中学生プロジェクト 摂津二中 先生方の人権講習会に参加しました。

中学生プロジェクト
摂津二中 先生方の人権講習に参加しました。

障害者を招いて、毎年、避難訓練に取り組んでくださっている二中の先生方。
年一度のこの取り組みを、もっと充実させたい互いの願いから
うちの牧口理事長と応援センター理事の福島さんをゲストに人権講習会。
障害者の本音を少しでも知ろうと
まずはNHK放送のパリバラ・「感動ポルノについて」をみんなで観覧した。

―注 「感動ポルノ」は、障害者が障害を持っているというだけで、あるいは持っていることを含みにして、健常者が「感動をもらった、励まされた」と感じる場面を表わすステラヤングという女性障害者か考えた新語であるー

ちなみに、この言葉が世に出始めたころ、私は感動ポルノを官能ポルノとしばらく聞き違えていた。ステラヤングとは大違いだ。
こんなことを知ってか知らずか、観覧後、牧さんは「障害者と一口に言うても、全然違うんよね。今日はポリオの僕と脳性麻痺の福島さん・福本さんとの違いを話しながら進めますね。まずは僕から・・・僕が生まれたのは、障害者が不具者 かたわものと言われた時代。この言葉があったころの日本は、差別という言葉さえなくて石も投げられた。でも、それは僕を知っている人はしない。僕を知らないからだ。と耐えられた。それより悲しかった記憶は、僕の頃は就学免除っていうのがあって、障害児は学校に来るなと言われた。おふくろも僕をおぶって学校に連れて行ったんだけど、あかん言われたみたい。その日の帰り、おぶった背中が震えていた。泣きながらの母のうなじが一番悲しかった。福島君は?」

「小さいころ、最初の悲しかった出来事は夜に・・・僕だけ遊べなかったこと。必死で行きたい、なんで?って言うんだけど、親は迷惑かけるやん。これ以上迷惑かけたらあかんと」「これ以上ってな。で、そのあとは?」と牧さんは突っ込む。
「僕 四国の田舎で大きくなったんです。それもあって、高校卒業後は施設か在宅の選択しかなかった。で、どっちも嫌で受験して大学に。やったーですよ。で、卒業して企業就職は体力的にも難しいかと思って、現在にいたってます」福本さんは?
「私はずっと大学まで普通校でもまれて育って、就職活動もしたんだけど この時ことごとく落とされて、ゆるーいところで⒉年足らず働いて、ひそかに結婚をもくろんで寿退社です。ですが・・・死別で主婦廃業。でゆめ風基金職員五年目です」

「僕一回聞きかったんだけど、二人は、中学生と避難訓練していて、子供の言葉や視線ってどうなん?子供って正直やん」
「正直ですね。僕ここではないですけど、歩いてて、子供からーふらふらダコーや言われて、うわって思った。でも、だから逆にこちら側のありのままを受け止めてくれる気がします」さすが―福島さん、えっ?私
「子育てしている間はもーう必死で・・・でも、いまは関わり方がわかりにくい。もう○○ちゃんのおばちゃんじゃないし、環境も子育てしていた時代と違うしね」障害者と一緒に何かをした経験がないと、間違ったイメージが植え付けられる。正しい想像も育たない。
初めて中学に行ったとき、生徒さんに「リアル障害者」と言われ、驚いた。「そうやでー。バーチャル違うで、貞子とも違う、ちなつ」と言ったら、一瞬きょとんとして、笑った。伝わっている気がした。
そのことを思い出していたら「福本さんは言葉の壁は感じてない?」と牧さんからの質問が飛ぶ。「そんなん、しょっちゅうです。今もあー話せたらなって思ってる」「けど、中学生と避難訓練したら、帰りにはちなつさーん、ばいばいって」うふふ、。それは「言葉は相性もあるし」私理詰めなんてできないので、大人じゃない安心感みたいなものがでているんじゃ。社会人としては(・・?なんですけど。

本日もみなさんとお勉強させていただきました

ふくもとちなつ

 

1 Star (1 votes, average: 1.00 out of 1)
Loading...

中学生プロジェクトのご報告

摂津二中で、「中学生プロジェクト」に参加しました!
ゆめ風基金では数年前から、「中学生プロジェクト」を行っています。
これは、昼間、何かあったとき、地域にいるのは中学生じゃないか・・・?
ならばその「力」を借りて、障害者も生き延びよう!一緒に避難訓練しよう!と始まったワークショップです。
それは「障害」についての理解を深めてもらう「事前学習」を行い、いろんな障害について、当事者が生徒さんに話します。
視覚障害者、身体障害者、盲聾者・・・。
その後、障害者と一緒に「避難訓練」をやります。
先日は、摂津市で「中プロ」やりました!
以下、そのご報告です。


