ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

防災プロジェクト

障害当事者・市民参加で、真に災害に役立つ防災訓練を

ゆめ風基金防災プロジェクト(2007年11月)

変わらぬ防災訓練

9月と10月にゆめ風基金のネットワーク団体が中心となり、障害者市民の防災を考える集いが開かれました。

9月2日、障害者自立応援センターYAH!DOみやざきが企画する防災講演会のため、早めに現地入りした私は、宮崎市主催の防災訓練があると聞き、代表の永山さんらとともに見学に行きました。永山さんたち地元の人でも「防災訓練を見るのは初めて」とのことで、会場には市役所の職員はもちろん、消防、自衛隊、警察、防災リーダー、ボランティアなど200人近くがテントの下で訓練を見学していました。着いてすぐに目にしたのは、障害者・高齢者・こどもたちがパトカーの先導を受けて避難する(パトカーの後を歩く)光景でした。実際の災害では見たことのない光景で、障害者・高齢者の出番はこれだけで終わりです。その後次々と繰り広げられる光景は、訓練というよりもショーのようなもので、防災リーダーの人たちも参加するのではなく、ただ見ているだけでした。

宮崎市に限らず9月は防災週間があるので、全国各地で防災訓練が行われていますが、多くの自治体で行われている防災訓練のほとんどはショーのようなものです。消防署の職員が小さな火を消しては拍手するような光景は、見せる側にとっても見る側にとっても「訓練」になるとは思えませんが、多くの労力と時間をかけて、毎年行われているのが実態です。兵庫県の震災当時の防災監である斉藤氏など「現在、多くの自治体で行われている『シナリオ完備の劇場型訓練』は実際の災害に役立たない」ことを指摘しており、これまでの防災訓練を改める動きはあるものの、まだまだ数少ない事例だといえます。

まずは情報の共有と意識の転換を

私たちの防災講演会は市の防災訓練と重なってしまったこともあり、参加者は30名ぐらいでしたが、障害当事者も含め熱心な人々の集まりでした。午前は防災訓練に参加されていた市議の女性が「今まで防災訓練に疑問を感じていなかったけれど、意識を変えなければなりませんね。議会で質していく内容をいっぱいもらいました」と発言されました。

10月には新潟で、災害からの復興をテーマにした講演とパネルディスカッションを行いました。このイベント企画の中心になったのは、主催者である「障害者復興シンポジウム実行委員会」代表の山内俊博さんで、3年前の大地震でゆめ風基金ともつながった障害当事者です。

ゆめ風基金が「障害者市民防災提言集」を発行して以降、私は国や全国民生委員会協議会などが「災害時要援護者」に対する取り組みを進めていることもあって、こういったゆめ風ネットの企画に限らず、今もあちこちからお声をかけていただき、話をさせていただく機会を持っています。そのなかで強く感じることは、それらの動きが当事者不在であり、また具体的に災害に備えるための取り組みどころか、取り組みを進めるための情報すら浸透していないことです。

最近の防災対策として、国や自治体は「大規模災害の場合、行政だけでは対応できないので、住民の自助や共助が重要である」ことを前面に打ち出しています。しかし先ほどの防災訓練などは、いかにも「行政はここまでやれます。住民の方はご安心を」と言わんばかりのものであり、実際に災害が起きたとき、住民はどのような心構えをしなければならないかが、全く知らされていません。「避難所の運営は住民自身が担ってください」といいながら、その方法について知らされていないので、住民は避難所にたどり着けばなんとかなるという意識であり、自ら避難所を運営するために避難所に向かおうという人など、ほとんどいないのが現状です。

まして、そこに障害者や高齢者がいた場合にはどうするのかといったことを考えるのは、住民なのか、行政なのかさえはっきりしない状態です。

避難所の運営を自分たちで考え、福祉避難所が必要であれば、どんどん設置させていく住民パワーが必要であり、災害時にも「避難所へ単に逃げに行くのではなくて、避難所を開設・運営していく意識で向かうことが必要である」ことを、あちこちで指摘させてもらっています。

知識から行動・体験へ

提言集をつくったときには、避難所運営マニュアルをはじめ、私は様々なマニュアルをつくることが必要だと感じていました。しかし、最近そのことが大きな過ちだと思うようになりました。私が話をしていくことと同じで、マニュアルはやはり単なる知識でしかありません。災害に役立つのはやはり体験を通した積み重ねであり、提言集の目的も「きっかけをつくるための小道具」としてあったのだと改めて痛感するようになりました。

今年の春ごろから、私自身が避難所体験をしてみたいと強く感じていましたが、なかなか実現には至りませんでした。ゆめ風基金の中で、大阪でどこか2ヶ所ぐらいをモデル地域に決めて、具体的に動いていこうとしてましたが、やはりいきなり避難所体験とはならず、まずは学習会を開催することが精一杯でした。そんなときに宮崎から「避難所体験をぜひやってみたいので、企画・運営について協力してほしい」との声がかかりました。年内に1回、来年2月に1回と計2回の避難所体験を現在企画しており、うれしい悲鳴を上げています。主催者も対象となる人たちも別々なので、貴重な体験ができそうだと私自身がドキドキしています。

ただ、私の企画力不足を前もって言い訳するつもりではありませんが、地元の人たちには、「主催者が何もかもうまく準備するのではなくて、失敗してもいいからみんなで一緒に考え、行動する体験にしたい。失敗から学ぶことがいっぱいある」と言っています。これまでの防災訓練のダメな点は、見せるだけの要素の問題ではなく、「失敗なく進めるためのストーリーを行政がつくりすぎるから、訓練にならない」と思うのです。

参加した人たちが一緒に考え、行動してみることができる訓練こそ、本当に理想的な防災訓練だと思うし、そのためには大規模訓練より、むしろ大きすぎない規模を考える必要があると感じています。

そして何よりも体験型の訓練は障害者、高齢者、子ども、老若男女を問わず、ともに交流を図れる場となります。

防災を地域コミュニティづくりのキーワードに

地域コミュニティは、複雑化する社会の中でどんどん失われつつありますし、介護制度が整備される中で、障害者市民や高齢者に関わる人々が介護サービスを提供する人に限定され、地域とのつながりが薄れつつあります。

しかし防災だけでなく、保険や税金による制度で支えきれなくなっている福祉のことを考える上でも、地域のコミュニティの役割は、ますます重要になっています。地域コミュニティを高めようとするとき、「防災」はすべての人に共通するキーワードであり、非常に便利なツールとなります。

防災訓練を通して、地域住民や子どもたち、障害者市民、高齢者が一体になった取り組みができますし、そういうつながりを通して、日頃の一人暮らしのお年寄りの安否確認など、日常の福祉の底上げにも役立ちます。

「障害者市民防災提言集」では15項目にわたる提言を行っていますが、ゆめ風基金として最も強調したい提言は、最後に記した「防災・減災はふだんのまちづくりから」です。

単に災害に備えるだけではなく、ふだんのまちづくりに「ひとにやさしい」視点を基盤にすることこそ、最大の防災だと考えます。

©ゆめ風基金