イベントご案内

ゆめ風に情報を寄せてくださる、神戸「眼の会」の榊原さんから拡散依頼です。
下記イベント案内です。

~~転載ここから~~

参加者募集のご案内
兵庫県「みんなの声かけ運動」協賛事業 みなさま方の温かい支援を心待ちしています。

視覚障害者は、なかなか声に出してのお願いが言えません。
みなさまも、なかなか声のかけ方が解らないかもしれません。

下記のように、あらゆるシーンで困っています。
そんな時、温かい声をかけていただき、安心できる支援をしていただける社会になっ
て欲しいと期待しています。

例えば・・
屋外では:道路上、歩道上、交差点、踏切、バス停 等々。
屋内では:駅ホーム・構内、病院内、公共施設内、ショッピングセンター、各所トイ レ 等々。
災害時では:避難所まで避難する時、避難所内 等々。
まだまだ困っているシーンはたくさんあります。そんな時、皆様方に温かい声をかけていただき、支援をしていただければ「安心」「安全」の確保ができます。でも、間違った支援をされるとそれは、一転して「恐怖」となります。視覚障害者について、正しい理解と、安全な支援法を学んでいただき、私たちが困った時に、「安心」「安全」を与えて下さい。

★医療・福祉・介護・行政等の従事者の方、学生、ボランティア、自治会の方、また、当事者のご家族・友人・知人の方、その他感心を持っていただける方、皆様方の積極的なご参加をお待ちしています。

★当事者の方を対象とした、誘導のされ方の実技指導も併せて行います。

■視覚障害者の理解と支援法研修会■
~~より 安全な 誘導のしかた、されかた 研修会~~
支援者の方には、より安全な誘導法を、当事者の方には、より安全な誘導のされ方を
学んでいただきます。
また、今回は、兵庫県みんなの声かけ運動が取り組んで作成した駅ホームでの視覚障
害者への声かけDVDを見ていただきます。

◆日時:10月22日(日)10:00~15:30(受付9:30より)
◆会場:神戸市立東部在宅障害者福祉センター 2F多目的ホール
神戸市灘区岩屋北町6-1-4(JR灘南隣接、阪神岩屋北へ徒歩2~3分)
◆主催:眼の会
◆共催:神戸センチュリーライオンズクラブ
◆参加費:無料
◆講師:山口規子先生(歩行訓練士) 小林 哲夫先生(同行援護講師)
◆定員:支援者 30名程度
視覚障害者 10名程度
*どちらも先着順。
◆申し込み締め切り日:10月15日
「注意」支援者の方には、食事の支援法も学んでいただきますので、各自昼食をご用
意下さい。(近くにコンビニがあります。)
■問い合わせ・申し込み先■
眼の会:担当 榊原(さかきばら)
TEL/FAX:078-921-5489(神戸眞鍼道治療室内)
Eメール:bugpw104@hi-net.zaq.ne.jp
~~ここまで~~

 

1 Star (いいね)
Loading...

見ることに不自由さを抱えている方の為のユニバーサル機器展ご案内

いつもゆめ風に情報をくださる「眼の会」榊原さんから、下記のお知らせを頂きましたので、皆様、お時間のあるかたは是非!

ここから転載

《第7回》 見ることに不自由さを抱えている方の為のユニバーサル機器展開催のご案内

来て驚き!!  見て衝撃!!  使って感激!!の機器を展示します。

視覚障害者以外にも、見る事に不自由さを抱えている多くの方があります。
当事者の方はもとより、当事者への情報提供に協力いただける方々も対象とした機器展を開催し、多くの当時者の日頃の生活の不自由さを改善し、より快適な暮らしができるようになる事を目的とします。
今回は、今話題の新製品の「視力がなくても見える装置」、「活字を読み上げるメガネ」の展示が実現しました。
また、特別展示として、大阪大学方式の人工網膜システム《人工視覚システム》の展示も行います。

