ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

2005年の救援活動

「すぐに、そして息長く」

今年は4災害に611万4千円の支援

【ゆめ風基金】の今年の支援総額は4災害に対して611万4千円となりました。

昨年起きた新潟県中越地震の被害で、全壊した障害者作業所の再建資金の一部と、被災地の障害者の生活支援を行う拠点の立ち上げに対して支援を行いました。

3月20日に起きた福岡沖地震では障害者作業所の外壁が崩落寸前となり、補修費用2分の1(残りは行政補助)と、別の障害者作業所が行う喫茶事業の食器などの費用を支援しました。

9月5日の台風14号被害については、宮崎市内の被災作業所3ヶ所に総額200万円の支援を行ないました。

10月にはパキスタンで起きた大地震の被災者支援を行う障害者団体に20万円の支援を行ないました。

無認可の障害者作業所の災害被害で、福岡市で2分の1とはいえ行政補助が出たのはまだまだ珍しく、多くの自治体では行政補助が全くなく、民間支援に支えられているのが現状です。

また大きな災害が発生したときは様々な報道がされますが、報道がほとんどなくなってからも、被災した人たちには元の生活を取り戻すために、多くの支援を必要とします。まだまだ多くの課題が山積みです。

【ゆめ風基金】ではみなさんからいただいたご寄付に支えられ、災害が起きてもすぐに連絡をとり救援を行い、復興の様子を見ながら息の長い支援を行うことができます。

【ゆめ風基金】の必要性は阪神大震災から10年経った今も全く変わっていないことを、このような支援活動を通じて感じています。

今後とも皆さんの温かなご支援をどうぞよろしくお願いします。

福岡沖地震2005/3/20発生

3月20日午前10時53分、福岡市内などで震度6弱の揺れを感じる地震が発生しました。福岡県というのは比較的地震発生が少ない地域と知られており、このような大きな地震が発生したことは、多くの人を驚かせる出来事でした。事務局では福岡県内2ヶ所の【ゆめ風ネット】をはじめ、県内の作業所連絡会、社会福祉協議会などの他、把握できる作業所や、障害を持つ仲間と連絡をとりました。多くの作業所で、食器が割れたり、建物にひび割れが起きる等の被害があったものの、大きな被害には至らなかったようです。

作業所の外観
大きな被害を受けた
作業所「いろえんぴつ」

その中で比較的大きな被害を受けた福岡市内の障害者拠点2ヶ所に対して【ゆめ風基金】から支援を行います。被害が最も大きかったところは心身障害者小規模作業所「いろえんぴつ」で、建物にかなりのひび割れが生じ、今にも外壁が崩れそうで、修理に1,428,000円が必要です。【ゆめ風基金】から1/2の714,000円をお届けすることになります(福岡市から1/2の助成)。喫茶店事業を行っている小規模授産施設「とわえもあ」では、店舗を含む建物の内外に亀裂が走るとともに、多くの食器が破損したため、10万円の救援金を届けました。

台風14号で被害を受けた作業所からのお手紙

何もしないではだめだ。行政や色々な所へ相談しなくてはと、その時思いました

台風14号で水害にあい、片付けに追われ、たんぽぽ作業所の閉鎖を考えたりしていました。

たった7名の所生と三人の指導員の小さな手作り作業所です。平成5年に半年かけて草を刈り、さびたプレハブのさびを落とし、持ちよった木々で板で、まるで幼い頃遊んだままごとのように作った作業所。養護学校をでて、小さな小さな世界の中で、淋しく生きていかなければならない娘が、少しでも世間の中で、社会の中で、人間らしく生きてゆけるようにと、仲間で作った作業所。

小さな芽、かわいいつぼみ、咲いた花・・子供と一緒に初めて花苗の開花をみた時のあの喜び・・出店で花苗を初めてお客さまに買っていただいた時の、子供達の嬉しそうな顔。せっかく育てた花が虫に食べられ悲しそうな子供達の顔・・宮崎の公園や家庭の庭に、育てた花を植える得意そうな子供達の目。色々な事を想いながら片付けに追われていました。

そんな時、【ゆめ風基金】の支援のお話がありました。宮崎のどこからもそんな話のない時に、こんな小さな作業所にも支援の手が届いた事、本当に嬉しく希望がわきました。

何もしないではだめだ。行政や色々な所へ相談しなくてはと、その時思いました。

ハウスの水の事も、市役所へ相談へ行き、今赤い羽根の方へ申請書を提出しています。

今は500リットルのタンクに3台水を運び、台風後に植えたペチュニア、ノースポール、パンジ、ビオラ、アリッサム、ガザニア等、秋の花苗を育てています。ハウスにはビニールもなく、寒くならないうちにビニールを張る準備もできました。少しずつ、たんぽぽ作業所らしくなってまいりました。皆さま方のお心をしっかり受け止め、所生達が社会の中でたんぽぽの花のように、しっかり根をおろして生きていけるように頑張ります。

きっとたんぽぽ作業所も、【ゆめ風基金】の活動の手伝いができるように努力して参ります。

乱文乱筆になりましたが、本当に感謝しています。ありがとうございました。

©ゆめ風基金