振込用紙のコメント

急に寒くなり、暖房器具を出しました。
みなさんも、お風邪などに気をつけて
くださいませ。
心がじんわり温まるコメントを
ご紹介させていただきます。

◆自分も高齢になり協力を。貧者の一灯です。よろしく。(東京都練馬区)
◆今年もあちこちで災害が起こりました。心が弱者のもとに皆様の働きで届きますように。北アルプスの山奥からのささやかな風です。(長野県松本市)
◆いつもお便りありがとうございます。これを読むと、皆さんとのつながりが実感できます。いろんな風を吹かせてください。(東京都荒川区)
◆お世話になります。活動の方、よろしくお願いします。(東京都荒川区)
◆細く永く応援したいと思っています。(兵庫県神戸市)
◆少しですが、何かの力になれればと思います。永さんが近くにいてくださると思います。(神奈川県川崎市)
◆「想い」をわずかですが、つなげていければとお送りします。(千葉市)
◆永さんの一回忌にと思っていたのに、遅くなりました。友人がいるところが台風で被害。少しですが気持ちが届きますよう。〈静岡県御殿場市〉
◆東北の原発の被害が、早く回復するように祈っています。(京都府木津川市)
◆今年もいろいろな災害が起こりました。これ以上起こらないように祈りたいと思います、(静園県浜松市)
◆台風の災害が各地で起きていて、心が痛みます。一日も早い復興をお祈りしています。(千葉県松戸市)
◆90歳の義母の見守りをしています。すべて、地域の助け合いが大事ですよね。(石川県金沢市)
◆いつもゆめ風通信をありがとう。気まぐれ的な寄付しかできませんが。よろしく。(大阪府茨木市)
◆人の力を信じて・・・。(神奈川県相模原市)
◆使われない要支援者名簿のことを真剣に考えないといけない。(滋賀県守山市)
◆助け合いの備えとして(埼玉県所沢市)
◆いまだに「永六輔」さんがなくなってしまった「むなしさ」をひきずっています。(千葉市)
◆臨時収入がありましたので・・(三重県いなべ市)
◆各地の支援に役立てください。(大阪府寝屋川市)
◆河野秀忠さんのご逝去わ謹んでお悔やみ申し上げます。彼の遺志が継がれていきますように。(兵庫県宝塚市)
◆天災に加えて最近は政治や社会的な「人災」も・・・。正念場ですがふんばりましょう。(大阪府吹田市)
◆皆様の健康を心から祈っています。(愛知県愛西市)
◆風だよりを送っていただき、ありがとうございます。心温まります。(広島市)
◆お金を稼げたのは、世の中に生を受けたから。運を世の中のために使ってほしい。(滋賀県東近江市)
◆2人共80代になりました。いつまで基金できるかな。みなさん、お元気ですか?(大阪府高槻市)
◆河野さんのことはとても残念です。ゆめ風基金の活動をリードしてくれたはず。私たちも思いを引き継いでいきたいです。(徳島県阿波市)
◆支えあう気持ちを大切に、温かい社会をめざしたいです。(神奈川県川崎市)
◆台風18号災害にあわれた障がい者のみなさまが守られますように。(京都府長岡京市)
◆粘り強い活動に心揺さぶられます。(大阪府高槻市)

1 Star (いいね)
Loading...

むくのき学園でHUG(避難所運営ゲーム)などやってきました!

画像

」むくのき学園 小学五年生の教室に招かれて

その①人権学習

秋晴れではないけれど、すがすがしい朝の空気いっぱいの11月1日、児童たちと一緒に登校!
同い年の同期入社のゆめ風基金、障がい当事者事務局員・長崎女史と福本、
「子供ってかわいいな。うちら、小学校の時に出会っていたら、どうなっていたんやろ」と微笑しながら教室に入っていく。

長崎氏が企画出演したテレビ番組・パリバラ「車いすユーザーの障害者が町で暮らしていたら、一日何回ーすみませんーというのか」を生徒さんと観る。

その後、2つの班に分かれて福本、長崎それぞれが語り始める。
私には「障害者は何に困っているのか?どんな暮らしなのか?結婚はしてるんですか?USJに行ったことはありますか?お休みの時はとんなふうにすごしているんですか」などの質問。
素朴で深い問いにたじたじしながらもお答えしていく。

最後は福本と一緒にキーボードを演奏し、歌を歌って終了~!