その他、♪楽しい♪ “役立つ”イベントも予定しています。
皆様方のご来場、お待ちしています。

・日時:平成29年9月3日(日) 10:00~15:30
・会場:兵庫県立福祉のまちづくり研究所 1Fホール・他
    神戸市西区曙町1070 兵庫県立総合リハビリテーションセンター内
・主催:眼の会
・共催:兵庫県立福祉のまちづくり研究所
・協力:兵庫県社会福祉事業団 兵庫県立総合リハビリテーションセンター
・後援:兵庫県 神戸市 日本福祉のまちづくり学会関西支部 
 KOBE WEST NET(西区自立支援協議会)
・出展ブース:21
・入場無料 

■同時開催イベント紹介。◆は、事前申し込みが必要です。
《タンデム自転車体験会》体験時間:10:30~12:00・13:30~15:00 
・毎回大好評!!二人乗りの自転車です。視覚障害者が後ろに乗ります。心地よい風
を全身で感じてください。

◆《ドコモ・ケータイお役立ち講座》 協力:NTTドコモ  
定員:各14名。1回目:13時より  2回目:14時より  
・主に視覚障害者の方が対象です。スマホにチャレンジしてみませんか?

◆《視覚障害者の理解と支援法講習会》 定員:20名程度 
時間:10:30~12:00 講師:山口規子氏(歩行訓練士)  
・一般の方が対象です。視覚障害の体験と、視覚障害者のサポート方法等について学
んで下さい。お一人様からご家族様まで、お気軽にご参加下さい。

■出展商品・出展業者・施設紹介■
《特別展示 人工視覚システム》 出展 (株)ニデック 
《特別展示 見てのお楽しみ》 出展 兵庫県立福祉のまちづくり研究所
《視力がなくても見える装置》 ★㈱QDレーザ 
《活字を読み上げる眼鏡型端末》★㈱OTON GLASS 
《拡大読書器・音声拡大読書器・他》 ★㈱タイムズコーポレーション ★㈱尼崎眼鏡院 メガネのアマガン 
《交通音響システム》 ★㈱エクシオテック 
《白杖・便利グッズ》 ★(有)ジオム社 ★NPO法人 黄色い小旗の会 ★生活協同組合おおさかパルコープ さざ波 ★㈱西無線研究所 
《バリアフリー建築・点字ブロック・歩行誘導ソフトマット》 ★㈱アーサ ★錦城護謨㈱★㈱タナベ ★田島ルーフィング㈱ 
《携帯電話》 ★㈱ドコモCS関西&ドコモショップ明石店
《遮光レンズ》 ★東海光学㈱ 
《生命保険》 ★ソニー生命保険㈱ 
《相談コーナー》 ★神戸視力障害センター ★兵庫県立聴覚障害者情報センター★ひょう ご盲ろう者支援センター

「交通」JR・山電明石駅南③番乗り場より乗車。玉津曙下車(約12分)。玉津曙バ
ス停~会場までボランティアを配置します。(10時~15時)

※本事業をはじめ、眼の会の取り組みが評価され、平成28年度 神戸市市民福祉顕
彰奨励賞と神戸市社会福祉協議会 理事長感謝状を受賞しました。

■お問合わせ・お申し込みは、8月1日から下記で承ります。■
眼の会 担当 榊原(さかきばら)
TEL/FAX:078-921-5489(神戸眞鍼道治療室内)
Eメール:bugpw104@hi-net.zaq.ne.jp
神戸市社会福祉協議会フェスピック助成事業
~~ここまで。~~
1 Star (1 votes, average: 1.00 out of 1)
Loading...

