本日『SOSにこたえたい!―熊本地震救援報告』第2版が完成しました!

◆『SOSにこたえたい!―熊本地震障害者救援本部2016~2017年報告冊子』
第2版
(74ページ)

発行日:2017年7月22日
発行:熊本地震障害者救援本部
〈大阪事務局〉認定NPO法人 ゆめ風基金
制作・編集:関西実行委員会編集委員会、ゆめ風基金事務局
頒価:300円(税込、送料別)

※お申込み:認定NPO法人 ゆめ風基金
(メール)yumekaze@nifty.com
(電話)06-6324-7702 (FAX)06-6321-5662

・振込用紙同封でお送りします。
・送料は1冊ですと80円です。送料は2冊以上でお安くなります。
・「高すぎる!」という方はご相談ください。

テキスト版、ルビつき版はネットで公開いたします(レイアウトは異なります)。
こちらからどうぞ

いつもゆめ風基金を応援いただき本当にありがとうございます。事務局の東と申します。

この冊子で、今後の災害時の障害者の状況を変えてやるぞ!!
という意気込みで、編集作業をはじめました。実務は関西実行委員会の編集委員会で分担しました。

依然、健常者以上に障害者の命は、災害時に大きな危険にさらされます。
そして、なんと!いまだに大半の障害者は地域の避難所にすら避難できないのです!

この状況をなんとか変えたい!!そんな熱い気持ちでこの冊子は生まれました!

指定避難所・仮設住宅・復興住宅はバリアフリーにしないとダメですし、福祉避難所もすぐ開くようにしないとダメですし、避難行動要支援者名簿はもっと実用性のあるものにしないとダメですし(そもそもバリアだらけの避難所への避難誘導では意味がありません)。
熊本地震でも国、自治体による被災障害者施策はほとんど機能しなかったのです。

以上のような国、自治体による被災障害者支援の課題は、阪神淡路大震災、東日本大震災等、以前の災害でも指摘されてきました。また、2016年4月に障害者差別解消法が施行されましたが、それでもこの差別的な状況は変わっていません

「でも今度こそ変えてやるぞ!」との思いで、多くの方々に読んでいただけるよう、読みやすさにこだわりました。
おかげさまで、初版1,000部は1週間でほぼ品切れとなり、2版が本日印刷完了しました。

先日開催された「障害者防災リーダー養成講座」では講師の水谷真さんからお墨付きをいただき、書店からのお問い合わせもありました。
また現在、各地の障害者事業所などで研修等にご活用いただいています。
本当にありがとうございます。

本冊子が多くの方にご活用いただき、今なお被災した障害者が置かれる差別的な状況を変える一助となるよう心より願っています

今後ともみなさまとともに歩んでいければ幸いです。よろしくお願いいたします。


◆見どころ!

1.熊本地震で被災した障害者へのアンケート!(※熊本障害フォーラム提供)
盲ろう、聴覚障害、視覚障害、肢体不自由、知的障がい、発達障害、難病の方々は、具体的にどのようなことに困ったのか、どのような配慮がほしかったのか、当事者たちの声を4ページにまとめました。

2.支援現場からの声!
 特に、地元障害者団体とともに被災地障害者センターくまもとを設立し、現在でも支援を継続されている被災地障害者センターくまもと事務局長の東俊裕さんの報告(全7ページ)は、ぜひとも読んでいただきたいです!

3.ボランティア報告!
 全国から駆け付けた総勢34名のボランティアからの報告です。現場で障害者と向き合った支援者が、それぞれの視点から書いています。被災以前の障害者の状況や、フクシマ、相模原事件との関連性を指摘されている方もおられ、個性豊かなものになっています。

4.国、自治体への提言(最新版)!
 ここは外せません。障害者救援本部としての国、自治体への7項目19の提言をまとめています。読みやすいよう、「抄録」「ダイジェスト版」「完全版」の3種を掲載しました。
個人、団体で存分にご活用ください。今度こそともに国・自治体の障害者災害対策を変えていきましょう!

5.「被災地障害者センターの設立準備データ」をダウンロードできます!(※第2版限定)
災害が多発する昨今、ゆめ風基金では、被災地障害者センターの設立にあたって必要となる書類などのデータを共有することで、全国での迅速な被災障害者支援に役立てて頂きたいと考えています。

 

◆もくじ(第2版)

挨拶
熊本地震障害者救援本部 共同代表 平下 耕三/佐藤 聡/牧口 一二
関西実行委員会 副代表 渕上 賢治
当事者が行動しないと成り立たない―関西実行委員会  地村 貴士

