ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

神戸から新潟へ。
再び「被災地」で、見て、聞いて、考えて

溝渕 裕子

KOBEから新潟へ

新潟県中越地方を二度目の大震災が襲ったのは、今年の7月16日のことだった。直後にテレビで映し出された柏崎刈羽原発火災の映像は、「チェルノブイリ」を連想させた。

私は、1995年の阪神淡路大震災の時「とりあえず被災地へ行こう」と思って神戸へ来たのだが、あれから12年が経過した。その時、たまたまボランティアの受け入れをしていた被災地障害者センター(現在拓人こうべ)に行き、そこでほぼ「初めて」に近い形で「障害者」と出会い、さまざまな問題を私に気づかせてくれた。それからの活動が今回、何かに生かせられないかと思い、「とりあえず」新潟へ行くことにした。

暑い被災地

お盆の8月12日〜15日、おそらく今年の夏一番暑かった頃に私は中越沖地震の被災地にいた。周り一面、緑豊かな田んぼが広がっており、米どころを実感させてくれた。その緑の景色の中で、壊れた家にかぶせられたブルーシートがひときわ目に入る。地震からちょうど一ヶ月。時が止まったように、崩れたままの家が痛々しい。回収を待つ庭先に置かれた年季の入った家具類は、生活を一変させたことを静かに物語っている。

刈羽村は人口5000人ほどの小さな村。中越沖地震で柏崎市と並んで被害の大きかった所である。その山の向こうの海辺に、原発がある。

障害者の状況

刈羽村では、無認可作業所とグループホームを運営する「夢工房」を訪問。精神と知的障害をもつ方が中心だ。夢工房は元料亭だった建物を借りている。3年前の中越地震の時にも壁などにヒビが入って修繕したが、今回はそのとき以上に壁や基礎部分などに大きなヒビが入ってしまった。ガラスや食器類もたくさん壊れた。作業所の仕事のひとつである農作業も、地震の片付けなどに時間がとられ、手が回らずに困っていた。震災当時、メンバーは近所の人たちといっしょに屋外で余震が収まるのを待った。その後、避難所に行ったものの、そこで生活するのは精神的にしんどく、二日で戻ってきたという。また、最初から避難所には行かず、グループホームにいた人は、不安でなかなか眠れない夜を過ごした。地震から一ヶ月経つが、まだガスは復旧しておらず、食事は惣菜などを買ってきてまかなっていた。世話役の池田さんによると、震災でメンバーが混乱するかと思ったが、みんなで率先してワレモノの片づけをしたり、物資をもらってきたりと、たくましい一面が見られたと言われていた。

灼熱の太陽が落ちた夕方から、ボランティアさんや夢工房の皆さんと一緒に夏野菜の収穫作業や荒ゴミ整理をさせてもらった。さすが皆さん、手際がいい。仮設住宅の周辺は何もない不便な場所なので、そこで野菜を売ってはどうかという話もあるようだ。新しいつながりができそうだ。

柏崎市にある「たまりば喫茶めぐ」作業所では、あいにくお盆休みでほとんどのメンバーさんには会えなかったが、所長の品田さんからお話を伺うことができた。震災当時は一日半かけてみんなの安否確認を行った。避難所のテレビの前でじっとしているメンバーを見て、これではいけないと思い、まだ片付けもままならないが、作業所をすぐにでも開けることを決めた。みんなここで働くのが大好きだという。厨房のオーブンなどが転落したが、まだガスが通っていないため、壊れたのかどうかを試すこともできない状態だった。また、二つ目のグループホームの開設をこのお盆頃を目指して準備していたが、予定していた建物が被害に遭い、計画が頓挫しているという。楽しみにしていた人のためにもどうにか開設したいのだが・・と、途方にくれていた。しかし、みんなの「お母さん」のような存在の品田さんに、優しさの中にもこの状況を乗り越えようとする強さを感じた。

個々の状況

知的障害を持つAさんは、避難所生活をしていたが、避難所でのストレスから声が出なくなったり、表情が無くなったとのことだった。またBさん(車イス利用)は、避難所の情報がなく震災後二日間も車の中で生活した。仮設住宅が完成し、住民の方々の引越しがちょうど始まったところだったが、障害者に配慮した仮設住宅は、まだ建設されていなかった。知的障害のCさんは親戚宅に避難していたが、「何も出来ない」と言われて、そこでの生活が嫌になっているとのことだった。脳梗塞の後遺症があるDさんは、震災後一週間ほどショートステイに行った。その後自宅で生活しているが機能低下がみられ、介護度が上がったという。てんかん発作のあるEさんは避難所の一室を家族で使用することができたそうだ。どの人も普段以上に大変な状況の中での生活を余儀なくされている。

山古志にて

新潟滞在中に、中越地震の時に被災した山古志村の方にお会いする機会があり、その時に印象深かった言葉がある。それは「荷物を片付けるときに、ボランティアに頼んですると早く済む。でも時間はかかるけどひとつひとつじぶんでも片付けることで、荷物と一緒に気持ちも整理でき、次へ向かう決心がついたのよね」。このことは本人が「復興」に主体的に参加していくことの大切さ、支援のあり方を表しているように思った。

いのち?便利?どっち

ところで、私は今回、原子力発電所を初めて見た。そして自分たちの生活について考えた。便利さを追い求め、必要以上のものを欲しがり、いのちや自然を軽んじる現代社会。地震により「安全神話」なんて無かったことが露呈した。生活を見直せ、と自然界から強いメッセージが発せられている。天災を人災にしてはならない、と強く思う。

ネットワークで変えていく

今回の訪問で、阪神淡路大震災から何度も言われていることだが、日ごろのネットワークがいかに大事かということを改めて思った。障害者がどこにいるか分からない、という言葉をよく聞いた。阪神淡路大震災後の活動を私たちは、元の形に戻す「復旧」ではなく、だれもが生きやすいまちを創る「復興」、障害者の権利を取り戻す「復活」なんだ、と銘打ってきた。そしてその活動は今も終わることなく続いている。中越でも、将来を見据えた活動が展開されていくだろう。

震災から一ヶ月。被災地のみなさん、本当に頑張っておられた。でも疲れもピークに達していた。そして被災地はこれからまだまだ大変になってくる。今回出会った人々との縁を大切に、これからも「いっしょに社会を変えていこう」と発信していきたい。

みぞぶちゆうこ
1971年香川県生まれ。阪神淡路大震災のボランティアとして活動し、現在社会福祉法人えんぴつの家「たくと」で、主に知的障害者へのヘルプ派遣を担当している。

©ゆめ風基金