ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

2008年の救援活動

  • ミャンマー・サイクロン2008/5/2-3発生
  • 四川大地震2008/5/12発生
  • 岩手宮城内陸地震2008/6/14発生

ミャンマー・サイクロン第2次支援のご報告

作業所Yume Eye(ゆめあい)がオープンしました

国際視覚障害者援護協会 山口和彦

1月20日、ミャンマーの旧首都、ヤンゴン市の中心地から車で約10分、ダウンタウンのアローン町に、視覚障害者作業所「Yume Eye」(ゆめあい)が開店しました。

「Yume Eye」は、ゆめ風基金と国際視覚障害者援護協会の援助により、ミャンマー盲人協会が開所に漕ぎ着けたもので、ゆめ風基金にちなんで命名されました。開所式には政府や盲学校、マスコミ関係者など約40名が参加、視覚障害者の新たな就労の門出を祝いました。

私は、集まった人々に、14年前の1月17日、阪神淡路大震災で多くの人が亡くなり、被災障害者支援を目的に「ゆめ風基金」が設立されたこと、日本語の「ゆめ」は、dreamという意味ということをお話しました。盲人協会会長ウ・ティン・ルインさんは、日本から多大な支援を頂いたことに深く感謝し、「ゆめ」を運んでくれる日本からの東風に触れて幸せだ、と話しました。

当日は、11時から4時まで無料でマッサージ施術をすることを聞いたのか、開所前の10時すぎには、患者さんが列を作るほどの盛況でした。

昨年5月にミャンマーを襲ったサイクロンで、視覚障害者の働く場であったマッサージ・クリニック作業所や家屋が壊滅的被害を受けました。

7月には、被災者への緊急援助としてゆめ風基金や国際視覚障害者援護協会からの支援で、飲料水や米などの食品を視覚障害者に配布、当面の日常生活を確保しました。しかし、作業所が全壊したため、被災した視覚障害者の収入が途絶え、生活は困窮を極めました。そこで、国際視覚障害者援護協会とゆめ風基金は、恒久的に収入を得られるマッサージ・クリニック事業を行う作業所の再建を模索し、再建が実現しました。

施術料は、60分で3500チャット(約350円)、施術料の60%が施術者の収入になり、残り40%を運営費にあてます。ミャンマーでは、一般的に月収5000円程度であるので、好評を得れば、十分経済的自立ができます。

「ミャンマーのマッサージは、日本式按摩の施術を伝承しています。是非一度彼等の施術を受けて頂き、率直な感想を伝えてほしいのです」と、「Yume Eye」の運営を任されているアウンコー事務局長は日本からの観光客がこの「ゆめあい」を訪れてくれることを願っています。

新しい看板の横に並んだ二人
真新しいYUME EYEの看板が
朝日を浴びてまぶしい
ゆめ風救援金が筆者により
盲人協会会長に手渡された
マッサージをしている
クリニック内部

国際視覚障害者援護協会理事長山口和彦さんから報告が届きました。

さっそくですが、去る7月28日にミャンマーのヤンゴン市にはいり、ミャンマー盲人協会のアウンコー事務局長義捐金の配分につき打ち合わせをしました。

ヤンゴンにある2つの盲学校は、すでに国や大きなNGO団体が支援しており、こちらとしては日常生活面でもっとも困っている視覚障害者、およびその家庭を対象に支援をすることにいたしました。

テープレコーダと記念撮影をした
テープレコーダ寄贈

具体的な支援として、前回のアウンコー事務局長から依頼された資料に基づき、46人に対しての食料購入費、及び彼等の作業所の修復のために救援金をアウンコー事務局長に手渡しました。

ミャンマー盲人協会は、1996年に創設してからほとんど収入のない視覚障害者を支援しており、現在、260名が会員となっています。

点字器で会話をしている
点字器寄贈

さっそく翌日からミャンマー盲人協会の職員とサイクロンで被災された視覚障害者の自宅に出向き、取りあえず必要な主食、米(4人家族、平均1ヶ月分、40キロ)を配布いたしました。ヤンゴン中心部から離れた村落では、まだ電気がはいっていなく、共同の井戸で水を汲み上げている状況です。視覚障害者は、家族や親戚、お寺や救護所にまだ収容されている人達が数多くいます。

いずれにしても、私達の支援が当面の生活には大変役に立ち、喜ばれましたことを報告し、お礼とさせて頂きます。

支援品配布
南国の高床式の家を外から見る
視覚障害者の家
高床式の家の入口の段差を白杖で確認する
高床式住居

ミャンマー サイクロン 被災障害者 第1次救援のご報告(8/4)

救援金として50万円を国際視覚障害者援護協会を通じてヤンゴンの盲人協会ほか、被災障害者にお届けしました。

国際視覚障害者援護協会理事長山口和彦さんが7月に現地を訪問し、調査してこられました。

ヤンゴン盲人協会の作業所は、壊滅地状態で、再建に向けて、一歩を踏み出したところです。

くわしい報告が届き次第、お知らせします。

四川大地震 岩手宮城内陸地震 第1次救援のご報告(7/24)

建屋はくずれ、瓦礫と化している
全壊した盲人協会作業所

中国・四川大地震 被災障害者救援金として、関西障害者国際交流協会を通じて、四川省成都市の障害者連合会に24万円をお届けしました。

交流協会代表の田山華栄さんが現地を訪問中です。

くわしい報告が届き次第、お知らせします。

岩手宮城内陸地震については岩手県一関市の障害者作業所NPOレスパイトハウス・ハンズが、建物に被害を受けていることがわかり、10万円の救援金をお届けしました。

また、ハンズメンバーのうち、自宅建物被害を受けた障害者に10万円の救援金をお届けしました。

ハンズからお手紙が届きました。

このたび、当法人への救援金ありがとうございました。大切に利用させていただきます。平成20年7月18日 レスパイトハウス・ハンズ会長小野

ミャンマー・サイクロン、四川大地震 被災障害者に支援を!

5月2日〜3日にミャンマーを襲った大型サイクロンは、死者、行方不明者10万人以上、被災者は240万人ともされていいます。2年前にダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業で来日していたミャンマーのネイ・リン・ソウさんから、第1報が届いています。それによると、ソウさんが把握する地域だけでも障害者550名が被災、食料や物資が不足しているとのことです。また、国際視覚障害者援護協会の情報によるとヤンゴンの盲人協会は壊滅状態だそうです。

さらに5月12日に起きた、中国・四川大地震の被害は、時が経つにつれ甚大の一途をたどり、非常に憂慮される状況です。

ゆめ風基金では、現在、四川省の障害者連合会やとつながりのある関西障害者国際交流協会、を窓口に、被災障害者情報の把握につとめています。確実に被災障害者に届く方法が確認され次第、早急に、救援金を届けます。

復興には長期的な取り組みが求められます。みなさまのご協力を心からお願いいたします。

くずれた建屋の前に赤ん坊を抱いた女性がたたずむ
ミャンマーのヤンゴン盲学校
ハリケーンにて倒壊した校舎
椰子の木に囲まれた家。泥水に浸かっている
水に浸かった家屋(ヤンゴン)

写真提供:ヤンゴン盲人協会 事務局長 アンコウさん

長屋状の建物。壁が剥がれ落ちている
全壊した四川省成都障害者福祉センター
崩れ落ちて原型を留めていない
青川県障害者総合サービスセンター

写真提供:関西障害者国際交流協会

©ゆめ風基金