ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

新潟県中越沖地震2007/7/16発生救援活動

新潟県中越沖地震第8報(9/12)

喫茶めぐの皆さんと遁所さん

第2次救援金をお届けし
被災地の障害者と交流しました>>

自立生活センター新潟 遁所 直樹

新潟県中越沖地震第7報(8/28)

第2次支援:被災した障害者の生きる場・
働く場2ヶ所と自宅全壊の障害者に総額95万5000円

(第1次支援とあわせ 総計195万5000円の支援となります)

8月24日の理事会で次のように決定しました。自立生活センター新潟を通して早急にお届けします。

柏崎市

柏崎市身障者福祉作業所に50万円

17人の身体障害者、知的障害者が水道管の部品を作っています。メンバー半分以上が被災しました。まだ避難所で生活する人もいます(今日現在柏崎市内の避難所に非障害者252人、障害者18人が生活しています)。家が壊れて遠い更正施設に入った人もいます。復帰を望んでいます。作業場は、作業に必要な作業台が壊れてしまい、応急処置でなんとか使って仕事をしています。電話、パソコン、階段昇降機などたくさんたんの大切なものが壊れてしまいました。納期に追われ、片づけは後まわしのままです。

ハンデワークステージたまり場喫茶めぐに15万5千円

20人の身体障害者、知的障害者、精神障害者が働き、地域の人にランチを提供しています。

作業所助成を受けずに売り上げだけで運営していますが苦しいです。屋根、ガス釜、電気釜、レンジ、食器などたくさん壊れました。メンバー3人の家が全壊しました。しばらく中断していましたが、みんなの強い願いで、8月20日再開にこぎつけました。

喫茶店前に立つ品田さん
喫茶めぐの前に立つ代表の品田さん
アンティーク調の喫茶店内装
喫茶めぐの内観

家が全壊した障害者4人に30万円(お見舞い金)

工房外観:日本家屋
障害者の労働と生活の場「夢工房」

新潟県中越沖地震第6報(8/22)

第1次救援金をお届けしました。

8月12日〜15日 ゆめ風基金の新潟の窓口(ゆめ風ネット新潟)を担当してくださっている「自立生活センター新潟」のスタッフ圓山里子さんによって被災された作業所やグループホームに総額100万円の救援金が確かに届けられました。

救援金を手渡す
救援金を手渡す

被災地に支援と調査に入りました。来週、第2次支援の予定です。

8月12日〜16日たくと神戸(旧・被災地障害者センター)スタッフの溝渕裕子さんが被災障害者支援に入りました。

また、8月15日〜17日ゆめ風基金理事の八幡隆司が被災障害者の状況について、現地で聞き取り調査を行いました。

新潟県中越沖地震第5報(8/7)

第1次支援 被災した障害者生きる場・働く場 4ケ所に総額100万円

8月3日理事会で次のように決まりました。

柏崎市:NPO法人トライネット…10万円

60人の知的障害児者のデイサービスやヘルパー派遣、学童保育、相談活動などをしています。地震直後から障害者メンバーの安否確認、サポート活動に奔走しました。各地からボランティアが支援に入っています。

散乱した室内
被災直後のデイサービス
活動風景
活動風景

柏崎市:社会福祉法人 こすもす作業所 グループホームこすもす荘…30万円

40人の精神障害者の働く場と生活の場です。地震で、地面が盛り上がったり沈んだりして水道管も破裂しました。テレビやパソコンが全部壊れて困っています。

刈羽村:小規模グループホーム夢工房…50万円

知的障害者と精神障害者4人のグループホームです。制度に頼らずボランティアで運営しています。畑作業や空き缶分別などでメンバーの賃金を捻出しています。3年前の地震で被害を受け、今度も壁やガラスが殆ど壊れて本当に困っています。