7/15「ゆめ風であいましょう in大阪」無事終了しました!その1

 

 

 

 

 

 

 

7月15日(土)、年に一回、近畿ろうきんさんとの協働イベント「ゆめ風であいましょうin大阪」が、ろうきんホールで行われました。

会場は満員のお客さま。熱気で冷房も効きにくかったりして、ご迷惑をおかけしました。

まずは、近畿ろうきん 山下理事長のご挨拶。(写真上部)
今年で4回目となった「サポートV報告会」。
このサポートVの説明もしていただきました。
そもそも・・・

東日本大震災 復興支援定期預金「サポートV」とは

「毎年3月末の残高をもとに寄付金を算定し、2021年3月末までの10年間にわたって、近畿ろうきんから寄付を行う社会貢献預金です。寄付先団体は、各被災地において、震災遺児支援を行っている「あしなが育英会」と被災障害者の支援を行っている「認定NPO法人ゆめ風基金」・支援の手が届き難い社会的弱者を直接支援しています。これまで6年間で1億2,210万円の寄付金を届け、10年間では1億5,690万円を見込んでいます。」

ゆめ風基金にも2012年から6年間で6100万円を越える支援金をくださっています。
このお金で延べ13ヶ所の障害者が働く場・生きる場などの設置ができました。

改めて深く御礼申し上げます。

次に、ゆめ風基金の牧口代表からも一言ご挨拶。


 

 

 

挨拶は苦手・・・と言いながらも、最近お気に入りの前掛けをつけて、暑い中お越しくださった皆様へ一言。

 

ここからは東日本大震災の被災地報告です。
最初は、あしなが育英会さんの「東北訪問記」。(写真上)
ご自身、親御さんを亡くされ、育英会の支援を受けながら今は大学生活を送っている西村さんは、「あしなが育英会東北レインボーハウス」の視察や震災遺児について報告。
『遺児、遺族の心の痛みが色あせることは一生ない』との言葉は痛みを伴って、深く心に刻まれました。

続いてゆめ風基金の報告は長崎が。

 

 

 

 

 

 

2016年度に頂いた1055万円が
①福島県二本松市のNPO法人コーヒータイム移転費用に500万円
②福島県いわき市のNPO法人なこそ授産所グループホーム新築費用に500万円
③岩手県宮古市NPO法人結人(ゆいっと)の放課後デイサービス用事業所をバリアフリーにする工事へ55万円

以上三か所に使わせて頂いたことを写真入りで報告しました。
それぞれの建物には、このようなプレートが貼られています。

 

 

 

 

 

20年、30年と語り継がれていく支援の証。
息の長い支援は、ありがたいことです。

そして、今日のために前日から大阪入りしてくださった、福島県二本松市のNPO法人コーヒータイム 理事長の橋本さんから、現在の福島についての報告が行われました。


 

 

 

 

 

あの震災時、原発事故のため、浪江町から二本松へ避難してきたご苦労、今ある偏見、ふるさとへの思いなど、やはり被災地のかたにお話頂くことの大事さを実感しました。

一つお詫びを・・・。
会場に痰吸引されていたかたが来られていて、私、恥ずかしくも工事の音と勘違いしてしまいました。
当事者のかたを傷つけてしまい、本当に申し訳なかったです。
心からお詫び申し上げます。

その2に続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 Star (1 votes, average: 1.00 out of 1)
Loading...

7/12 おおさか災害支援ネットワークに参加しました!

7/12日、なんばIサイト(アイサイト)で、「第10回 おおさか災害支援ネットワーク」が開かれました。
大阪府内の企業や社協、ボランティア団体などが集まり、日ごろから連携を取りあい、災害が起こった場合には、それぞれの特徴、特技を活かすネットワーク作りが目的です。

ゆめ風からは、私・長崎と、東が参加しました。
今回は、22団体が持ち時間12分で自分たちの活動をプレゼンテーションしました。
(参加団体はもっとありました)

なんとなく活動をしているのは知っているけど・・・という団体の概要を詳しく知るいい機会でした。

ちょうど九州豪雨災害の直後でしたので、いち早く現地に入った団体からの報告は、皆さん、食い入るように聞き入っていました。

改めて、災害はいつどこで起こるかわからないからこそ、日ごろの連携=顔の見えるつながりが大事だと確認し合った会合でした。

次回の開催は未定ですが、皆さんも良かったら参加されてはいかがでしょう??
新たな団体や活動の連携ができるかも!

 

 

1 Star (1 votes, average: 1.00 out of 1)
Loading...

【再掲】7月15日「被災地の今」&桂福点ライブ!

