ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

能登地震2007/3/25発生救援活動

能登地震第10報(5/2)

作業所からメッセージが届きました

あすなろ作業所

先日見舞金をいただきましてありがとうございました。今回の地震であすなろ作業所の建物は壁に8カ所ほどひび割れができただけで被害としては軽い方でしたが、通所生が受けたショックは相当なものでした。

天気の良い日は皆で朝市まで散歩をしたり、桜が咲き始めた頃には花見をしたりなどして心のケアに務めて来ました。今では余震もほとんどなくなり皆もずい分と元気を取りもどし、以前の笑顔がみられるようになりました。しばらく休んでいたパン作りの作業も5月から再開したいとハリキッています。

いただきましたお金はひび割れなどの修理に使わせていただきます。

ゆめ風基金の皆様、本当にありがとうございました。

ワークショップふたば

はじめまして。石川県輪島市にあるワークショップふたばです。

今回の地震には驚きました。能登地方は地震の少ない所と言われていたからです。メンバーでケガをした者はいなかったのですが、家屋の損壊は多く見られます。通所者の状況ですが、地震の後一週間くらいは落ち着いていたのですが、その後少しずつ実態が見えるに付けて様子が変わってきました。本を片づける気が起きない、人が多く気になって外に出れない、修繕費はどうする、親が失業して気になる、余震はこないかなどと話しております。

当センターは一週間後から再開しましたがこれからが本当の復興に向けた取組みになります。

いきいき作業所

この度は当地の地震に際して迅速な対応で救援金を決定していただきありがとうございます。

今、穴水では桜の花が満開です。でも3月25日の地震の爪あとはあまりに大きくて例年のように愛でることができません。20〜30秒という短い時間に何代も続いた思い出の家や街が次々と壊され、ヒューヒューと寂しい風が吹いています。幸いにも当建物や14名の利用者さんの家は多少の傷みはありましたが大きな被害に至らずほっとしております。しかし、直後からトイレに行けなくなったり、余震のたびに恐怖感で泣き出しそうになったりする人がケアをしながら作業をしはじめました。

昔の着物でさき織りをし、バックやポーチに再生しています。地震で自然の恐怖も味わいましたが、ゆめ風さんのように人のありがたさも感じることができました。頑張っていきます。

すみれ作業所

貴所ご一同様には、益々ご健勝の事とお慶び申し上げます。

さてこの度の、能登沖地震について、大変ご厚情溢れた丁重なお見舞いを頂きまして誠にありがたく、厚く御礼を申し上げます。

おかげさまで、当作業所の被害は一部にとどまり、休日の為、通所者や職員には怪我も無くて済みましたが、家屋に被害を受けた通所者もいて、お見舞金は皆と話し合って大切に使わさせて頂きます。

今後は、この苦境から一刻も早く立ち直り、お互いに助け合いながら取り組んで行きたいと思います。

この度は、暖かいお心遣い本当に有難うございました。

能登地震第9報(4/26)

4月24日(火)ゆめ風救援金 計50万円を4被災作業所と一人の被災障害者に届けました。自立生活センター・ハートいしかわ 須戸哲さんが一軒一軒届けてくださいました。

地元各紙のほか毎日新聞の大阪版[JPG 400KB]にも掲載されました。

富来町すみれ作業所の方に救援金を渡す
富来町すみれ作業所(富来町)
あすなろ作業所のみなさん
あすなろ作業所(輪島市河井町)
いきいき作業所の方に救援金を渡す
いきいき作業所(穴水町)

能登地震第8報(4/20)

障害者の立場から見た能登地震 その2

作業所とワークショップふたばの入口
作業所とワークショップふたばの入口
あすなろ作業所の入口。柱の壁が落ちています。
あすなろ作業所の入口。柱の壁が落ちています。

能登地震第7報(4/13)

昨日理事会が開催され、緊急救援として次のように決まりました。

今後も推移を見ながら、支援を検討していきます。

4作業所に計40万円、自宅全壊の障害者に10万円の救援金

  • NPOあすなろ作業所(輪島市河合町)知的障害者の作業所です。築50年の木造の建物の2階。元職安の建物に2つの作業所が入っています。地震で壁に5,6箇所ヒビが入りました。床も段差ができました。
  • NPOいきいき作業所(穴水町)知的障害者の作業所です。玄関がひび割れています。建物全体に横に一筋ひび割れ。余震の度に大きくなります。
  • NPOすみれ作業所(富来町)精神障害者の作業所です。壁と床に亀裂が入り無数のヒビ割れがあります。水道管も破裂しました。建物は合併して不要となった保健センターです。スタッフ2人の家が一部損壊しています。
  • ワークショップふたば(輪島市河合町)精神障害者作業所です。壁に5,6箇所ひびが入っています。メンバーの家が全壊で、ずっと避難所暮らしです。
  • 上記の建物も、危険判定がまだとのことで、場合によっては移転が必要になるかもしれません。また、避難所から仮設住宅への移転と共に、新たなニーズも出てくると思われます。現地と連絡をとりつつ状況の把握に努めたいと思っています。
  • 「ネットさっぽろ」の草の実会のみなさんが、地震直後に街頭募金で集めたお金をゆめ風基金に届けてくださいました。ほかにも能登地震障害者救援募金が届いています。ご支援に心から感謝します。

能登地震第6報(4/2)

