ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

防災プロジェクト

阪神淡路大震災から15年、伝え続けることの大切さ

ゆめ風基金防災プロジェクト(2010年3月)

語り継ぐ人たちに想いをはせて

今年は阪神淡路大震災から15年。様々な特集もあって、自分たちが当時必死になって支援をしていた状況、被災した仲間の姿など、思い起こすことが多かったと同時に、今になって改めて知ることもいろいろとありました。

私事で恐縮ですが、震災15年目となる前日、「居酒屋へいったことがない」という仲?の障害者からの誘いで男二人で酒を飲んでました。帰宅すると、兄の様子がふらふら。あわてて病院へ行きましたが、体温が30度にも達せず、医者から命が危険な状態だと告げられました。17日午前5時頃にようやく体温も回復し、状態が落ち着いたので、集中治療室に兄を残し一人帰宅して、神戸のイベントの様子をテレビで見ました。

大切な人の命を奪われた悔しさ、日常が壊れたときの悲惨さ、人の支え合いの大切さなど、大震災でのできごと、教訓を風化させないで、語り継いでいくんだという人々が次々と映し出されていました。身近な人の命を奪われた人たちの悲しさや悔しさが、より強く私の中へ入り込んできました。

みなさんの支援がゆめ風基金の原動力

15年という歳月は様々な出来事を人々の頭の中から消し去るのに十分な時間です。しかし肉親など最愛の人を失った人からすると、それは昨日のような出来事として、はっきりとその光景が刻まれています。

ゆめ風基金を支援して下さる方には、15年間寄付を続けて下さっている方もたくさんおられます。自身が体験していなくとも、この通信を通じて想いを馳せ、ずっと支援を続けていただいていることに、本当に感謝しています。

大きな災害、小さな災害と災害の規模は様々です。大きな災害ほど報道は大きくなりますが、災害の大小に関わらず一人の生命の尊さに変わりはありません。少しでも災害による被害を減らしたいという気持ちでゆめ風基金の防災活動は続いています。

結局大切なのは日常のつながり

阪神淡路大震災に限らず、様々な災害を経験した人が口にするのは、「結局、人と人とのつながりが、危機的な状況を乗り越える力」だということです。

週にたった2時間のヘルパーが3回もくれば恵まれているといわれた15年前。あまりに不足する介護・介助を地域の人や学生などに呼びかけ、無償で活動してくれる人がたくさんいた頃です。その後介護保険制度、次に自立支援法ができ、行政が派遣していたヘルパーは、ヘルパーを受ける人が民間事業者と直接契約をして来てもらう「利用者方式」になりました。

またヘルパーに来てもらうにしても、以前は役所に行き、役所のケースワーカーと話をしていたのが、今は民間の事業者による調査に変わっています。障害者市民や高齢者の人のつながりは民間の福祉サービス事業ばかりになり、行政からも地域の人からも今は薄らいでいるのが現状です。

このような中での防災とは、「失われていく人とのつながりを取り戻すこと」に他なりません。避難所がバリアフリーであるかというハード面もさることながら、地域の人たちと一緒に助け合って過ごせる環境をつくるためのソフト面も大変重要なのだと感じています。

新たなブックッレットで伝えたいこと

ゆめ風基金としての新たな防災ブックレットがようやく完成しました。前回の防災提言集は災害に関わる色々なことを知ってもらうことが主な目的でしたが、今回はブックレットを活用して、それぞれの地域で何らかの防災アクションを起こしてほしいという願いを込めています。

シナリオができあがっているような防災訓練の鑑賞で終わるのではなくて、障害者市民や高齢者が実際に参加しながら、日頃の結びつきを強めていくような防災訓練ができればと、全国の11の事例を紹介しています。

また事例に加えてゆめ風基金としてこれまでの体験からこんなアクションを起こしてほしいということも2つ加え、どのような防災活動をしていけばいいかがわかりやすく解説されたものとなっています。

地域事情、抱えている課題は様々だと思いますが、このブックレットの中に地域にあった防災活動のヒントがきっとあるはずです(次頁をごらんください)。

また最近話題となっている福祉避難所についての考え方も改めて議論しました。「福祉避難所」のもとに障害者市民・高齢者が地域から追い出されるのではなく、地域の避難所の中に福祉エリアを設け、地域の人全体で共に避難できるような案を提案しました。

防災にとって重要な年

ゆめ風基金にとって今年は新たな10年の折り返し点。そのような中で、前回お伝えした城東区の「福祉避難所計画策定」業務委託がまもなく終わります。

1月には新潟県柏崎市の元障害福祉課長の渡部さんをお招きし、災害時に福祉のネットワークがいかに重要であるかを、改めて認識しました。この通信が届く頃には、拠点となる福祉避難所の開設を兼ねて、課題を考える防災訓練が終了しているはずです。

「要援護者防災」に関わって講演要請を受けることが多くなり、私自身も単に話をしに行くのではなく、試行錯誤で防災に取り組みながら、失敗例も含めてみなさんに伝えていければと思っています。

薄れていくコミュニティを立て直し、新たな福祉コミュニティをつくりだしていくことは一朝一夕でできることではありません。

だからこそ「要援護者防災」への関心が高い今の間に一生懸命種をまいて、次の5年の間に少しでも実ができることを実感したいと思っています。

新たな防災ブックレットと共にゆめ風基金の防災活動をしっかり展開していきたいと思います

©ゆめ風基金