タイムライン 2016年4月から1年間の活動の経過

被災地からの声
困ったこと!こんな配慮がほしかった!―熊本地震障害者アンケート
網の目からこぼれ落ちる障害者―東 俊裕さん
どんどん街へ出ていきましょう!!―倉田 哲也さん
障害者も避難できる避難所をつくろう!―小出 照幸さん
自分の命を守るのは自分自身―田中 祥啓さん
「障害者は福祉避難所へ」か!?―花田 昌宣さん
熊本学園大学の避難所から学んだこと・伝えたいこと―吉村 千恵さん
お手紙:古閑迫 マキ子さん
地元の障害当事者とともに活動していきたい―作本 誠一さん
役に立ちたい ここにしか居場所はない―山口さん
「全壊」の家に留まるしかないのか!?―Fさんのケース
医療的ケアが十分に受けられず避難移住を決断!―古木 隆さん

ボランティア報告
2016年4月~2017年3月まで総勢34名の報告

コラム
救援募金活動
2017年6月22日 障害者防災リーダー研修(※『被災地障害者センター設立準備データ』 リンク付き)
ボランティアの情報共有手段
ももくり送迎基金
他団体紹介:レスキューアシスト
「被災地支援とジェンダー・性差」を考える座談会
「受援力」

救援本部からの提言
ダイジェスト版/完全版

1 Star (いいね)
Loading...

被災地からのお客さま

6月26日、福島県いわき市のなこそ授産所さんからお客様が!
理事長の高村トミ子さんご夫妻です。

近畿ろうきん「サポートV」の支援を受け、味噌倉庫を改築したり、グループホームを新設したなこそ授産所。

是非、ろうきんさんにもお礼を言いたいとのことで、ご一緒しました。
以前に贈ってくださった感謝状の前で、近畿ろうきん地域共生推進室のお二人(右の男性)とパチリ!
何度も「ありがとうございました、助かりました!」と。

その後は、ゆめ風事務所へと移動。
福島の苦しさ=避難した人が帰ってこない、偏見・差別がひどいこと、などのお話を伺いました。

東日本大震災の報道が少なくなったようにも思えるこの頃。
被災地は、復興への道のりが遠く厳しい現状を多くのかたに知ってほしいと改めて思いました。
7/15、近畿ろうきんメインホールで、被災地報告会を開きます。
東北からは、福島県二本松市のNPO法人コーヒータイム 理事長の橋本さん、
熊本からは、元熊本学園大学講師の吉村さん、そしてゆめ風と一緒に支援を受けている育英会さんからも報告があります。
「忘れない」ためにも、多くの皆様にご参加頂ければ・・・。
(お問い合わせは、ゆめ風基金まで 電話06-6324-7702)

(な)

1 Star (いいね)
Loading...

振込用紙のコメント紹介

ご協力いただいた方々に感謝して・・・

ゆめ風基金に寄付をくださる振込用紙。その用紙にびっしりと書かれた、 4月、5月のコメントをご紹介いたします。

ありがとうございます。

◆3月26日の「永縁」を紡ぐ会 とても心温まるものでした。(さいたま市)

◆はじめての春日部。ばあちゃん2人「これであってる!?」と電車に乗り換えました。クレヨンしんちゃん電車にはびっくりしました。とても楽しい会なのに、涙が出て・・・上かえら永さんが見ていると感じました。Tシャツも購入しました。(東京都小金井市)

◆今年も微力ながら協力でき嬉しく思ってます。(大分県国東市)

◆本「千夏ちゃんが行く」の千夏ちゃん、感動をありがとう。(埼玉県越谷市)

◆日本茶喫茶・ギャラリー「楽風―ラフー」から支援金お送りします。(さいたま市)

◆誰もが自分らしく暮らせる社会をめざして、支えあっていきたいですね。(大阪市平野区)

◆少しづつ続けていきたいです。(東京都江東区)

◆いつどこで災害があるかわからない今。とりあえず何します?とただ悩む日々です。(香川県さぬき市)

◆地域の方々と不用品を持ち寄りバザーをして、いろいろなところへ支援しています。(京都市)
◆毎年心をよせる活動での収益です。(石川県小松市)

◆500円貯金がようやく送れるぐらいたまりました。ぜひ、必要な方にお役立ていだけますように。(山口県下関市)

◆お役に立ててください。細くとも切れないご縁。(東京都日野市)

◆バリアフリー展で活動を拝見し、感動しました。(大阪市西淀川区)

◆困っている仲間たちが少しでも元気になりますように。(北海道旭川市)

◆もうすぐ梅雨に入り、そのあと猛暑の夏がまいります。皆様どうぞ御身体を大切になさいますよう。(大阪市北区)

◆少しですが続けます。(兵庫県神戸市)

◆私自身、心身に病を抱えています。障害のある方や病を抱えていらっしゃる方へり災害支援の一助になればうれしいです。(静岡市)

