ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

防災プロジェクト

被災地新潟に元気な福祉ネットワーク「れんと」誕生

ゆめ風基金防災プロジェクト(2008年11月)

被災地は1年後に明暗くっきり

昨年の夏、柏崎市・刈羽村を中心に新潟を襲った大地震から1年余りの時がたちました。大地震から1年というのは、世間の関心が薄れつつある中でも被災地の課題がまだまだ山積み状態にあるころです。

柏崎市では多くの世帯が全壊・半壊になりましたが、新築ラッシュも終わり、経済力、生活力のある人は元の生活に戻れています。しかし今も仮設住宅に取り残されている人がおり、その多くは高齢者です。仮設住宅は来年の夏に解消するということですが、新たな生活の準備に不安は続きます。障害者の場合は、仮設住宅に長く住むことができないため、一人暮らしをしていた人が実家に戻っていたりすると聞きました。やはり以前の生活が取りもどせない人が多くいると聞きます。

被災直後は多くのマスコミに取り上げられたり、全国の注目を集める被災地ですが、高齢者や障害者など生活再建の力の弱い人たちの問題は、世間の関心が薄れたころに浮き彫りになってくるのです。

ネットワークには若者の元気がいっぱい

そんな被災地のことが気になるころに、柏崎・刈羽に新たな福祉ネットワークができるのでゆめ風基金にもぜひ来てほしいという声かけをいただき、喜んでかけつけました。

柏崎・刈羽では、震災後自分たちのことは分かっていても、ほかの事業所のことがわからないことを痛感し、中越復興市民会議の応援もあり、これをきっかけに柏崎市・刈羽村で障害者のネットワークづくりをすることになったということでした。

11月15日(土)にそのネットワーク「れんと」出発式があり、記念講演を担当させていただきました。「れんと」は多くの人がつながっていくための「連人」と、音楽記号の徐々に強くというクレッシェンドの2つの意味を持たせたということです。

14日に新潟に到着した日に、昨年の災害時にゆめ風基金が訪問・支援し、今回の事務局を務めるトライネットのメンバーをはじめ、その時にお世話になった中越復興市民会議の鈴木さんなど事務局スタッフのメンバーが出迎えに来てくれました。トライネット代表であり、「れんと」の代表も務める西川(さいかわ)さんから、今回のネットワークは若者を中心に運営していきたいと言われたとおり、集まった若いスタッフの元気にまず感心しました。

出発式当日は、会場の飾りつけや司会役など、いろんな福祉事業所の20代の若者たちが元気に準備を進める姿を見ながら、こちらも元気をもらい、また昨年ゆめ風基金が支援した身体障害者福祉会作業所の庭山さんや刈羽村の夢工房の池田さんにもお会いでき、壊れた作業所の復旧が順調に進んでいることを聞いて、その嬉しさを分けてもらいました。

いざという時だけでなく いつもに役立つ関係づくりを

ゆめ風基金が災害支援だけでなく、防災に取り組んでから伝えているテーマが地域の人たちとのコミュニティづくりと地域の福祉関係者のネットワークづくりです。これは何も災害時に何かをする特別な仕組みを作ることではなくて、日常の中で役立つものでなければ実際の災害時に機能しない恐れもあるし、特別なこととしてとらえては長続きしないことだと考えています。

以前にも通信で書かせていただきましたが、今や介護保険や自立支援法など新しい福祉の枠組みで、ヘルパーをはじめとした福祉サービスの提供は民間事業者が行っています。そのために高齢者や障害者がそうした福祉サービス提供事業者の人たちとしか関わりを持たなくなってしまい、地域の人たちとの関わりが薄くなっていることに大きな危機感を感じています。

防災は子どもからお年寄りまで、また障害者があるなしに関係なく、すべての人が関わることで、地域のコミュニティづくりにはうってつけのテーマです。防災を通じて、今の福祉制度の欠陥を補うコミュニティづくりが進むと考えますが、被災地では災害の傷跡が生々しく、地域で防災を取り組むことに時間がかかってしまうのがこれまでの状況です。

「れんと」がそれぞれの福祉事業所の垣根を越えて、これから地域全体の福祉を考えながら、ほかの市民へも発信できる場として立ち上がったことと、私の話を聞いて、「ぜひ、地域の防災に取り組みたい。またアドバイスに来てほしい」と言っていただけたことに、私は大きな期待を感じました。

被災地からの希望と勇気の発信を伝えたい

兵庫県の復興計画には「今回の地震による被害を、これまでの『利便』『効率』『成長』を重視する都市文明への大きな警告と受け止め、被災地の責任として、『安全』『安心』『ゆとり』をキーワードとする都市を復興しなければならない。復興にあたって重要なことは、単に1月17日以前の状態を回復するだけではなく、新たな視点から都市を再生する『創造的復興』を成し遂げることである。」とあります。まさに「れんと」の誕生で新潟の福祉に新たな「創造的復興」が始まったと感じます。

ゆめ風基金では現在新たな防災ブックレットに取り組んでおり、全国へ防災のコミュニティづくりの発信をしていきたいと考えていますが、今回新潟からもらった元気とともに、被災からの発信を大事にしていきたいと思います。

©ゆめ風基金