電話:050-5807-3564

昨日は大阪でライブがあったようですが、残念ながら私たちは行けず・・・

とっても楽しそうなライブですので、お近くのかたは是非!

1 Star (いいね)
Loading...

【拡散希望!】7月15日イベントのご案内【転送転載大歓迎!】

201707_15裏面いつもゆめ風基金を応援してくださる皆様、ありがとうございます。

今年も、近畿ろうきんさんと

「ゆめ風であいましょう in大阪」感謝と希望のつどいを開きます。

「熊本地震から1年、東日本大震災から6年。ありがとう。 そしてこれから」

被災障害者を支援する「サポートV」報告会として、

東北からは二本松市の「コーヒータイム」理事長の橋本由利子さん、

熊本からは、元熊本学園大学講師・吉村千恵さんをお招きし、被災地の「今」を語っていただきます。

そして、テレビでおなじみ、全盲の落語家として活躍中の桂福点さんの落語もお楽しみいただこうという企画です。

201707_15チラシ.

201707_15裏面

日時:2017年7月15日(土)

場所:ろうきん肥後橋ビル12階メインホール

開場:13:30~

開演:14:00~

参加協力費:1500円。障害者1000円、介助者1000円。

全席自由席・手話通訳あり。

事前にゆめ風基金へお申込みください。

申し込み&お問い合わせ先

認定NPO法人ゆめ風基金
電話:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662
mail:yumekaze@nifty.com

皆様のお越しをお待ちしています!

 

1 Star (いいね)
Loading...

「防災リーダー養成講座」開催のお知らせ

ゆめ風基金では以下の「防災リーダー養成講座」を行います。

関心のある方のご参加をお待ちしています!

また、SNSなどで、お知り合いや色々なところでご紹介いただけたらと思います。

——————————————————-

「障害者防災リーダー養成講座」

●ゆめ風基金では、これまで、大規模災害時に障害者支援を行ってきましたが、昨年の熊本地震を見ても、災害時に障害者が取り残される状況は何ら変わっていません。

また、災害時にボランティアセンターはすぐに立ち上がるものの、障害者の支援を行うには専門的知識が必要とされ、ボランティアセンターで障害者支援を行うのは難しい現状があります。ゆめ風基金では東日本大震災で岩手、宮城、福島の3カ所において現地団体と協力し、「被災地障害者センター」を立ち上げ、また熊本地震でも同様の支援センター立ち上げを行い、運営のノウハウや資金の提供を行ってきました。

今後の大規模災害を考えるとき、ゆめ風基金だけでは力不足なところもあり、障害者支援センターの立ちあげや役割などについて、多くの人に学んでもらおうと今回の講座を企画しました。皆様の参加を是非、お待ちしています!

日時 : 6月22日(木) 10:30~16:00

場所 : 国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)

〒590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-8-1 (泉北高速鉄道「泉が丘」下車すぐ)

― 講師 -

八幡 隆司(認定NPO法人ゆめ風基金 理事・事務局長)

水谷 真(社会福祉法人AJU自立の家、わだちコンピュータハウス所長)

対象 : 障害福祉サービスに携わっている方、自立生活センターに関わっている方、または被災地障害者支援センター運営に関心のある方

参加費 :1000円(資料代)

定員: 80名(定員になり次第締め切らせていただきます)

【プログラム】

10:30 被災地に求められるもの

11:20 休憩

11:30 被災障害者センターの運営について

12:30 休憩

13:30 グループワーク

被災地障害者センターのニーズについて

14:50 休憩

15:00 まとめ、質疑応答

16:00 終了

主催:認定NPO法人 ゆめ風基金

共催:国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)

 

申込・問い合わせ先

認定NPO法人ゆめ風基金

〒533-0033大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL 06-6324-7702 FAX 06-6321-5662

http://yumekaze.in.coocan.jp/

yumekaze@nifty.com

 

 

申込にはお名前、ご住所、連絡先、障害の有無、介助者の有無、必要な支援の有無(アリの場合は具体的な内容)を記入の上、メール、FAXまたは郵送でゆめ風基金まで申し込んでください。

チラシはこちら

https://1drv.ms/f/s!Al9DdbTbUMsnoTNIjuicdymtq6NT

—————————————————————————————–

 

●また「BCP研究会」も毎月第4水曜日午後7時から「日常生活支援ネットワーク・パーティパーティ」で行っております。こちらも関心のある方は、ゆめ風基金までお問い合わせください。

1 Star (いいね)
Loading...

「桜まつり」にお邪魔してきました!

4/1に・・・・

先日のブログでもお知らせしていた、東淀川区の「桜まつり」に行ってきました!
むくのき学園5年生のみんなが、柴島高校内での展示コーナーに「防災グッズ」を出していると聞いて、これは見なくっちゃ!と。

むくのき学園のみなさんとは、4年ほど前から、その年の5年生に「障害について」とか、 「UDってなに?」とか「避難所運営ゲーム!やってみよう!(HUG)」などの授業を何回か、させて頂いてきました。

そして、一連の流れを勉強した後に、小学5年のみんなが考える「防災グッズ」の開発&商品化という、大きな夢と希望が詰まったプロジェクトをずっと実施しています。

手探りの状態で何年か経ち、こんな商品あったらいいなという「UD防災グッズ」を絵にかく、図にする、というところまではいったのですが・・・

なかなか商品化というか「もの」にするのは難しいと思っていました。(ゴメンネみんな)

ところが!
今年は!
なんと!
児童の皆さんが試作品を作って展示していました!

おお!
で、できてる!
どんな商品かは、企業秘密ですので、興味を持った企業さま。
学園に問い合わせしてください!

先生も少しは手伝ったそうですが、ほとんど、児童のみんなで作ったそうです!

最近は、ゆめ風事務所の前を通るときに、誰かいるかな~と覗いてくれたりと「仲良し」になってもらっています。

幼いなりにも精一杯、考え、行動してくれたその「力」は、年を重ね頭の固くなった私に、かなりの刺激を与えてくれたし、桜の開花も見られて、いい新年度の始まりになりました。
こうやって実物をいろんな人に見てもらうと、みんなのやる気もグングンとあがりそうですね!
評判も上々だったようです。

ちっちゃい友達のみんな、これからもよろしくお願いします!
手伝えることは、なんでも(可能な限り)お手伝いします~!

(な)

1 Star (1 votes, average: 1.00 out of 1)
Loading...