◆つながりを感じます。すこしでずが、今年も降り込めて幸せです。(埼玉県北本市)
いつもゆめ風通信ありがとうございます。「永縁を紡ぐ」行ってきました。勇気をいただきました。(さいたま市)

◆おじゃまむし。ゆめのようでした。いつでもどこへでもともに。(埼玉県所沢市)

◆風だよりで皆さんとつながっている気がして心が温かくなります。(東京都江東区)

◆被災地では厳しい生活を余儀なくされている方がまだまだ多数おられることでしょうが、明日を信じて、どうぞご自愛ください。(北海道札幌市)

◆永さんの歌が長く永く歌い継がれていくように、ゆめ風の活動もいつまでも障害を持つ方の味方でありますよう。(千葉県船橋市)

◆あらたエコフェスタなどイベントで募ったカンパです。たくさんの方の思いをお届けします。(兵庫県神戸市)

◆お便り、ありがとうございます。がんばってください。(兵庫県尼崎市)

◆心の底から笑える日が来るまで。(大阪府枚方市)

1 Star (いいね)
Loading...

ちとはずかし 千夏こころの声

通信停止のご依頼に
今までの感謝の思いをつづる。
ご支援本当にありがとうございましたと。

次の瞬間、身も心も曲がっている私は、叫びたくなる。
私達は、支えられ続けることしかできないのだろうかと。

被災障害者団体・ゆめ風基金の看板おばちゃんなんぞには決してなれない私。
この場所から、ふと逃げ出したい衝動にかられる。

10年前から私のこころに年一度訪れる地震。
ホスピスからお寺まで超特急で夫と駆け抜けた初夏は毎年やってくる。

ひまわりに触れることなく、突然こすもすが目の前に飛び込んだ。
何かをなくすというというのは時間に穴があく感じだ。
空虚感を抱えて、人は生きる。
見えないものをもう一度見ようとしてあがきながら、人は生きている。

時間は傷をいやす道具にならない。かさぶたになり、
ポロッとうまくはがれおちることもない。

だから、そんな時に思い出してほしい。
あなたの隣にゆめ風基金

ちとはずかし 千夏こころの声

ゆめ風基金事務局
福本千夏

1 Star (いいね)
Loading...

豊能障害者労働センター  みんなでつくる みんなのバザー

「つながっとこ。日頃から♡」

5月13日土曜日は、毎年恒例となっている「豊能障害者労働センター」春のバザー!
行ってきましたよ♪

ここをご存じでないかたに少し説明を・・・。

豊能障害者労働センターは、今も、『障害者をとりまく状況は、制度が整ったように見えるだけではないか?』という疑問を信念に持ち続け活動している。

多くの障害者は「労働者」ではなく「利用者」として福祉サービスを受ける対象という位置づけにとどまっている。

現状、「就労支援」や「職業訓練」を経て一般就労する障害者はほんの一握りである。
福祉の制度内にとどまらず、地域で自立して生活していけるだけのお金を稼ぐことを障害者と健常者と共に33年間模索し続けている。

この団体が、自分たちが住む地域で、いろいろな団体と一緒に、年に一度バザーとステージイベントを催している。それが「春のバザー」

5月13日土曜日。
あーあ。連休中続いた晴天も、この日は朝からどしゃぶりだった。
加えて、会場の近所に住む介護者が、バザーイベントの決行を確かめに行くほどの横なぐりの風。

だかしかし・・・彼女が迎えに来た午後、雨はやみ風も暑さしのぎに吹いていた。すごっ!

行くぜー。
会場には顔見知りがいっぱい!
一年に一度、七夕のような出会いをはたす。
それぞれの事業所は、日々の取り組みに精いっぱいだ。
互いに気にしながら再会を果たせない方々の顔を見るのはうれしい。
連絡先が変わっていないか確認して、また近々ゆっくりねーと言いながら、やっぱり会うのは来年の五月になるんかなー。

それまで、自分の場所で、がんばりすぎずに、ふんばろな。     by ちなつ

1 Star (いいね)
Loading...

ゆめ風ネットひろしまの皆さんが募金活動されました!

大型連休も終わり、今日から仕事というかたも多いのではないでしょうか。
連休中も仕事だった皆様、お疲れさまでした!