いつもゆめ風基金を応援してくださる皆様、ありがとうございます。

再びのお知らせです。

今年も、近畿ろうきんさんと

「ゆめ風であいましょう in大阪」感謝と希望のつどいを開きます。

「熊本地震から1年、東日本大震災から6年。ありがとう。 そしてこれから」

被災障害者を支援する「サポートV」報告会として、

東北からは二本松市の「コーヒータイム」理事長の橋本由利子さん、

熊本からは、元熊本学園大学講師・吉村千恵さんをお招きし、被災地の「今」を語っていただきます。

そして、テレビやラジオでおなじみ、全盲の落語家として大活躍中の桂福点さんの落語もお楽しみいただこうという企画です。

いま、福点さんが作った「駅で落ちない落語」という、視覚障害者の駅ホーム転落事故を防止する創作落語が、各所で話題となっています。
当事者だからわかる、あるある~感たっぷりの落語&漫談をお楽しみください。

201707_15チラシ.

201707_15裏面

日時:2017年7月15日(土)

場所:ろうきん肥後橋ビル12階メインホール

開場:13:30~

開演:14:00~

参加協力費:1500円。障害者1000円、介助者1000円。

全席自由席・手話通訳あり。

事前にゆめ風基金へお申込みください。

申し込み&お問い合わせ先

認定NPO法人ゆめ風基金
電話:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662
mail:yumekaze@nifty.com

皆様、被災地の「今」を知ることも、支援につながります。

お知り合いなどお誘い合わせの上、お越しくださいませ!

ご来場を心からお待ちしています!

1 Star (いいね)
Loading...

豊能障害者労働センター  みんなでつくる みんなのバザー

「つながっとこ。日頃から♡」

5月13日土曜日は、毎年恒例となっている「豊能障害者労働センター」春のバザー!
行ってきましたよ♪

ここをご存じでないかたに少し説明を・・・。

豊能障害者労働センターは、今も、『障害者をとりまく状況は、制度が整ったように見えるだけではないか?』という疑問を信念に持ち続け活動している。

多くの障害者は「労働者」ではなく「利用者」として福祉サービスを受ける対象という位置づけにとどまっている。

現状、「就労支援」や「職業訓練」を経て一般就労する障害者はほんの一握りである。
福祉の制度内にとどまらず、地域で自立して生活していけるだけのお金を稼ぐことを障害者と健常者と共に33年間模索し続けている。

この団体が、自分たちが住む地域で、いろいろな団体と一緒に、年に一度バザーとステージイベントを催している。それが「春のバザー」

5月13日土曜日。
あーあ。連休中続いた晴天も、この日は朝からどしゃぶりだった。
加えて、会場の近所に住む介護者が、バザーイベントの決行を確かめに行くほどの横なぐりの風。

だかしかし・・・彼女が迎えに来た午後、雨はやみ風も暑さしのぎに吹いていた。すごっ!

行くぜー。
会場には顔見知りがいっぱい!
一年に一度、七夕のような出会いをはたす。
それぞれの事業所は、日々の取り組みに精いっぱいだ。
互いに気にしながら再会を果たせない方々の顔を見るのはうれしい。
連絡先が変わっていないか確認して、また近々ゆっくりねーと言いながら、やっぱり会うのは来年の五月になるんかなー。

それまで、自分の場所で、がんばりすぎずに、ふんばろな。     by ちなつ

1 Star (いいね)
Loading...

【拡散希望】小室等さん、こむろゆいさんライブのお知らせ♪

ゆめ風基金の代表呼びかけ人・小室等さんのライブが大阪府大東市で開かれます!