被災地域の小規模作業所12か所の様子がわかりました。今のところ、自宅も含め被害は少ないようです。

2箇所の作業所については、建物被害が少しありました。

穴水町の知的障害者作業所は、玄関のタイルがひび割れたそうです。

羽咋郡富来町の精神障害者作業所は、壁に亀裂が入り、水道管も破裂したが、復旧したと言われていました。

被害のあったところも、今日からほぼ平常とおり活動しています。

障害者の自宅被害については輪島市の精神障害者作業所の一人のメンバーの自宅が全壊判定で、今、避難所で生活しておられます。

輪島市内の作業所のスタッフに、必要な支援を尋ねますと「ゆっくり話を聞いてくれる人が必要」とのことで、災害対策本部の「心のケアチーム」をお知らせしました。

  • 被災障害者のニーズ把握と、継続した対応に向けて【ゆめ風ネットいしかわ】はいま懸命に調整しています。
  • 31日名古屋のAJU自立の家さんによって間仕切りセット30セットが避難所に届けられました。

能登地震第5報(3/29)

被災地の小規模作業所3箇所から連絡が入りました。

能登町のしらさぎ作業所(知的障害者)、珠洲市のワークショップすず(精神障害者)、は作業所の被害もなくみんな無事とのことです。輪島市のワークショップふたば(精神障害者)は「作業所は大丈夫だが複数メンバーの家が壊れていて避難場所がわからず確認しているところ」とのことです。

能登地震第4報(3/28)

【ゆめ風ネットいしかわ】の須戸さんから報告が入りました

午前11時、門前到着。ボランティア本部は今日からスタートで混乱中。時間をぬって話を聞く。現在、避難所には車いすの方はいないとのこと。そのような方がおられた場合、工房あぎし(障害者施設)で対応予定とのこと。「あぎし」も避難所として動いているが、必要があった場合のために余裕をもたせているとのことです。

避難所の統括をしている友人と話をしているとき震度4の余震。揺れました!

門前では在宅の車いすの方は中学生一人だけで、その方の家は新しく、被害はなかったようです。

聴覚障害者団体が入って手話が必要な方への対応をしているようです

  • 26日にゆめ風基金が県と輪島市対策本部に提出した要望書は、各避難所統括者に届けられたようです。輪島市の担当者によると、避難所に来られない在宅の要援護者への対応として、保健師からなる医療チームが訪問しているようです。
  • AJU自立の家さんが30日、間仕切りパネルセットを門前の避難所に届けられるそうです。

能登地震第3報(3/27)

小規模作業所と障害者の被災状況を調べています

【ゆめ風基金】では被災地の小規模拠点を対象に、別紙のように被災状況を調べています。

ほかに石川県の障害者団体にも問い合わせているところです。

みなさんも、作業所に限らず、被災地の障害者情報をおもちであればお寄せください。【ゆめ風ネットいしかわ】(窓口=CILハートいしかわ須戸さん)は明日、門前町に入る予定です。

能登地震第2報(3/26)

石川県と輪島市の災害対策本部に次のような「障害者市民救援に関する緊急要望」を送りました

要望書

「障害者市民・高齢者市民に配慮した救援活動、避難所運営を要望します」

このたびの災害に関しましては心よりお見舞い申し上げます。

貴職におかれましては、能登半島沖地震の救援活動にご尽力のことと拝察いたします。

私ども「ゆめ風基金」は阪神淡路大震災を教訓に、災害で被害を受けた障害者の救援と復興支援を目的に活動している特定非営利活動法人です。

度重なる災害での障害者の救援活動において、阪神大震災以降の教訓が活かされぬ状況に危機感をおぼえ、昨年、障害者市民防災に関する15の提言を行ったところです。

消防庁資料によれば、現在県下47箇所に避難所が開設され、2600人を超える方々が避難されていますが、障害者、高齢者の救援、サポートについて十全なる配慮をお願いいたしたく、緊急に以下の点を要望します。

  1. 避難所に行けない障害者、高齢者の安否確認と対応を急いでください。
  2. 避難所の段差、トイレなど障害者に配慮したものにしてください。
  3. 温度管理、プライバシー確保など避難生活環境の配慮をしてください。
  4. 視覚障害、聴覚障害、知的障害など情報把握に障害のある人への情報保障の配慮をしてください。
  5. 特別食、発電機、医療関係物資など多様なニーズに対応してください。

能登地震第1報(3/26)

3月25日午前9時40分ごろ能登半島沖を震源地とする強い地震がありました。

26日11時半の消防庁の情報によると、被害は石川県輪島市に集中しているようです(余震が頻発しており予断をゆるさない状況ですが)。

【ゆめ風基金】では発生直後からネットとの連絡を試みましたが、25日午後ようやくネット富山と連絡がとれ関係者の無事を確認しました。

現在さらに被災地の状況把握に努めておられるところです。

ネット石川、ネット加賀とは26日朝連絡がとれました。いずれも金沢市内で拠点や障害者宅の被害はない模様ですが、引き続き障害者の被災状況の把握をお願いしています。

ネット金沢(ハートネットいしかわ)の須戸さんによると、被害の大きい輪島周辺に精神障害者小規模作業所が7箇所あり、連絡をとられているとのことです。

情報が入り次第お知らせしたいと思います。

みなさまにおかれましても、何か情報がありましたらお寄せください。

©ゆめ風基金