さて、久しぶりにゆめ風事務所でメールを開くと、ゆめ風ネットひろしまの「障害者生活支援センター・てごーす」さんから『熊本救援募金やりました!』 とのメールが。

「together広島」さんと一緒に、アルパーク連絡通路(広島市西区)というところで行ったそうです!(早速、集まったお金はゆめ風に送ってくださっています)

※添付写真は、街頭募金の様子です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりとお預かりしました。
気持ちとともに被災地へお届けします。

 

(な)

 

1 Star (いいね)
Loading...

感謝状をいただきました♪

 

2016年2月3日に、福島県のなこそ授産所・グループホーム建設資金として500万円をお送りしました。
今年の4月1日に開所し、利用者さんの暮らしの場として運用されています。(写真下・全景)
今回、そのなこそ授産所さんから感謝状を頂きました。

近畿ろうきんさんが東日本大震災の復興支援として「サポートV」という定期預金を発売(現在は販売終了しています)、毎年3月の預金残高の0.10%から0.30%を10年にわたって寄付してくださっています。その寄附は、「あしなが育英会」(震災遺児支援)と「ゆめ風基金」(被災障害者支援)が必要なところへお届けしています。

東北には、まだまだ障害者の拠点が少ないです。復興への道のりも、遠く感じます。
どこに住んでいても、自分らしい「暮らし」をおくるために、これからも被災地支援に、ご協力をよろしくお願いいたします。

(な)

 

 

1 Star (いいね)
Loading...

【拡散希望】小室等さん、こむろゆいさんライブのお知らせ♪

ゆめ風基金の代表呼びかけ人・小室等さんのライブが大阪府大東市で開かれます!

「憲法週間記念のつどい 小室等・こむろゆい~いま生きているということ
トーク&コンサート」

日時:2017年5月12日(金)午後7時開演(午後6時30分開場予定)
場所:サーティホール 大ホール(JR学研都市線住道駅から500メートル)
定員:1200人
要約筆記・手話通訳あり
オープニング寄席は、笑福亭鶴笑(しょうふくてい かくしょう)さん!!
なんと無料ですが、入場整理券が必要です!
お問い合わせは、大東市人権室へお願いします。
電話 072-870-0441
FAX 072-872-2268
チラシは⇓

20170512大東コンサート

大東市のいろんなところで入場整理券を配布しているようです。
いろんなイベントにお越しいただいているのですが、事務局は、裏方でバタバタ・・・
この日は、じっくり、ゆっくり音楽と語りを堪能しようと思います。
会場でお会いできますように・・・

 

 

 

1 Star (いいね)
Loading...

坂田明さんライブ~名古屋方面のかた、是非!

名古屋方面の皆様!

坂田明さんのライブが、今日、19日、ドルチェ・アートホールNagoyaで開かれます!

2017 サカマジチラシ 「坂田明とまじめな仲間たち2017年ツアー!!」

場所:ドルチェ楽器名古屋店(名古屋市中区栄2-2-35)

入場料:一般前売り 3000円 / 一般当日3500円

電話:050-5807-3564

昨日は大阪でライブがあったようですが、残念ながら私たちは行けず・・・

とっても楽しそうなライブですので、お近くのかたは是非!

1 Star (いいね)
Loading...

「桜まつり」にお邪魔してきました!

4/1に・・・・

先日のブログでもお知らせしていた、東淀川区の「桜まつり」に行ってきました!
むくのき学園5年生のみんなが、柴島高校内での展示コーナーに「防災グッズ」を出していると聞いて、これは見なくっちゃ!と。

むくのき学園のみなさんとは、4年ほど前から、その年の5年生に「障害について」とか、 「UDってなに?」とか「避難所運営ゲーム!やってみよう!(HUG)」などの授業を何回か、させて頂いてきました。

そして、一連の流れを勉強した後に、小学5年のみんなが考える「防災グッズ」の開発&商品化という、大きな夢と希望が詰まったプロジェクトをずっと実施しています。

手探りの状態で何年か経ち、こんな商品あったらいいなという「UD防災グッズ」を絵にかく、図にする、というところまではいったのですが・・・

なかなか商品化というか「もの」にするのは難しいと思っていました。(ゴメンネみんな)

ところが!
今年は!
なんと!
児童の皆さんが試作品を作って展示していました!

おお!
で、できてる!
どんな商品かは、企業秘密ですので、興味を持った企業さま。
学園に問い合わせしてください!

先生も少しは手伝ったそうですが、ほとんど、児童のみんなで作ったそうです!

最近は、ゆめ風事務所の前を通るときに、誰かいるかな~と覗いてくれたりと「仲良し」になってもらっています。

幼いなりにも精一杯、考え、行動してくれたその「力」は、年を重ね頭の固くなった私に、かなりの刺激を与えてくれたし、桜の開花も見られて、いい新年度の始まりになりました。
こうやって実物をいろんな人に見てもらうと、みんなのやる気もグングンとあがりそうですね!
評判も上々だったようです。

ちっちゃい友達のみんな、これからもよろしくお願いします!
手伝えることは、なんでも(可能な限り)お手伝いします~!

(な)

1 Star (1 votes, average: 1.00 out of 1)
Loading...