ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

第2次救援金をお届けし、被災地の障害者と交流しました

自立生活センター新潟 遁所 直樹

柏崎身障者作業所訪問

9月11日火曜日午前9時出発

作業所の人と挨拶を交わす 地震で散乱した室内 小型階段用昇降機

長岡を過ぎてから徐々に50km規制になり、とりあえず補修したばかりの場所は段差があり、車いすではきついものがあった。

11時過ぎに、柏崎福祉作業所に到着。

施設長三井田さん(84歳)、世話人 庭山さんに挨拶し、身体障害者の作業所の皆さんと知的障害者の作業所の皆さんが全員出てきてくださったところでお見舞金を渡す。

この作業所は、柏崎から認可を受けていない。その理由としては三井田さんが行政に身体障害と知的障害の合わせた作業所を作りたいと相談したところ、縦割り行政のためにできないと言われ、出資して始まった作業所だということ。

現在ご本人も耳が遠く足が不自由で電動車いすを使っている(老人用電動)三井田さんは身体障害者連合会の会長をされたこともあり、そのネットワークで徐々に人が集まった。現在内部障害の方を中心とした身体障害者の作業所と知的障害者の作業所を運営している。

被災する前は17人の利用者とスタッフで運営していたが、現在5人の方が仮設住宅などで作業に来ることができない状態となっている。

震災直後は作業所の周りには土蔵があったが、作業所の土蔵以外すべて崩壊したとの事。

被災した室内
被災した室内
被災した室内
散乱した庭

今回のお見舞金で土蔵の基礎工事をしたい。しかし見積もりは180万円かかる。

現在、水道管のつなぎの受注などをしていて、震災直後のため忙しい状態が続いている。

2階の様子や、作業所の周りを見せていただいた。ピープルファースト当事者が突然泣き出して、作業所の皆さんに慰めてもらった。

柏崎 トライネット訪問

作業所前で職員と記念撮影

ピープルファーストの皆さんと別行動でトライネットにお見舞いに伺った。代表の西川さんが、お金を出して購入したばかりの家であるが、ホームエレベーターやバリアフリーの居室で過ごしやすそうであった。

ショートステイやデイサービスの申請はしたが、運営が苦しく今後行政との話し合いをどうやって行こうか悩んでいた。福祉有償運送についても心配されていて、運営協議会も開くか開かないの状態であった。お昼にちょうどぶつかっていたので、30分程度で失礼した。

柏崎 喫茶めぐ訪問

お店の外観、白い壁

海に向かって移動中崩れただけでまだ撤去作業が進んでいない家やブルーシートがかかった家が時々見える。基本的に撤去作業が進んでいて、空き地が目立つ。危険を示す赤い紙や基礎にひびが入っていて、痛々しい。

喫茶めぐに12時前に到着。ちょうどお客さんが多く、とりあえず7人大きなテーブルのところで昼食を頂いた。500円で豪華なメニュー(ステーキ、ご飯、野菜スープ、野菜サラダ、チーズケーキ)

昼食
お店内、繁盛している

喫茶めぐのメグミさんに、お見舞金を渡した。その後、個別に家が完全につぶれてしまった方(喫茶店のリーダー的な存在)、半壊程度のお二人(女性)に手渡した。

お店の方と挨拶
お店の方と挨拶
お店の方と挨拶

やはり認可を受けていないため、今後どうして行こうかという相談を受けた。また、福祉車両をどうすればもらえるのか教えてもらいたいとのことだったので、後日整理して資料を渡すことができたらと思う。

午後1時に失礼し、刈羽に向かう、道路の工事がされていたが、がけ崩れがあったり、やはり段差が残っていて、ハイエースでの移動は車いすの固定がしっかりされていても厳しかった。

刈羽村 夢工房 訪問

夢工房に到着し、池田さんにお見舞金を手渡すことができた。バリアフリーではないので、ピープルの皆さんに作業所の中を見てもらったり、カブトムシの養殖の模様、畑などを見てもらった。会長が精神障害者の作業所のコスモスに大いに関係のある方で(お寺の住職)アイデアがいっぱいで 使わなくなった畑やカブトムシの幼虫などもらったりして、作業所のメニューとして活動している。特に杉山にマイタケを植えて、もうすぐ収穫の時期を迎えるとのこと。今後はインターネットなどを利用して販売できればと夢をお話しされた。喫茶めぐと連携して、食糧の提供、販売の協力ができるかどうかということも進めている。

近くにグループホームを開設しているが、助成金を得られてなく、ボランティアに頼っている状況。夜の見守りについて世話人に対して、どのような保障されているのか聞いたところ、家賃を無料にして泊まってもらっているとのこと。改めて知的障害者の方の支援は見守りが大事であることを認識した。

帰るときに池田さんから他の畑を案内していただき、西山のインター近くで別れた。西山インターに乗らずに、116号線をそのまま帰った(途中道の駅で30分休憩したが、正味2時間ぐらいで事務所に到着した)

©ゆめ風基金