上越市:NPO法人 大杉の里…10万円

知的障害者作業所、11人で畑仕事をしています。地震で壁や天井にヒビが入りクロスがはがれました。

今後、国、県、市、共同募金会ほかの動きなどの推移をにらみながら第2次支援を検討していきます。

新潟県中越沖地震第4報(7/25)

地震から10日経ちました。

ゆめ風基金では、地震直後から地元障害者団体と連絡をとりあって、被害状況の把握につとめてきました。

引き続き、ゆめ風ネットの「自立生活センター新潟」を窓口に、被災地の障害者の状況の把握とサポートにつとめます。

また、現在調査中の作業所、グループホームについても詳細がわかり次第早急に救援金をお届けいたします。

今後とも注視とご支援をお願いします。

またピープルファーストの仲間からも、次のような呼びかけが始まっています。

心強い障害者ネットワークの力に感動します。

ピープルファースト北海道の土本さんからのよびかけ[PDF 590KB]

新潟県中越沖地震のカンパ活動をピープルファースト北海道は7月21日(土)にやっていくことをみんなで確認をしていくことになり、困ったときはお互いさまだし、いつどこでもおきる台風、地震に対してピープルファーストジャパンとして全国の仲間によびかけていくことと思います。

きもちがある仲間が一人でも多くがカンパ活動をしていくことと思います。

自分たちができることで、各地元でやっていくことです。

2007年7月18日(水)ピープルファースト北海道 土本秋夫

新潟県中越沖地震第3報(7/19)

新潟県中越沖地震での小規模作業所等のの被害調査について報告します。

現在確認できたところは以下の通りです。

被害のあったところ

柏崎市
柏崎市身障者福祉作業所
既報の通り建物に相当の被害がある模様。現在追加調査中。
上越市
通所作業所大杉の里
建物にひび割れ。追加調査中。

被害のなかったところ

柏崎市
福祉作業所かしわハンズ、たいよう作業センター
上越市
福祉作業所ポプラの家、板倉小規模作業所ふれあい工房、大潟つどいの郷、くびきふれあいセンター小規模作業所
南魚沼市
友の家、ドリームハウス
燕市
ひまわりの家自立訓練所、トム・ソーヤ、スマイル分水

現在調査中

柏崎市
喫茶めぐ

また十日町市、長岡市についてはこちらでいくつか連絡を取ったところ、連絡した周辺の地域を含めて被害の出た障害者拠点は確認されていません。

新潟県中越沖地震第2報(7/19)

新潟CIL(ゆめ風ネット新潟)と情報をやり取りしながら現地調査を進めています。

現在トライネットというNPO法人の後方支援という形で動いていこうと新潟CILは考えているとのことでした。

ゆめ風基金も直接連絡を取ってみましたが、トライネットの両隣の建物は全壊しているものの、トライネットさんは無事とのことでした。

また柏崎市内2ヶ所の作業所と電話連絡をさせていただきました。

柏崎市身障者福祉作業所(運営:柏崎市身体障害者福祉会)

建物にかなりの被害があるとお聞きしています。

地震につけこんだ悪質な電話などもあり、かなり注意深く話されておられて、細かな調査を現地に依頼しているところです。

福祉作業所かしわハンズ(運営柏崎市手をつなぐ親の会)

パンを作っている知的障害者の作業所ですが、こちらはパンの機械の点検を今日、明日で行う予定ということです。現状では建物、備品とも目に見えた被害はないということでした。

新潟県中越沖地震第1報(7/17)

7月16日に発生した新潟県中越沖地震について、8ケ所の関係団体と連絡を取り合っていますが、いまのところ大きな被害はないとのことです。被災障害者情報はつかめていませんが、引き続き連絡を取り合いながら情報を収集しご報告いたします。

前回の地震から約3年後の大地震発生で、現地の苦労は大変なことだと思いますが、幸いにも前回の教訓からさまざまなネットワークができており、互いに連絡・協力をしながら動いている感じです。

©ゆめ風基金