「人間同じこともあるけれど、違うこともある」ことを知ってもらえるきっかけになったかな。そうなら嬉しいのだけど。」と2人、校門をあとにしました。

その2「HUG(避難所運営ゲーム)・小学生版」

次の週の土曜日11日は「小学生版 HUGゲーム」を行いました。地震が起き、小学校を避難所にする設定で、いろいろな状況を持つ人を避難所のどこに配置していくか考えるゲーム。「犬と一緒の人」「盲導犬を連れてきた人」「耳が不自由な人」「車いすの人」などなど、その人の立場に立って、どこの位置だと過ごしやすいかを想像していく。「妊婦さん」と「子連れのお母さん」は近いほうかママ同士の話ができるかもしれない。車いすの人とおばあさんはトイレの近くがいいと思う。などなど子供たちの洞察力ややさしさに触れました。

⇓タブレットや電子黒板を使って、体育館の図面にイラストを置いていきます。うちらの時代には、当然ですがなかった・・・

↑わいわいがやがや、の中から、思わぬ知恵が飛び出します

 

この日は、防災避難訓練も兼ねていて、親御さんが子供を迎えに来るという「引き取り訓練」もこの後行われていました。防災をキーワードにした、このような取り組みが広がっていけば、いろいろなひとが地域で住みやすくなるのにな。

by 福本

 

 

【仮設住宅入居状況】岩手 宮城 福島

仮設住宅入居状況の情報をお伝えします。

現在、応急仮設住宅(プレハブ住宅、民間の賃貸物件の借り上げ住宅)入居者の数は、以下のようになっています。
岩手県 9,181名(2017年9月30日、岩手県ホームページ
宮城県 10,571名(2017年9月30日、宮城県ホームページ
福島県 16,110名(2017年10月31日、福島県ホームページ

ピーク時より減ったとはいえ、現在でも仮設住宅で生活されている方が多くおられます。
また、福島県は原発事故の影響も大きく、避難者の数が多くなっています。
そして、福島県内、県外に避難した方の中には、国の避難指示解除・住宅無償提供終了に伴い、避難した借り上げ仮設住宅や公営住宅から出たくないにも関わらず、退去せざるを得ない方々も多くいらっしゃいます。

東日本大震災、そして引き続いた福島第一原発事故の影響は今なお色濃く残っています。ゆめ風基金は、東日本大震災および原子力災害による被災障害者支援を行っております。
お困りの方がいらっしゃいましたらお気軽にご連絡ください。

事務局・東

【ゆめ風基金事務局・連絡先】
〒533-0033大阪市東淀川区東中島1-13-43-106
メール:yumekaze@nifty.com
電話:06-6324-7702
ファックス:06-6321-5662

1 Star (いいね)
Loading...

台風21号の被害に遭ったみなさまへ

昨日、日曜日は、大阪も、早くから警報が出たり、避難指示のメールがきたり・・・
「3日分の食糧を備えておいてください!」とある天気予報士がテレビで言っていたので、
投票も買い物も土曜日中に終えてマンションに籠っていました。

改めて、各地で甚大な被害に遭った皆様にお見舞い申し上げます。

この台風で被害に遭われた障害者の作業所や事業所がもしありましたら、ゆめ風までご一報頂ければと思います。

皆様の情報をお待ちしています。

(な)

1 Star (1 votes, average: 1.00 out of 1)
Loading...

第4回ゆめ風であいましょうin大阪<感謝と希望の集い>そして被災地はいま・・

残暑お見舞い申し上げます。

暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

7月15日のろうきんホールの集いから、はや、ひと月。

集いの様子を近畿ろうきんさんが、詳しくレポートしてくださってい

ます。どうぞこちらをごらんください。↓

http://www.rokin.or.jp/event/2017/2308/

☆九州豪雨被災地では、まだまだ泥だし、片付けといった活動が続いています。
神戸のNGO協働センターさんの被災地報告をご紹介します。こちらをごらんください。
http://blog.livedoor.jp/kyodocenter-kyusyugou/archives/3141154.html

被災地障害者センターくまもとも、震災後1年4ヶ月が経過した今も救援活動を続けています。
8月はじめの報告です。↓

【聴覚障害のある方の一軒家の片付け一旦終了】
半壊の一軒家が8月に解体されるということで、聴覚障害のある方から4月に片付けの依頼があり、本日終了しました。片付けに入った回数は13回、ボランティアの延べ人数は45人になります。
昨年の地震の後、避難所が分からず余震が続く中一週間家におられたこと、一週間後に民生委員が来て、家のすぐ近くに避難所があることを初めて知ったこと、家族三人が40年住んだ家をほぼ一年間一人で片付けていたが全然進まなかったこと・・。お話が好きな方で、子どもの頃の話や仕事の話などいろいろしてくれて、楽しい時間を共有しました。
今後の住居については決めかねていらっしゃいます。老人ホームに入ろうか、生まれた土地に戻ろうか・・。みなし仮設の期限はあと一年と迫っています。自然災害により突然人生が変わり、前が見えずに立ち止まっていらっしゃいます.
※写真は、二枚目が片付け前、5枚目が片付け後の様子。最後の写真は庭のモチモチの木と高砂百合、後二~三日で咲きそうです。

