ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめ風であいましょう in 伊丹

チラシ拡大 / 裏面

2008年10月13日(祝)
みやのまえ文化の郷

盛況のうちに終了しました

なんと凄い人たち(プロ中のプロ)に支援されていることか。牧口 一二

10月13日(休)、伊丹でのイベント。主催がこの地域で活動するNPO法人サプライズと障害者小規模作業所びっくり屋、そして共催が「ゆめ風基金」という形で行われた。

会場は阪急伊丹駅とJR伊丹駅の中間にあり、この辺り一帯が「みやのまえ文化の郷」と言われ、江戸時代の屋敷、酒蔵などが点在し、白壁と木造の建物がしっとりした雰囲気を醸し出しているところ。そんな酒蔵を改造したホールで催された。当日は満員の盛況となり、会場は熱気に溢れ、どのお客さんは出演者の熱演に満足してくださったように感じた。あとで数名から聞いた感想は「とてもよかった」とのことだった。

じつは永 六輔さん、来られる数日前に転ばれて肋骨を3本折られたとか。胸にコルセットを巻いてのご出演で、笑ったり咳をすれば痛みが強くなるそうで、「笑わせないでほしい」と言われながら、会場を笑いの渦に巻き込んでいかれる。さすがプロフェッショナルだなぁと思いつつ、永さんの痛さを感じないで、そのギャップがおかしかった。転ばれた、その少し前には信号待ちで青になるや後ろから若者に押された状態になり、よろけて傍らの電柱に顔(とくに顎)をぶつけられて、「呂律が回らない」とか。あの早口が特徴の永さんが確かに話しにくそうに語られていた。それでも朝早く東京から新幹線で伊丹まで駆けつけてくださったのだ。

お迎えに行った新大阪駅から会場に着くまでの車の中で、永さんの身体の状態を知り、「あまりムリしないでください。そんなときはゆめ風関係のスケジュールから省いてください」と口走ってしまった。が、永さんの話を聞きに来られた方々にはどのように納得してもらえばいいのやら。「お体の調子の悪いときは他のところでムリをなさらず、ゆめ風だけに来てください」って言うのもあまりと言えばあまりだし。そんなボクの思いをよそに、永さんは例によって開演前から舞台に出て語り始められた。さっそく肋骨の骨折をネタにおしゃべり。タダでは転ばない人である。

いよいよ開演、主催者「サプライズ」と「びっくり屋」代表の岩永清滋さんからメンバー紹介がなされ、そして「ゆめ風」のイベントといえば協力を(強制かな?)をお願いし、その都度、快く応じてくださる「ゆめ風の歌姫」こと加納浩美さんの登場。

ボクは彼女の歌声を初めて聴いたときからすっかりファンに。その伸びやかな張りのある歌声は、ボクのもろもろの悩みをスカッと忘れさせてくれたのだった。その加納さん、あとに登場の高石ともやさんが舞台に上がるやアッというまにお客さんの心をつかんで会場と呼応する形で歌声が響き合い、1つになったのにビックリ。

高石さん、この日は個性派俳優だった峰岸徹さんの訃報が告げられた日で、彼とはトライアスロンの仲間だったそうで、これもまたマイペースで楽しみながら走るマラソン仲間だった灰谷健次郎さんをも偲ぶように、ギターの弾き語りで自作の詩を歌われた。ボクは思わず涙した。長年、歌い続けて来られたのに歌声の張りはまったく衰えていない。そっと尋ねてみると喉の手入れなど念入りに続けておられて、プロフェッショナルのスゴさを改めて感じることになった。

永さんといい、高石さんといい、そして若き加納さん、我ら「ゆめ風」を取り巻く支援者の方々は、第一線で活躍しておられるプロ中のプロで、その語りや歌と身近に接することのできる幸せを噛みしめたい。

みんなで歌う、みんなで演じるのも無論ステキだ。だが、ホンモノも知らなければ、と思う。

  • 舞台上に並ぶメンバー伊丹のびっくりや作業所メンバーと永さん。伊丹のびっくりやをよろしく!
  • 永さんの語り永さんの絶妙の語り。お客様の笑顔と笑い声がはじける酒蔵ホール。凄い!凄すぎる!
  • 加納さんの歌加納浩美さんの歌でまたたく間に心をわしづかみにされる。浩美さんのあたたかさ、まっすぐさ。素敵だ。
  • 高石さんの歌高石ともやさんの説得力ある歌と語り。ぐいぐい引き込まれる高石ワールド。ああいいなあ。生きるっていいなあ。

©ゆめ風基金