「はじめまして!
突然ですがクイズです。
今日私がマスクをしている理由は
『1.カゼ、2.ギョウザ、3.感染』と、教室に入り黒板に書きだす。
摂津二中・三年生のクラスで「避難訓練の事前講習」に今年も招いていただいた。
持ち時間も20分なので一瞬で教壇に集中してほしい。
「はい、3択です。風邪だからマスクをしていると思う人、手を挙げてください」と必死で呼びかける。
大半の手が伸びる。
「はい、昨日私はギョウザ食べて匂うからだと思う人は?」には笑いながら「はい」手があがる。
「では最後。えー私の障害が空気感染するからと思う人は?」
何食わぬ顔を装い聞いてみる。
二クラスの中で一人だけこれを選んだ。
「すっ、すごい!あなたはみんなの前でたった一人の自分の意見が言える。でも、正解は二番のギョウザでした。おばさんの障害は脳性まひという名前がついていて、空気感染はいたしません。安心してください」
「あっはは! ギョウザやったんや!」
そうそう、人の話は聞いてみないとわからんもんでしょ、と、自己紹介から始まり、避難訓練時の注意事項を話す。
「ご協力お願いしますね。
で、勇気あるあなた、いつかおばさんと握手などをしていただけたら嬉しいです。」と、授業を終えようとした。
誰かが声をかけてくれている。
「えっ何」、と、聞き返す。
ある生徒さんが「いつ握手してくれるんですか?っていうてはる」
微妙にニュアンスが違う女の子の通訳が入る。
「そっ、そんなこと言ってないよ。大人になって機会があればの話です。皆さんの優しさに感謝します。当日もよろしく」という私の目の前に、なんとわざわざ席を立ち、照れくさそうに手を出してくれたのは「感染」に手を挙げた子だ。
「うわ!!!」
私のほうがビビッてしまい、おそるおそる動く人差し指一本だけ出す。
避難訓練の当日は、言うまでもなく、命を託される側・託す側の関係ではなく、命を支え合う避難訓練になりました。
はじめて出会った、少しキャラが違う大人と車いすでの移動、互いに不安ではあるけれど笑顔が絶えない冬の体育館でした。
(福本 千夏)

1 Star (2 votes, average: 1.00 out of 1)
Loading...

大阪市東淀川区「小中一貫校 むくのき学園」でHUGをやりました!

毎年、ゆめ風事務所近くの小中一貫校 むくのき学園では、5年生に「①障害って?UD(ユニバーサルデザイン)って何?、②避難所に配慮が必要な人が来たら?~小学生版HUG(避難所運営ゲーム)、③防災グッズ開発企画、この3つを通して福本と長崎が交流しつつ、「総合(人権)学習」を行っています。
11月12日(土)、福本と二人でお邪魔してきました。
ちょうど参観日のようで、大人や兄弟・姉妹もたくさん正門から入ってきます。
一回、顔合わせ授業も済んでいるので「イエ~イ!」のハイタッチもスムーズです。
今回は、電子黒板とタブレットを使い、万一のときにこの小学校に避難してくる人を、体育館のどのあたりで避難生活してもらうか、を考える「小学生版HUG」です。
(大人版には、校庭や教室も用意します)
先生がたが、毎年、「小学生版HUG」を作ってくれるのですが、
電子黒板とタブレットの2つを使うのは今回が初!
いまだにガラケーで通話(私はタブレット持ちですが・・・)している二人、驚くばかりです。
大人用は、住民が避難所運営するのが一番良いし、災害発生直後は行政も駆け付けるのが難しい、ということで、たくさんの想定質問、例えば、避難所を住民で運営するのに、どんな班が必要か、その人数は?シフトは?
配慮が必要な人へはどう接する??など、90分ほどみっちりと考えて頂きます。
(参考資料は ゆめ風 HP
防災資料 HUGここからご覧いただけます)
先生がたが、事前に、配慮が必要な人のイラストアイコンと体育館の図面をタブレットへ登録。
4台のタブレットを合わせて1つの画面にし、妊婦さん、赤ちゃんを連れたお母さん、怪我をしている人、車いすの高齢者、ペットを連れた人、視覚障害があり盲導犬を連れている人、車いすの身体障害者、音が苦手な人、じっとしているのが苦手なこども、など
どこにいてもらえば、より楽に避難生活が送れるか、をこどもたちなりに、一生懸命考えてくれました。
子供ゾーンがあったら元気な子たちが遊べるよね、とか、即席の点字ブロック作ろう、とか、私たちが思いもしなかった発想が出てきて、「子どもの力っていいね」と福本と感心しきり。
授業参観日ということもあって、保護者のかたがたも一緒に考えてくださっていました。
私たちも、たくさん刺激をもらってとてもいい日になりました。
皆さんも一度やってみませんか?
お問い合わせは「ゆめ風基金まで!!

1 Star (1 votes, average: 1.00 out of 1)
Loading...

中学生プロジェクト(避難訓練本番)

12月1日 摂津二中での
中学生プロジェクト(避難訓練本番)に、
特定非営利活動法人 おおさか行動する障害者 応援センター
コチラ
盲ろう者の支援団体 手と手とハウス コチラ のみなさまと共に招かれました。
s-校長室で待合中
校長室で集合です。
お腹にエネルギーを入れながら・・・
「がんばりすぎぬよう」と、声を掛け合います。
・緊張する~。でも緊張感も楽しんでしまおう!
s-教室まで案内s-教室でディスカッション
各教室で避難時の注意すること・避難経路の
確認をします。
一生懸命に考えて、わかりやすく説明してくれました。
s-避難訓練開始
さあ・避難訓練開始です。
車いすに座るときには、
体勢やクッションの位置まで・・・
生徒さんの優しい心づかいがうれしかったです。
s-階段避難
日常生活で、人を支えることなんてないだろうに・・・。
安全にたのもしく階段もおろしていただきました。
s-体育館まで
避難場所の体育館まで
「車いすっって結構重たいんやな。ちょっとの傾きでもゆれるねんな。
 段差は、どうやってあげるの?」と、
 キャスターやストッパーの使い方を
 ご伝授させてもらいました。
s-終了後のディスカッション
 
はい。到着。みんなで今日学んだことの報告です。
私に言語障害といわれる言葉に一番おつきあいいただいた
生徒さんも、突然、報告の指令をうけて (-_-;)
人前で急に話すってほんと大変だあ。
でも、体育館でのあなたの声は、ずっと心に残ります。
「今日は、無事おわってよかったです。
 また、来年もお会いしたいです」
 若い力を信じる力が、我々に託されていることなんですね。
 みなさん、ありがとうございました。
 ーby ふくもと ちなつー
 

1 Star (いいね)
Loading...