写真はこちらをごらんください。
https://hisaitikumamoto.jimdo.com/

1 Star (1 votes, average: 1.00 out of 1)
Loading...

千夏のちょっと行ってきました

NPO法人 自立支援センター「ばあとなあ」企画・主催の「日中活動 生活介護事業所フレンズ」での交流会に行ってきました。

近鉄奈良線 「若江岩田」から住宅地を抜け、田畑と空を見上げながら、車いすを押してくれている東さんと到着。大きな工場が外装の建物は、80年代のドラマを想わせる。
「あのー。障害者、健常者関係なく人がこれだけ集まっていたら大変じゃないですか」見学のあとの交流会で私は恐る恐る聞く。
「人間関係は・・・ ポジティブに楽しんでます。福本さんもすごい楽しそうやん」「はい、こうして誰かに会えるのは楽しいです。職場でも、苦しみながら楽しんでますよ。」と私。「なんや、それ」と大笑いしたので、さらに伺う。
「ここって妙に落ち着く不思議な空間なんですけど、工賃とか出ます?」「おっ福本さんも来るか?工賃は 来た日数がけ。人によって変えたりはしていない。何ができてもできなくても均一工賃や。ショートステイのベッドもあるで」
「ここ、平地で安全そうですしね。あっ防災活動とか何かしてます」
「地域との関わりが大事でしょ。夏祭りに参加したり、避難訓練に合流してる。避難所になっている小学校に、みんなでワーッと行くと授業中だったりしてね。子供ががやがやするのをひそかに楽しむ悪い大人です(笑)地域の消防署を呼んでする消火活動もなかなかのもん。イメージではなく、実際目の前で消火器を抜いたら、あっ日頃から気をつけようって思うもんです。どや」
「はい、完璧です。ご協力ありがとうございました」
「あはは、一応仕事もしはるやん。また遊びにおいで」と見送られる。

追記 行きと帰りの少し長く揺られた電車の中で考えたこと
NPO法人「ばあとなあ」は、視覚障害者・故 楠敏雄氏・自立の家つばさが発しょうである。当時、作業所の役割を評価していなかっった、むしろ否定的だった自立障害者の先駆者的な彼が、なぜ、この場所をつくったのか(・・?

楠氏の追悼記を開いてみると。彼がたてた作業所の基本的な要件は、三つだ。
◆平等性の原則・・・障害者―健常者の関係を問い直し・雇うー雇われるの関係、指導されー指導する関係の否定し障害者が地域で共に生きる関係の創造する。
◆,自立性の原則・・・障碍者の自立を目指し、障害者のあるがままの生き方をつきだしつつ、経済的にも自立できる労働の場、生活の場をめざす。
◆開放性の原則・・・閉鎖性を克服し、地域の様々な人々に解放された場。差別と闘うために地域の拠点となることを目指す。
これを私なりに解釈すると、障害者であって何が悪い。精一杯のありのままを受け入れ、みんなにもその姿を見てもらいなさい。ここはそんな場所なんだよ。こんな具合になる。
楠氏の「たかが作業所 されど作業所」
これもあの頃も今も生き場の少ない障害者が、置かれている状況を表した切ない言葉である。
いつの時代も、だれも、これで良しなんて思ってはいない。
制度ができ、制度に思いがのみこまれそうになろうとも、
現実にむき会いながら、明日を夢見て生きたい。
それは、きっと人とであい、つながり続けることでしか可能にはならないのだ。
このことに気付かせてくれた「ぱあとなあ」という場所に感謝である。

遅ればせながらの ふくもと ちなつ

1 Star (1 votes, average: 1.00 out of 1)
Loading...

7/12 おおさか災害支援ネットワークに参加しました!

7/12日、なんばIサイト(アイサイト)で、「第10回 おおさか災害支援ネットワーク」が開かれました。
大阪府内の企業や社協、ボランティア団体などが集まり、日ごろから連携を取りあい、災害が起こった場合には、それぞれの特徴、特技を活かすネットワーク作りが目的です。

ゆめ風からは、私・長崎と、東が参加しました。
今回は、22団体が持ち時間12分で自分たちの活動をプレゼンテーションしました。
(参加団体はもっとありました)

なんとなく活動をしているのは知っているけど・・・という団体の概要を詳しく知るいい機会でした。

ちょうど九州豪雨災害の直後でしたので、いち早く現地に入った団体からの報告は、皆さん、食い入るように聞き入っていました。

改めて、災害はいつどこで起こるかわからないからこそ、日ごろの連携=顔の見えるつながりが大事だと確認し合った会合でした。

次回の開催は未定ですが、皆さんも良かったら参加されてはいかがでしょう??
新たな団体や活動の連携ができるかも!

