ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

今年も快調!

ゆめ風中学生プロジェクト

ゆめ風基金の避難訓練に参加して

大阪盲ろう者友の会代表 桑村昌和

2009年2月

[関連資料]新聞記事

3人で1人を抱えて階段を降りる生徒たち車いすを押す生徒
避難する障害者と生徒たち

去年にひきつづき、今年も参加させていただきました。

当日の混乱をさけるため、スムーズに訓練が行われるよう、盲ろう者の代表として西村さんが1月13日の事前の打ち合わせに参加しました。

当日1月19日、盲ろう者3名と通介者3名の計6名で柴島中学校にむかいました。障害者12名と先生、ボランティアのみなさんとともに再度当日の流れを確認。13:20〜移動し、グループごとにわかれ、私は1組3班を担当しました。30分ほど避難介助の方法、注意点などお話しました。3班の6名の生徒たちは盲ろう者とのコミュニケーションが全くわからない状態だったので、通介者(通訳介助者)を通してお話しました。最初、手書きで名前を表してもらったうえで、私が手話を教え、各自自分の名前の手話表現を覚えてもらいました。

次に避難するにあたって大切なフレーズ、「逃げろ、行くよ、行くよ」という表現の手話を指導。最初生徒さんも手話に慣れなかったようでしたが、繰り返し教えることで理解していただけたようです。手引きの仕方についてもまず通介者に例をやってもらい、実際に見てもらってから一人一人にやってもらいました。例えば、椅子に座らせてもらうなど、一人一人介助のやり方は異なっていたものの、きちんとできていたと思います。

階段の上り下りについては、生徒のみなさんは手話を知らないので、階段のときの合図を伝えました(階段のときは太ももをたたき、階段が終わったら肩をたたいて知らせてもらう方法)。

実際の避難訓練の際には、6名全員が手引きを体験してもらえるよう、私が「オー」と声をだしたら交代してもらうよう伝えたのですが…実際は私自身が途中まで声をだすのを忘れており、2名の生徒にしか体験してもらえなかったことが反省点です。残りの4名については、到着した体育館内において手引きを体験してもらいました。

私自身避難介助を受けて感じたことは、距離が短いのでは?ということ。もっと長い距離でもいいかと思います。体育館に到着し、失敗なく手引きしてくれたのでとてもホッとしました。一番難しい階段の手引きなどを担当した班長さんはとてもうまく手引きができていたと思います。次の生徒さんも距離は短かったですが、うまくできていました。体育館内で手引きを体験してもらった4名については、デコボコのない平面の床をぐるぐるまわってもらっただけだったので簡単すぎたかな??今思えば階段もやってもらったらよかったです。

全グループが集合したあとはグループごとに振り返りと意見交換をしました。生徒からは特に反省はなかったようです。私自身としてはうまく交代ができなかったことですね。その後、趣味がパソコンと答えた私に対し、生徒からは「どうやってパソコンができるのか?」と質問がありました。「ピンディスプレイ」という機械を使って、点字変換して読んでいることを伝えましたが、とてもびっくりしていました。

その後全体のまとめで各班から発表がありました。私自身、電動車椅子の場合、先に人を救助し、車椅子は後から運ぶというお話をはじめて聞いて勉強になりました。その後グループごとに発表し、経験を共有しました。

今回は触手話の体験を少しでもしてもらえてよかったと思います。中学生自身は、今回の避難訓練を通して色んな障害者に出会い、そこから色んなことを学んでもらえたのでは・・・と思っています。来年も引き続きこのような取り組みを行っていただきたいと思います。私自身は今年で2回目の参加となるので、来年は他の盲ろう者に参加してもらいたいと思っています。通介者を通して、支援のあり方を考えてもらえたら・・・と思います。

生徒たちの変化に驚きました

大阪市立柴島中学校 三浦 敦子

昨年度、本校の3年生が2年生の時、ゆめ風プロジェクトの一環として防災訓練を行った様子を見たり聞いたりしていて、ぜひ、今年度の2年生にも、その体験をさせてやりたいと考えていました。

防災訓練をより身近なものにするため、阪神・淡路大震災の聞き取りや映像をみせて意義付けを行い、その状況のもと、どのような人たちがどんなふうに困るのか、そして自分たちには何ができるのかを考えさせました。昼間、地元にいる中学生がいかに頼りにされるのか、ということに気づくと心意気も変わったようです。介助の仕方を教わる時間には、いつもなかなかしっかり話が聞けない生徒でさえ集中して聴いていました。学級にかえって確認のため質問すると、よく理解していることがわかりました。

さて、いよいよ本番の防災訓練時には、各班に入っていただいた障がい者の方に、個人にあった介助の仕方を教えていただき、その後は個人的な質問をしていました。最初は緊張気味だった生徒も徐々に打ち解け、訓練が始まる頃には楽しそうに話し込んでいる班が多かったです。これも、障がい者の方や介助の方が生徒の気持ちをほぐしてくださったからだと思います。訓練が始まると「椅子出してあげたほうがいいかな」と、こちらからの指示待ちではなく、来てくださった人のために、少しでも気を配ろうとする気持ちがあちらこちらで見えてきました。自分の持ち場が終わると、他に何かできることはないかと探している様子もうれしい変化でした。声かけが大事と聞いていたので、恥ずかしいという気持ちを抑え、精一杯説明しようともしていました。普段では見られない、張り切っている生徒たちの様子に驚きました。これまでに、車いす体験やアイマスク体験はしてきましたが、実感をもって体験できたことが生徒にとって本当に大きかったと考えます。

この体験の後、被災障がい者である玉木さんからのお話を聞きました。実際の防災訓練を経験している後だけに、一つ一つのお話に反応し、聞き入る生徒たちが、本当の災害時に自分たちにもできることがあると考え始めているように感じました。

最後に、来てくださった方々にお礼状を書きました。書きたいことがしっかりあるようで、いつもなかなか文章が進まない生徒も、印象に残ったことを自分の言葉で表現していました。「これまで障がい者の方に関わろうとはしなかったけど、これから少しでも関わっていきたい」「災害の時は、自分のことが一番になってしまうけれど、少し余裕ができたら、自分が他の人のために役立てる行動をとりたい」「日頃から周りの人に気を配れるようになりたい」という生徒の思いをいろいろな場面で感じ取ることができました。たくさんのご協力をいただきながら、この取り組みをして良かったと思いました。

©ゆめ風基金