「憲法週間記念のつどい 小室等・こむろゆい~いま生きているということ
トーク&コンサート」

日時:2017年5月12日(金)午後7時開演(午後6時30分開場予定)
場所:サーティホール 大ホール(JR学研都市線住道駅から500メートル)
定員:1200人
要約筆記・手話通訳あり
オープニング寄席は、笑福亭鶴笑(しょうふくてい かくしょう)さん!!
なんと無料ですが、入場整理券が必要です!
お問い合わせは、大東市人権室へお願いします。
電話 072-870-0441
FAX 072-872-2268
チラシは⇓

20170512大東コンサート

大東市のいろんなところで入場整理券を配布しているようです。
いろんなイベントにお越しいただいているのですが、事務局は、裏方でバタバタ・・・
この日は、じっくり、ゆっくり音楽と語りを堪能しようと思います。
会場でお会いできますように・・・

 

 

 

1 Star (いいね)
Loading...

坂田明さんライブ~名古屋方面のかた、是非!

名古屋方面の皆様!

坂田明さんのライブが、今日、19日、ドルチェ・アートホールNagoyaで開かれます!

2017 サカマジチラシ 「坂田明とまじめな仲間たち2017年ツアー!!」

場所:ドルチェ楽器名古屋店(名古屋市中区栄2-2-35)

入場料:一般前売り 3000円 / 一般当日3500円

電話:050-5807-3564

昨日は大阪でライブがあったようですが、残念ながら私たちは行けず・・・

とっても楽しそうなライブですので、お近くのかたは是非!

1 Star (いいね)
Loading...

【拡散希望!】7月15日イベントのご案内【転送転載大歓迎!】

201707_15裏面いつもゆめ風基金を応援してくださる皆様、ありがとうございます。

今年も、近畿ろうきんさんと

「ゆめ風であいましょう in大阪」感謝と希望のつどいを開きます。

「熊本地震から1年、東日本大震災から6年。ありがとう。 そしてこれから」

被災障害者を支援する「サポートV」報告会として、

東北からは二本松市の「コーヒータイム」理事長の橋本由利子さん、

熊本からは、元熊本学園大学講師・吉村千恵さんをお招きし、被災地の「今」を語っていただきます。

そして、テレビでおなじみ、全盲の落語家として活躍中の桂福点さんの落語もお楽しみいただこうという企画です。

201707_15チラシ.

201707_15裏面

日時:2017年7月15日(土)

場所:ろうきん肥後橋ビル12階メインホール

開場:13:30~

開演:14:00~

参加協力費:1500円。障害者1000円、介助者1000円。

全席自由席・手話通訳あり。

事前にゆめ風基金へお申込みください。

申し込み&お問い合わせ先

認定NPO法人ゆめ風基金
電話:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662
mail:yumekaze@nifty.com

皆様のお越しをお待ちしています!

 

1 Star (いいね)
Loading...

永さんをしのぶ集い 大盛況!!

 右向いて左向いた瞬間にここがどこかわからなくなるチョー方向音痴の福本。

加えて、知らない道は、どこがどんなふうにへこんでいるか出張っているかもわからず、少し動くのも、歩くのも危ないことをようやく自覚。
電動車いすは、若いころ何度かチャレンジしてみたものの、どうも私は根っからの運動音痴らしい。畑に突っ込んだり、エレベーターに入ったものの出れなくなったり、まあ動くアクシデント。

で、家族の愛もも車もなくなり、ヘルパーさんやら同僚さんの理解と協力と動力で、車いすを押してもらっての移動が今のスタイル。ますます、道が覚えられなくなり、滅多に行かない東京のJR、私鉄、地下鉄、もろもろ大迷宮のよう。

春日部ってこんなに乗り換えせなあかんかったんやー。
大阪に来はるの、大変やったんやと実感。

ゆめ風ネット埼玉の「わらじの会」主導でゆめ風総会をし、翌26日カタログハウス共催での 永六輔さんを偲んでの、ゆかりの方々のトーク&ライブ

小室等さん、中山千夏さん、坂田明さん、オオタスセリさん、李政美さん、こむろゆいさんの「上を向いてあるこう」「いい湯だな」のアンコール合唱は、ぞぞぞトリハダが・・・。

出演者さん、裏方さん、雨の中来ていただいた満席のお客様に感謝して、スタッフさんもひょうたん島のボランティアさんもライブ最後の感動の瞬間はいっしょに♡(ちなつ)

1 Star (いいね)
Loading...