第4回ゆめ風であいましょうin大阪<感謝と希望の集い>そして被災地はいま・・

残暑お見舞い申し上げます。

暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

7月15日のろうきんホールの集いから、はや、ひと月。

集いの様子を近畿ろうきんさんが、詳しくレポートしてくださってい

ます。どうぞこちらをごらんください。↓

http://www.rokin.or.jp/event/2017/2308/

☆九州豪雨被災地では、まだまだ泥だし、片付けといった活動が続いています。
神戸のNGO協働センターさんの被災地報告をご紹介します。こちらをごらんください。
http://blog.livedoor.jp/kyodocenter-kyusyugou/archives/3141154.html

被災地障害者センターくまもとも、震災後1年4ヶ月が経過した今も救援活動を続けています。
8月はじめの報告です。↓

【聴覚障害のある方の一軒家の片付け一旦終了】
半壊の一軒家が8月に解体されるということで、聴覚障害のある方から4月に片付けの依頼があり、本日終了しました。片付けに入った回数は13回、ボランティアの延べ人数は45人になります。
昨年の地震の後、避難所が分からず余震が続く中一週間家におられたこと、一週間後に民生委員が来て、家のすぐ近くに避難所があることを初めて知ったこと、家族三人が40年住んだ家をほぼ一年間一人で片付けていたが全然進まなかったこと・・。お話が好きな方で、子どもの頃の話や仕事の話などいろいろしてくれて、楽しい時間を共有しました。
今後の住居については決めかねていらっしゃいます。老人ホームに入ろうか、生まれた土地に戻ろうか・・。みなし仮設の期限はあと一年と迫っています。自然災害により突然人生が変わり、前が見えずに立ち止まっていらっしゃいます.
※写真は、二枚目が片付け前、5枚目が片付け後の様子。最後の写真は庭のモチモチの木と高砂百合、後二~三日で咲きそうです。

写真はこちらをごらんください。
https://hisaitikumamoto.jimdo.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です