 

 

1 Star (1 votes, average: 1.00 out of 1)
Loading...

7.15ゆめ風であいましょう 被災地報告と福点さんのお話

 

「ゆめ風であいましょう in大阪」感謝と希望のつどい のお誘い~

出演者ご紹介シリーズ NO.2

熊本から駆け付けくださる吉村さんはこんな方です。
熊本地震のときに、勤務先の熊本学園大学を開放して、障害者も高齢者も共に避難できるインクルーシブ避難所を運営した人です。
歯切れのいい話ぶりに、引き込まれる人続出!ぜひお越しください。
吉村千恵さんの自己紹介はこちらを開いてください。
SKMBT_C224e17062616320

「熊本地震から1年、東日本大震災から6年。ありがとう。 そしてこれから」
被災障害者を支援する「サポートV」報告会として、
東北からは二本松市の「コーヒータイム」理事長の橋本由利子さん、
熊本からは、元熊本学園大学講師・吉村千恵さんをお招きし、震災の時の様子、そして現状をお話しいただきます。

そして、テレビやラジオでおなじみ、全盲の落語家として大活躍中の桂福点さんの落語もお楽しみいただきます。
201707_15チラシ.

日時:2017年7月15日(土)

場所:ろうきん肥後橋ビル12階メインホール(大阪市地下鉄四つ橋線「肥後橋」直結)

開場:13:30~

開演:14:00~

参加協力費:1500円。障害者1000円、介助者1000円。

全席自由席・手話通訳あり。

事前にゆめ風基金へお申込みください。

申し込み&お問い合わせ先

認定NPO法人ゆめ風基金
電話:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662
mail:yumekaze@nifty.com

 

☆ご来場をお待ちしていま~す。

1 Star (いいね)
Loading...

劇団態変さんからのお知らせ 6/11インターン体験ワークショップほか

爽やかな日が続いていますね。一番すごしやすい今の季節が大好き・・。
そんなルンルンの今日、あの有名人が事務所に・・!
劇団態変の金満里さん! 数年ぶりでしたが、変わらぬ微笑みが素敵でした。
態変さんからのお知らせをご紹介します。

特にインターンワークショップは次の日曜で、目の前!
パンフレットの呼びかけ文を一部ご紹介します。
「障碍者の特権!態変の舞台表現へ、あなたも一歩、踏み出しませんか?
劇団態変では2017年度のパフォーマーになる前段のインターンシップ(研修生制度)募集の、体験ワークショップを開催、審査を行います。
審査の結果如何により、劇団態変パフォーマーインターンとなることができます。
参加費無料 奮ってご応募ください。
6月11日(日)13時~16時半

会場 アトリエ・メタモルホール(JR東淀川駅からすぐ)
問い合わせ・申し込み
劇団態変 office イマージュ東淀川区西淡路1-15-15
電話06-6320-0344 メール taihen.japan@gmail.com
詳しくはこちらをご覧ください。

インターン募集チラシ3期

ほかにも情報がたくさん! (開けてみてください)
おしゃべりサロン17.6.18
黒子WS_2017vol.1チラシ

そして7/1”ふちがみとふなと&良元優作”ライブ だよ
SKMBT_C224e17060710000

ゆめ風基金事務局 (ち)

 

 

 

 

 

 

1 Star (いいね)
Loading...

熊本地震障害者救援活動の記録 冊子もうすぐ完成!お申し込みください。

昨年4月の熊本地震から1年あまり。
被災地では、益城町に新たな活動拠点を設けた被災地障害者センターが介助、相談支援、片付け、傾聴、付き添いなどの支援活動を行なっています。

関西からのべ400人のボランティアを派遣した障害者救援本部は、1年間の活動報告集を世に問おうと、編集の追い上げにかかっています。
報告集を紹介する記事が朝日新聞に掲載されました。
6月末には完成しますので、ご希望の方は、メール(yumekazekikin@gmail.com)でお申し込みください。
報告集代金は300円(税込)、送料80円、でお届けいたします。お支払いは、先にお送りする冊子に同封の「青い振込み用紙」にて、郵便局でお願いします。
すみませんが、振込み手数料(窓口120円、ATM80円)は、ご負担をお願いいたします(郵便貯金口座、振り替え口座をお持ちの方は、無料の口座間振り替えができます)。<申し込み先> yumekazekikin@gmail.com  お名前、冊数、お届け先住所をご明記の上、メール送信ください。
5月24日「朝日新聞大阪版」

 

 

 


1 Star (1 votes, average: 1.00 out of 1)
Loading...